忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  ■


■2016/07/02 (Sat)
第14章 最後の戦い

前回を読む

 戦いが再開された。下方から火炎の礫が雨の如く降り注ぎ、同時にクロースの兵士が駆け上ってきた。
 死力を尽くした戦いは、以後、一時もとどまらず続いた。日が沈み夜が訪れても、朝日が昇っても、戦闘はずっと続いた。
 戦局はクロース側の優位のまま、進行した。ドルイドの僧兵にできることは、ただ粘るだけだった。そこに踏みとどまり、命尽きるまで敵を斬り続ける。それだけだった。
 オークも戦いに復帰し、獅子奮迅の活躍を見せるが、それも戦局を変えるには至らなかった。そもそもクロース優位の状況を覆すのは、あり得ないところまで追い詰められていた。
 押し寄せてくる敵に勢いに耐えかねて、ドルイド達は追い立てられるように上へ上へと引き下がった。山脈のいたるところで死体が放り出されていた。戦いが進んだ後には火が点けられ、森がごっそり消失した。神殿もことごとく破壊された。気付けば山は、生きている者以上に死体の数のほうが多くなっていた。日が当たると、山全体が赤く染まり、死体と焼け焦げた臭いが風に乗って国中に広がった。かつてあった神聖さなど、もはや失われていた。ドルイドの聖地は邪教徒らに踏みつぶされ、破壊され、今や禍々しい死者の山となっていた。

 そんな戦いが、7日間休まず続けられた。ついに僧兵達は、本殿を背にして退く場所を失ってしまった。
 誰もがもう体力の限界で、目を閉じた拍子に死んでしまう者もいたので、眠る者もなかった。

老師
「……やむを得ん。ここを捨てよう」
オーク
「しかし、これ以上さがる場所などない!」
ソフィー
「いいえ、オーク様。この本殿は仮の物。ここを訪れた人に安らぎを与える場所です。本当の本殿は、このさらに奥にあります。オーク様、撤退を」
オーク
「撤退だ! 退け! 退け!」

 生き残った僧兵達に撤退命令を下す。すでにわずか100人という数だった。
 僧兵達は戦いをやめて、敵の前から逃げ出すように山の斜面を駆け上っていった。




 一方、僧兵の攻撃が急にとどまり、撤退していく様に、クロース軍は降伏と見なしていた。勘違いした兵達が万歳三唱した。

リーフ
「よし、軍を進めよ。我らの勝利だぞ」

 リーフが指示を出す。軍団がゆっくりと山を登っていく。

アレス
「しかしリーフ殿。どうしてここまでしてこの山にこだわる。ここに何があるのです?」
リーフ
「ルーンと呼ばれるものを知っているか」
アレス
「ルーン。魔法使いが使う言語と聞いておるが……」
リーフ
「ルーンは我々が扱う文字とは違う。北の神、オーディンより与えられし言葉だ。その言葉は伝えられた当時から形を歪めず、神の提示した精神をそのまま残している。この言葉を得た人間は、万物に直接働きかけ、操作できるいう。……もしこの力を我々クロースが得ればどうなると思う? クロースはより大いなる力を持つことになる」
アレス
「……おぞましいな」
リーフ
「フフフ……。我々の言葉にも、かつて神秘の力はあった。しかし聖典に記されたヘブライ語を自由に操れる者はもう我々の中にすらいない。消費し拡散していく過程で、神秘の力が失われてしまったからな。今クロースの信仰が揺らぎ、人々が不信を抱くようになったのはそのせいだ。だから我々はクロースの栄光を取り戻すために、さらには世界支配のために、ルーン文字が必要なのだ」
アレス
「……そのためにいったいどれだけの人を殺し、奪うのか! これがお前達の言う平和とかいうやつか!」
リーフ
「やむを得ない犠牲だ。それに異教徒ならいくら死んでも何ら問題ない。悪は滅び去った方が、平和に近付ける。害虫駆除だ。お前は邪教徒に肩入れしているようだな」
アレス
「どんな人間であれ、生きることに尊厳があるはずだ」
リーフ
「おかしなことを言う。殺すのはお前の仕事だろ。今のはジョークか?」

