忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2018/01/24 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  ■


■2016/06/17 (Fri)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

 次のT字路を左に曲がる。比較的賑やかな界隈へと入っていく。右手の歩道に背の高いビル群が現れる。しかしやはり人通りは少ない。通りを歩く人達は、勢いを増す雨と風に、傘を差したり、雨宿りをする場所を探して走ったりしていた。
 雨はどんどん強くなっていった。フロント・ガラスに打つ雨が激しく、ワイパーで掻き分けても一瞬のうちに無数の波紋で視界を覆った。周囲の風景は雨に溶け始めていた。すでに下水の水が溢れ返っている。
 町の騒音は、小波のような雨の音に飲まれていった。雨が強くなる一方で街は静まり返っていた。
 やがて次の信号がやって来た。ダイハツ・ムーブが信号の前で停車する。といっても、横断歩道を渡る人はない。ヒナは慎重に左右を見て、川村らしき人影を捜していた。
 歩道側の信号が点滅する。正面の信号が青に変わった。ダイハツ・ムーブが発進する。
 バシュッ!
 その音は、水量の増えた濁流が、小さな堤を破壊する音のようだった。ふとすると雨の音に紛れてしまいそうな音だったが、異質感を持って体に感じるような気がした。
 ヒナが慌てるようにアクセル・ペダルを踏んだ。ダイハツ・ムーブがブォォォと低い音を鳴らす。しかし音は空回りするばかりだった。ダイハツ・ムーブは速度を上げず、ゆるやかにスピードを落としていった。
 ツグミは何が起きたかを察して、運転席のコクピットを覗き込んだ。計器類の中央で、ガソリン・スタンドを示すマークが点滅していた。
「アカンわ。この辺りで停めるで」
 目の前の角をヒナは右に曲がり、細い路地に入っていった。歩道に沿ってパーキング・メーターが立っているのが見えた。
 ダイハツ・ムーブはゆっくり速度を落としていった。あと少し、ぎりぎりというところで、駐車スペースに車を駐める。
 ヒナはすぐにダイハツ・ムーブの外に出た。まずパーキング・メーターにコインを入れて、車の正面に回り、ボンネットを跳ね上げた。
 ツグミは車の中に取り残されて、不安な気持ちになった。外の雨は、かなり強い。ヒナは1人で大丈夫だろうか、と心配になった。
 ツグミは、目の前に立ち上がったボンネットを見詰めていた。ヒナは何か点検しているらしいが、ツグミからはメタル・ベージュのボンネットしか見えなかった。
 ふとツグミは、嫌な気配を感じた。まるで銃口でも突きつけられているような、冷たい感触だった。
 ツグミは左の窓を振り返った。まさにその時、ダイハツ・ムーブの横を、トヨタ・ブレイドが横切った。
 トヨタ・ブレイドの運転席に、長髪の男が座っていた。長い髪を無造作に後ろに垂らしていた。その男が、間違いなくツグミを見ていた。
 ツグミは長髪の男と目が合った瞬間、体の中を探られたような、気持ち悪さを感じた。
 いきなり正面からバンッと音がした。ヒナがボンネットを閉じたのだ。
 ツグミは引き戻されるようなものを感じて、正面を振り返った。しかし恐怖感だけが残った。ツグミは恐怖感を抑えられず、運転席を這って進み、ドアを開けた。
 ヒナは今度はダイハツ・ムーブの後部車輪の前まで進み、屈み込んで裏側を覗き込んでいた。服がもうすっかり雨に濡れていた。
 ツグミは杖を突いて、車から降りた。すると急にバランスが崩れて、車にもたれかかってしまった。足下が、波の上にいるようにぐらついた。
「ヒナお姉ちゃん、今……」
 ツグミは車に手をつきながら、ゆっくりヒナの側に向かおうとした。
 その時に、ツグミは車の後ろに点々と液体が漏れているのに気付いた。雨で地面の色が濃くなっているけど、明らかにそれとは違う、油っぽい照かりを浮かべていた。
 ヒナがすっと立ち上がった。ヒナはツグミを見て、首を左右に振った。
「あかん。やられた。ガソリン、全部漏れとう」
 ヒナの全身はすっかり雨で濡れて、口から漏れる息が白く固まった。
 ツグミはヒナの報告に、心臓を掴まれるような気分になった。とっさにあのトヨタ・ブレイドが頭に浮かんだ。あの男だ、と。
 ヒナはツグミを押しのけるようにして、運転席のドアを開けた。ヒナは、ダッシュボードの上に置かれた地図帳だけを手に取った。それからキーを抜いて、ドアを閉めた。
「ツグミ。ここから歩いて行くで」
「でも、どこに行くん?」
 ツグミは気持ちの整理ができず、ヒナに問いかけた。
 ヒナも答えに詰まって、辺りを見回した。すぐにヒナの目線がある一点に定まった。
 ツグミもヒナを同じ方向を振り返った。通りを真っ直ぐ行ったところに、開けた場所があった。そこに全面ガラス張りの、大きな建物があった。JR高松駅だ。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  ■


