忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1250]  [1249]  [1248]  [1247]  [1246]  [1245]  [1244]  [1243]  [1242]  [1241]  ■


■2016/08/11 (Thu)
第14章 最後の戦い

前回を読む

28
 ついに『消去』の魔法が発動された。全ての魔界の住人がこの世から消え去る瞬間だった。
 キール・ブリシュトが轟音を上げながら崩壊する。粉塵が高く噴き上がる。頭上に浮かんだ魔法のリングが、キール・ブリシュトを飲み込むように、ゆっくりと降りてくる。まるでキール・ブリシュト全体が1つの生き物のように断末魔の叫びを上げるようだった。魔法のリングが、キール・ブリシュトという怪物を飲み込むようだった。
 次なる瞬間、不可思議な魔力が発動した。キール・ブリシュトの全てが、魔法に飲み込まれる。巨大な悪魔も、魔性の雑兵も、魔法に飲み込まれた。ネフィリム達は魔法から逃れようとするが、吸い込む力は強烈で、その体が2つに引き裂かれ、魔法は骨と肉だけになったものですら飲み込んだ。
 魔法は全てを飲み込んで急速に萎んでいった。そこにあるもの全てをさらっていった。不浄が飲み込まれ、禍々しい暗黒の霧すらも、丸ごと飲み込んでしまった。最後には、小さな光の点だけになった。山脈を覆っていた闇が払われて、不意に明るい昼が辺りを包んだ。
 騎士達は茫然と、全てを飲み込んだ光の点を見ていた。
 光の点が、爆音を轟かせた。かつてない大音声だった。地面が大きく揺れた。壮絶な粉塵が噴火のように噴き上がった。真昼を浮かべていた空は、一瞬のうちに真っ白な灰が染め上げた。

アレス
「退避! 退避!」

 その声すら、轟音が掻き消してしまった。命じられるまでもなく、騎士達は逃げ出した。
 恐るべき粉塵は土石流の如く周囲に広がった。俊足の騎馬を次々と飲み込んでしまう。かつてキール・ブリシュトだったものの瓦礫が、そのなかに混じっていた。柱や石壁の残骸が周囲に撒き散らされる。
 アレスはひたすら馬を走らせた。鞭を入れるまでもなく、馬が本能のままに走っていた。側で仲間が飲み込まれ、瓦礫に潰されるのを見たが、救っている場合ではなかった。
 間もなく土石流が勢いを弱めた。轟音が潮を引くように過ぎ去って行く。真っ白な灰が薄くなり、空の色を浮かべ始めた。
 アレスたち騎士団は、ようやく馬を止めて、辺りを見回した。仲間の無事を確かめようとした。
 辺りを包んでいた灰は、速やかに散っていった。代わりに驚くような明るい光が山脈を包んでいた。キール・ブリシュトが置かれていた場所は、谷ごと取り払われて、そこに広い平地ができていた。あちこちに残骸が残っていたが、もはや禍々しい気配はどこにも感じられなかった。ネフィリムの影すら感じさせない。すべてが浄化され、魔の山だったとは思えない清らかさが辺り一帯を包んでいた。
 生き残った戦士達は、茫然とその様子を見ていた。すぐには何が起きたのか、つかみ取れなかった。
 だがしばらくして、誰となく「……やった」とつぶやきが漏れ、次に「勝ったぞ!」と声が上がった。
 戦士達に喜びが瞬く間に広がって、歓声を上げ、抱き合った。

 しかしアレスだけは、喜びに加わらず、瓦礫の山を見ていた。
 ソフィーは? オークは? 死んでしまったのか?
 いや違う。瓦礫の中心部に、動く影があった。その姿を見て、アレスはほっと微笑みを浮かべた。


 オークは満身創痍だった。ソフィーがオークの体を支えている。騎士団の許へ行こうと、ゆっくりと歩いていた。
 オークの体が崩れた。ソフィーは支えきれず、一緒になって倒れた。

ソフィー
「オーク様!」

 ソフィーはオークの体を抱きしめた。
 オークの全身は弱々しく、その目から生命力が失われかけていた。
 しかしその瞳は晴れやかで、美しく輝く青い空を映していた。口元には、かすかな微笑みが浮かんでいた。

ソフィー
「……オーク様」

 ソフィーは目に涙を溢れさせた。
 オークがソフィーを穏やかな顔で見詰める。

オーク
「――ソフィー。ずっと……ずっと側にいれくれるか」
ソフィー
「はい。あなたの側にいます。あなたの側にいて仕えます。どんなときも。必ず側にいます――」


END

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1250]  [1249]  [1248]  [1247]  [1246]  [1245]  [1244]  [1243]  [1242]  [1241]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]