 リーフとアレスが先頭に立ち、山を登っていった。参道の向こうに、本殿が現れる。兵士達が警戒するが、僧兵の姿はその周辺に見当たらなかった。
 リーフは釈然としない気持ちで、本殿へと入っていった。

リーフ
「何だ、これは……」
兵士
「ここが邪教徒の本殿です」
リーフ
「馬鹿者! そんなものはわかっておる。どこに書物があるのかと聞いている。我々の目的は邪教徒の殲滅である以前に、ルーンを手にすることだ。そのルーンが書かれた書物はどこにあるのだ!」

 本殿には書物は1冊も置かれていなかった。中央に祭壇が配され、巨大な大木が建物を貫くように立っている。大木には縄が張られ、護符が貼り付けられている。本殿にある物は、それが全てだった。

アレス
「リーフ殿、戦いはすでに終わりだ。ドルイドは書物など使っておらん。すべて口伝で行う。そなたらが求める物など、はじめからなかったのだ」
リーフ
「何をいっておるか馬鹿者。少しは頭を使え。奴ら、逃げる時に書物を残らず持ち去ったのだ。クソッ……忌々しい。目障りだ。燃やしてしまえ!」
アレス
「なりません! ここは彼らの貴重な文化です。丁重に保管するべきです」
リーフ
「ああ? 貴様、性根だけではなく頭まで腐っているのか。これのどこが貴重だ。見ろ、この建築を。どこに美がある。どこに知恵がある。ただの古びた小屋ではないか。貴重というのはクロースの大聖堂のことを言うのだ。それ以外はすべてゴミだ。残しておけば有害な思想のもとになる。跡も残さず燃やせ!」

 リーフ達は神官達に命じて、松明の火を神殿に移した。

アレス
「やめろ! ここにも歴史がある。伝統や教えを軽んじてはならない!」
リーフ
「ふざけるな! お前、誰のおかげで生かされていると思っている。命令には従え。神に服従しろ。そしてその御使いであるこの私にひれ伏せ。わかったか!」
アレス
「…………」
リーフ
「どうした!」
アレス
「……私は後方に下がらせてもらいます」