■2016/06/16 (Thu)
第13章 王の末裔

前回を読む

13
 早速オークは、新たな政治を始めようと、数少ない臣下を集めた。

ゼイン
「南の海を越えればブリタニア領です。ですがブリタニアはすでにブリデンの手に落ちた。我々の保護者にはなりますまい。荒れ野を西へ進めば、ゼーラ一族の領地です。悪魔の襲撃で多くが死んだと思われますが、人々の安全を保証できる場所ではありません。国土はクロースが作り出した怪物と魑魅魍魎どもに穢され、人が安全に住める場所はもう多くはありません。今や王族は1人だけしかおらず、仕える者はわずかな下級武士ばかり。オーク王よ、いかにして人々を守っていくつもりですか?」
オーク
「……栄えるものはいずか散り、激しく流れ行くものはいつか絶える。運、不運ではなく、定めなのでしょう。私の考えはすでに決まっています」

 オークは多くの指示を、臣下に与えた。それはあまりにも驚くべきものだったが、反対する者はいなかった。動揺を誘うが、反論すべき根拠が見当たらなかった。
 彼らはさっそく長い長い文章を作り、使節を送り出した。旅の計画が練られ、人々に今後について発表を行った。みんな動揺していたが、とにかくも従い、旅の準備に協力した。
 数日後、人々は荒れ地を去った。全てのものを引き払い、食糧など一切残さず、その地を去った。残ったのはただ1つ、セシル王の墓標だけだった。
 旅の最中、兵士達が慎重に行く手を調査し、民に危険が及ばないよう配慮された。何度かネフィリムの襲撃があったが、兵にも民にも犠牲者は1人も出さなかった。
 オークは方々に間者を放っていた。最初に戻ってきたのはジオーレを偵察していた者だった。ジオーレ達はその後、ケール・イズ遺跡のさらに南の地で、理想都市の建設に着手していた。国中からクロースに改宗した人達が集められ、奴隷同然に鞭を受けながら労働を強いられている……という話だった。反抗する者は投獄され、見せしめの焚刑も行われていた。
 大パンテオンを偵察してきた者からの報告も入った。流浪騎士団を味方に加えたリーフ達が、大パンテオンを攻撃していた。戦いはすでに40日目に入っていたが、ドルイド僧達の抵抗は今も続いているそうだ。

 やがてオーク達は王城の西側の海岸にやってきた。長い長い城壁に接した海岸に、ブリデンの軍艦がひしめき、汀にはその兵士達が整列していた。
 オーク達が現れると、ブリデン兵は旗を振り上げた。ヘンリー王が従者を1人連れて、前に進み出た。
 オークもソフィーだけを連れて、ヘンリー王の前に進み出た。

ヘンリー王
「そなたがケルトの王か」
オーク
「はい」
ヘンリー王
「こんな若者であったとは……」
オーク
「内戦で王族の全ては絶えました。残ったのは私1人だけです。私に従う者も、もうあの通り、わずかな者達だけです」
ヘンリー王
「なるほど。よく決心なされた。若年者であるが、感服した」

 ヘンリー王は若き王に敬意を示した。
 すでに文書によって、すべてが了承済みだった。オークはヘンリー王に国を譲る、という約束をしたのだ。この国にはすでに政治の機能がなく、自衛の手段も、民を守る術もなかったからだ。それでもクロースを退けつつ、今後も民を守り続ける必要があった。
 それはガラティア王国の崩壊、消滅を認めるものであった。これがオークが王としてできる、唯一の決断だった。

オーク
「こちらの条件は聞きましたか」
ヘンリー王
「うむ」
オーク
「ならば多くは申し上げません。この城と国は譲りましょう。しかし民に対するいかなる弾圧は許しません。我々は国をなくした後も影の者となり、土地を守るために戦いを続けます。もしあなたが愚かな悪政を行使すれば、我々はいつでも立ち上がり、あなたを攻撃します」
ヘンリー王
「わかっておる。この国の王になる限り、この国の民も、我が民だ。寛大に引き受け、彼らの暮らしを尊重しよう。もし私の部下が私の本位なく差別や暴力を働くなら、分け隔てなく罰を与えよう」
オーク
「感謝します。偉大なる王に。争いなき統治を」

 オークはヘンリー王の前に両膝をつき、頭を下げた。
 しかしヘンリーはオークの前に膝を着き、手を差し伸べた。

ヘンリー王
「若き王よ。誇り高き民の王よ。立つが良い。そなたは誰にも頭を下げる必要はない」

 ヘンリーはオークを立ち上がらせ、握手した。
 こうして2人の王は別れた。
 人々が列を作り、大門のほうへと進んでいった。門の前で、ブリデン兵士に引き渡された。人々はやりきれない顔を浮かべていたが、全てを受け入れて城下町へと戻っていった。
 そんな人々の行列を、オークはじっと見ていた。側でソフィーが、杖を握りしめてうなだれていた。
 すると、オークの前にヘンリー王が騎兵を連れて通りすがった。

ヘンリー王
「あの城を落とすために、父の代から戦って来た」
オーク
「…………」
ヘンリー王
「もう2度と落ちることはないだろう」
オーク
「そう願っています」

 オークはこの強き王に頷いた。
 人々の行列が大門へと入っていき、ブリデンの兵士たちがそれに随伴した。ヘンリー王も忠臣とともに大門を潜っていった。
 無人の城は、遠からず復興するだろう。人々は笑顔を取り戻し、街にも潤いが取り戻されるだろう。
 オークは僅かに残った、忠臣達の許に戻った。

ルテニー
「なぜだ王よ! なぜ戦わなかった! 剣を振るえば、あの王の命は取れたはずだ!」

 オークは首を振った。

オーク
「そんな些細な勝利を得て、何とします。彼らとの戦いはもう終わったのです」
ルテニー
「この腰抜けの王め! なぜ土地を守ろうとしない。なぜ異民族に土地を穢されるのを黙って見ている! 戦うのだ! かつての勇者達のように。ケルトの男なら、最後まで戦うべきだ!」
オーク
「いいえ。どんなに時を経て、異邦人が土地を穢そうとしても、そこに根づいているものは簡単には失われない。人々はその大地に育つものを植え、物語を語り、育ませていきます。もしも何かを変えようとしても、大地に住まう精霊が人間に反逆を仕掛けるでしょう。――妖精達は決して死にはしない。私たちが語り手の役目をやめても、新しくやって来た者達が妖精の語り手となり、ケルトの伝承者となり、語り継いでいくでしょう。妖精の物語は、この大地に生きているのだから」
ルテニー
「……俺は認めない。俺は俺の仲間とともに、俺達だけでも戦い続ける」
オーク
「構わない」

 ルテニーはオークに敬礼を送り、何人かの同志を連れて、その場を去って行った。
 次に、ゼインがオークの前に進み出た。

ゼイン
「……すまんな。若者は口が悪いものだ。気持ちは汲み取ってやってくれ」
オーク
「わかっています」
ゼイン
「さて。わしも行かせてもらおうかの。行き着いた土地で、子供達に妖精物語を語って聞かせましょう。物語にこそ、その土地に暮らし続ける人々の精神が宿る。オーク王が言うように、私が語り手となって物語を残しましょう。――最後の王よ、あなたは誇り高き人であった。あなたの治める国が見られなくて残念だ。さらばだオーク王よ。あなたの物語は必ず人々に残そう」

 ゼインはオークに最上級の敬礼を送ると、また何人かの同志を引き連れて去って行った。

オーク
「アステリクスはどうします」
アステリクス
「私は……王に、オーク様に従いて行きたいと思います」

 残った兵達も、同じ気持ちだったようだ。

オーク
「そうか。では行きましょう」

 オークは馬に跨がった。

アステリクス
「どこへ?」
オーク
「この国を守る戦いは終わっていません。大パンテオンへ。この国の教えを守るのです。これが最期の戦いになります。これより先は命の保証はしない。最後の1人になるまで戦う覚悟のある者のみついて来い。行くぞ!」