 アレスは背を向けて、山を下りていった。

リーフ
「おい、どこへいく! 私に逆らうのか! おい!」
兵士
「リーフ様!」
リーフ
「なんだ」
兵士
「本殿の裏に、道が見付かりました」

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  ■


■2016/07/01 (Fri)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

13
 バスが停留所に停まった。前方の扉が開くと、外から風の音が飛び込んできた。車道の車が水溜まりを跳ね上げる音が混じる。
 ツグミとヒナは、手を繋いで席を立った。バスの中を進み、ヒナが2人分400円を料金ボックスに入れた。
 ヒナを先頭にツグミはバスの外に出た。外に出ると、ツグミは冷たい風を感じた。雨粒の冷たさが、点々と体に当たった。ヒナの長い髪が、向かってくる風を受けて大きく広がっていた。
 降りた場所は端岡のバス停だった。標識柱が立っているだけの場所で、雨よけの屋根も、ベンチもない。バス停留所から少し進んだところに、歩道橋が架かっていた。
 雨はもうやんでいた。雲が急速に散り始めて、その隙間から光線が差しかけていた。風だけがまだ勢いが強く、湿り気を乗せてびゅうびゅうと音を立てて吹いていた。
 バスがドアを開けて動き出した。バスの後ろで滞っていた車も、同時に動き出した。
 トヨタ・ブレイドはバスの2台後ろまで接近していた。ツグミとヒナはトヨタ・ブレイドを待ち受けた。
 トヨタ・ブレイドがバス停の側で停まった。トヨタ・ブレイドの中から男が2人、出てきた。
 1人は長い髪を後ろになでつけた男だった。もう1人は国分駅で見かけた、あの男だった。
 2人の男たちは、目の前に立たれると、見上げるほどに背が高かった。それに迫力が凄まじく、より巨大な存在に感じられた。
 ツグミは毅然としていようと、ヒナと並んで立っていた。が、ヒナがツグミを庇うように前に立った。
「ツグミ、もう行き。後は私が何とかするから」
 ヒナが振り返った。押し殺した声だったけど、ツグミに有無言わせない迫力があった。
 ツグミはほんの一瞬、決心が揺らいだ。ヒナを1人だけで残していきたくなかった。
 しかしツグミは自分の役割を理解していた。どうするのが一番賢明なのか、理解していた。ツグミは迷いを押し込んで、ヒナに応えるように頷いた。
 ツグミは目の前のものを振り切るように、踵を返した。胸の中で自分の役目と想いが対立するのを感じた。振り返ると、意思が挫けそうだった。
 だから、ツグミは決して振り向かない、と心に決めて歩道橋に向かった。
 すぐにツグミの背後で動きがあった。
「どこへ行く! 待て!」
 男の声だ。明らかにヤクザの喋り方だった。
 男の声がツグミを捉えるような気がした。ツグミは振り向かず、声に逆らうようにひたすら杖を突いて進んだ。
 背後でヒナが動く気配があった。多分、男の前で立ちふさがった。
「あの子はもう関係ない。川村さんの居場所が知りたいんやろ。それなら、ここに書いてある。フェルメールの本物なら私にでも鑑定できる。私がいれば充分やろ。あの子は家に帰したって」
 ヒナがヤクザに負けない勢いで、啖呵を切った。多分、偽のデューラーの『自画像』を提示して言っているのだろう。
 結局、ヒナにばかり辛い目に遭わせてしまっている。助けられてばかりだ。ツグミはヒナに謝りたかった。振り返って、ヒナを助けに行きたかった。
 しかしツグミは全てを飲み込んで、ただ前だけを見詰めて足を進めた。今は最優先にすべき目的があった。
 ようやくツグミは、歩道橋の前までやってきた。手摺りを掴んで、右脚の片足跳びで階段を登った。危険登り方だったが、早く登りたかった。
 背後の気配は、まだ何か言い合っているみたいだった。それも収束に向かっていた。
 歩道橋を登り切ったところで、背後で「バタンッ」と閉じる音がした。ツグミはハッと振り返った。
 ヒナの姿がどこにもなかった。男2人の姿もなかった。あったのはトヨタ・ブレイドだけだった。
 トヨタ・ブレイドのエンジンが低く唸り、発車した。トヨタ・ブレイドはそのまま進み、歩道橋の下をくぐった。
 行ってしまう!
 ツグミは、心の中で悲鳴を上げた。歩道橋の反対側に飛びついた。トヨタ・ブレイドが走り去るのが見えた。ツグミはトヨタ・ブレイドの行方を追いながら、歩道橋の端まで進んだ。
 トヨタ・ブレイドが左折して、脇道に入っていくのが見えた。琴平駅は反対方向だから、脇道に入ってUターンするつもりだ。
 それきりトヨタ・ブレイドは見えなくなってしまった。ツグミはしばらく茫然と、トヨタ・ブレイドが去った脇道を見詰めていた。
 ツグミも区切りを付けられた気がした。踵を返し、歩道橋を降り始めた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  ■


■2016/06/30 (Thu)
第14章 最後の戦い

前回を読む

 オークが目を覚ますと、辺りは暗かった。夜空がかすかに青いのに、明け方頃だと気付いた。横を見ると、負傷兵達が土の上に寝そべり、僧侶の治療を待っている。そのまま死体になっている兵士もいたが、それを気にかける暇のある者はいなかった。
 側にダーンウィンが置かれていた。オークはダーンウィンを手に、立ち上がろうとした。