 オークは南へ進路を向けると、馬の腹を蹴った。戦士達がその後に従いていった。
 しかし兵士の1人がそこにとどまった。城を振り返る。人々の行列はまだ続いている。城は古いシンボルが取り除かれる作業が始まっている。ブリデンの旗が翻っていた。
 兵士は一度うなだれるが、顔を上げて城に敬礼を送ると、そこを後にして皆に従いて行った。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  ■


■2016/06/15 (Wed)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

 客船にいた人々が車両デッキに降りてきた。そろそろ高松港に到着らしい。
「間もなく、高松港に到着です」
 船内放送が車両デッキに響いた。相変わらず声が低い上に、二重三重に響いて、聞き取りづらかった。
 船の移動感が変わった。波に委ねるように、ゆったりと船体が上下する。船が速度を落として、岸壁に近付いているのだろう。
 ヒナはフロントミラーを元に戻した。周りの人達はみんな車の中にいる。ハッチが開くのを待っていた。
 前方のハッチが開いた。船の外は暗く、ハッチが開くとザァと激しい雨の音が飛び込んできた。すでに土砂降りの雨だった。
 係員の指示に従って、車が一台ずつ車両デッキから出て行く。ダイハツ・ムーブは4番目だった。
 ツグミは手袋を填めて、アシスト・グリップを掴み、揺れに備えた。
 順番が回ってきて、ヒナはダイハツ・ムーブを発信させた。車両デッキを後にして、ゆっくりスロープを降りていく。
 フェリーを下りると、そこが車両待機場になっていた。これからフェリーに乗り込もうとする車が、列を作って待ち構えていた。
 フェリーを後にした車は、連なりながら進んで車道に出て行く。ヒナは、あえて列から車両待機状に入っていった。
 ヒナはリア・ウインドウを振り返った。リア・ウインドウを見ながら、ゆっくりとダイハツ・ムーブを左に移動させる。
 ツグミはすぐにヒナの意図を理解して、シートベルトを外して体ごとリア・ウインドウを振り返った。
 ヒナは無言でツグミに役目を譲って、ダイハツ・ムーブの運転に集中した。
 車両待機場は雨の量が多く、いくつもの水溜まりができていた。激しい雨で、風景が霞みはじめている。
 ツグミはリア・ウインドウをじっと見詰めた。岸壁の風景がゆっくりと移動していく。
「ここ! 停まって!」
 ツグミは「ぴたりと来た」と思った場所で、声を上げた。
 ヒナがダイハツ・ムーブを停止させて、体ごとリア・ウインドウを振り返った。
 リア・ウインドウをフレームに、高松港の風景が絵画のように納まっていた。左に桟橋があり、右にフェリーが波に揺れている。
 川村の絵と、ぴたりと一致した。フェリーが違う種類だったけど、雨が降っている光景といい、まさにここだった。川村の絵は、“この場所”で描かれたのだ。
 ツグミはヒナとハイタッチした。ヒナの顔に高揚感が浮かんでいた。川村に1歩近付いたのだ。
 ヒナはダイハツ・ムーブを進ませて、車道の前まで進んだ。右のウインカー・ランプを点滅させて、しばしその場で停まった。
「どこに行けばいいん?」
 ツグミはヒナに訊ねた。川村が船の絵を描いた場所ははっきりした。だが居場所がわかったわけではない。次の行き先がわかったわけではない。
 ヒナも答えが見つからず、考えるふうにした。
「……そうやね。とりあえず、この辺一周してみようか。ツグミ、通りのほう見とってくれる?」
「うん、わかった」
 ダイハツ・ムーブが車道に出た。右に曲がって真っ直ぐな道を進む。雨粒が音を立てながらフロントガラスを叩いていた。ヒナがワイパーを動かす。雨が左右に押し分けられる。
 6車線の広い通りだった。道路に沿って、常緑樹が植えられている。右手には灰色に揺れる海が見えた。左手には、高松城の石垣が連なっているのが見えた。
 歩道も幅が広い。雨のせいか人の影は少なかった。傘を差した人が歩いているのがぽつぽつと見えたけど、その中に川村の姿はなかった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  ■


■2016/06/14 (Tue)
第13章 王の末裔

前回を読む

12
 荒れ野にゆるく雨が降り始めた。
 王の死は人々に伝えられ、テントの周りが嘆きに包まれた。泣くまいと決めていた者も、雨に濡れた振りをして泣いた。
 人々に見守られながら、セシルの遺体が棺に入れられて運び出された。棺は簡素で、遺体は傷が隠れる程度に化粧が施されていた。その胸には、木剣が握らされていた。
 ソフィーが死を慰める祝詞を唱え、その後、遺体は土葬にされた。
 全てが終わると、天が見守っていたように雨を止めた。

オーク
「……ヴォーティガンを引き継ぎます。兄上の遺言通りに。鍛工師に王冠を作らせてください」

 オークの宣言に、誰も異を唱えなかった。皆が証人だったし、誰もがオークこそ王に相応しいと考えていた。
 2日後、荒れ野で戴冠式が行われた。鍛工師に作らせた王冠は粗末なリングでしかなかった。儀式も質素を極めていた。オークは僅かな忠臣だけを集めて、ソフィーが儀式の進行役を務めた。
 ソフィーは儀式用の祝詞を唱え、新たな王の戴冠の可否をすべての精霊に訊ねた上で承認し、オークの頭に王冠を置いた。
 その場面を、荒れ野にいた全員が見守っていた。日々の仕事を滞らせないように、オークは呼びかけをしなかったが、荒れ野にいた全ての人々がこの瞬間を見ようと集まっていた。オークの頭に王冠が載せられた時は、希望なきこの場所に、ささやかな祝福の拍手に包まれた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  ■


■2016/06/13 (Mon)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

「……ツグミ……ツグミ」
 ゆるやかに揺さぶられる感覚があった。ヒナの心配そうな声が、遠くから聞こえた。
 ツグミは目を覚ました。目を開き、体の中に堪った空気を吐き出すようにした。まるで水の中から這い上がるみたいだった。
 ツグミは混乱した思いで辺りを見回した。ここはどこだろう? 今は何時だろう?
 いつの間にかヒナの膝の上に頭を載せて、眠っていたみたいだった。体にダッフルコートが被せられていた。ヒナの顔とテーブルとソファしか見えなかったけど、まだ船の中だ、と了解した。
「大丈夫?」
 ヒナは心配そうな顔を寄せて、囁くように訊ねた。
「……うん」 
 ツグミは夢の中の不穏さをまだ引き摺りながら、こくっと頷いた。
 ヒナに助けられながら、ツグミはゆっくり体を起こす。まだ体に違和感が残っていた。まだ心が半分夢の中にいるみたいだった。頭の中に夢で見た光景がこびりついていて、ついヒナの体をしげしげと見てしまった。ちゃんと首は繋がっている。
 服の中が汗まみれになって、肌に貼り付いていた。その感覚が気持ち悪くて、ツグミは服をパタパタとさせて、体に空気を送り込んだ。
 ツグミは辺りを見回した。いつ眠ったのか、どれほど眠ったのかよくわからなかった。窓の外を見ると、島の形はくっきりと、近いところに浮かんで見えた。ただ、島全体が灰色の霧に覆われ、不穏な空気はより深く感じられた。
「もう少しゆっくりする?」
 ヒナはまだツグミを気遣うようにした。
「ううん。大丈夫やから」
 ツグミはヒナにダッフルコートを返した。本当に大変なのはヒナなのに、負担を掛けさせたらいけないと思った。
 ツグミとヒナはしばらく客席でくつろいだ後、車両デッキに降りていった。
 車両デッキの風景に変化はなかった。5台の車が2列になって並んでいた。まだ人が降りてくる気配はない。ツグミたちは少し早かったみたいだった。
 もっとも、密閉された船の中だから動きようがない。警戒しすぎだろう、とツグミは思った。
 が、なんだろう。ツグミは辺りを見回した。違和感……だろうか。違和感にしてはあまりにもささやかだったけど、何となく辺りに不穏な気配が漂っているのを感じた。
 といっても、辺りを見回したところで何かあるわけではない。ツグミは首を捻って、考えを打ち捨てた。
 ヒナが車に乗り込み、助手席のロックを開ける。ツグミは車の中に入った。
 ツグミはシートベルトをしようと後ろを振り返る。すると左斜め後ろに、ダーク・ブルーのトヨタ・ブレイドが駐めてあるのが見えた。
 ツグミはトヨタ・ブレイドをしばらく眺めた。目を凝らしたけど、中に誰かが入っているわけではない。車両デッキに駐まっている、他の車と何ら変わりがない。しかしツグミは、何か感じるような気がしてトヨタ・ブレイドを見ていた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[1回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]