ソフィー
「じっとしていてください。その体では、剣も握れません」

 ソフィーが側に駆け寄ってきて、オークを押し留めようとした。オークはそれを振り切ってでも行こうとした。

オーク
「そういうわけにはいかぬ。戦わねば」
ソフィー
「よしてください。あなたは戦いに憑かれておられます。どうか」
オーク
「理由など何もない。行かせてくれ」

 それでもオークは行こうとした。ソフィーが行かせまいと体を掴む。オークは狂気を宿していた。
 そこに、老師が立ち塞がった。杖でオークの頭を叩く。オークは突然にがくりと倒れた。

オーク
「何を……」

 意識が瞬時に途切れ、眠ってしまった。

老師
「ソフィーの言うとおりだ。今は体を休めろ」

 老師は言い捨ててその場を去って行った。ソフィーは涙を拭い、オークの横たえさせると、その体に毛布をかけた。


 ソフィーは一人きりで眼下の様子が見える高台に出た。まだ夜が深く、森が暗い影になっている。あちこちで火が燃えて、赤く浮かび上がっていた。焼け焦げた臭いとともに、死臭が立ち上ってくる。遙か下の参道で、クロースの兵たちが行き交うのが見えた。こんな時でも敵は少しも勢力を衰えさせず、次の戦闘のための準備を進めていた。
 オークが倒れてから2日が過ぎていた。ドルイドの勢力はあっという間に崩れた。劣勢の状況が続き、戦局はじわりじわりと後方へ。今や5合目までが制圧されてしまった。
 ドルイドの本陣は、6合目に移している。僧兵もにわか民兵も数が少ない。山脈は敵に取り囲まれ、陥落寸前だった。
 もちろんクロース側の軍団も大きく数を減らしている。2万の軍勢は、今や1万人以下。通常の戦闘なら、とっくに休戦なり停戦なりの提案がでるはずだった。それがないのはこの戦いが総力戦であり、殲滅以外の結末はあり得なかったからだ。
 それが今、小休止の状態に入っていた。どちらともなく攻撃が下火になり、やがて睨み合いの状態に入った。
 この間に戦士達は体を休め、治療を受け、食事を摂っていた。手の空いた者は鎧の手入れをしたり、剣を研ぎ直したりしている。
 あまりにも激しい戦いが続いたせいか、その小休止の間が、この世から音が消えたようにすら思えてしまった。

老師
「ソフィー。休まないのかね」

 ソフィーが1人でいると、老師が現れ、声をかけた。

ソフィー
「むなしいです。こんなふうに殺し合いをせねばならないなんて。どうしてそこまで他人のものを壊し、欲しがるのかわかりません。どんなところにも幸福はあるはずなのに」
老師
「欲望ですらない。望んでいるのは王なのか、民なのか。そもそも、誰も、誰かに敵意など持っていない。しかし自らの立場が人に敵意と殺意を抱かせる。戦になれば、応じなければならん。一方が否と言えば、一方が応と返さねばならん。人間は社会というものを得た時に、対立するという葛藤を抱えねばならなかった」

 ソフィーは悲しげに目を落とし、首を振った。

ソフィー
「……風が吹いています。こんな最中にも木々は実を付け、新しい命が生まれます。古い命は枯れて、新しい命のための糧となります。何も変わらず、時が刻まれていく。でも人間だけが生き急ぎ、殺し合っています。人ばかりが争っています。互いを罵って、争いを望む社会を作ろうとします。平和は影の中です」
老師
「彼らにも理想がある。一人の理想が、他の者の幸福とは限らない。誰もが理想のために、平和のために戦っている。それには他人が邪魔なのだ」
ソフィー
「それでは平和とは言いません。望んでいるとも……」

 ソフィーは落ちかけた涙を拭った。いたたまれなくなり、そこから去った。

 ソフィーはテントに戻った。多くの負傷兵が横たわっている。死んでいる者もいた。治る見込みのない者も。健康な人間など、この場にいなかった。
 ソフィーはオークの側までやってきて、そこで膝をついた。その胸にすがりついて泣きたかったが、オークの怪我の状態を見て、気持ちを押し留めた。

オーク
「……泣いているのですか」

 オークが目を開けていた。

ソフィー
「はい。……ごめんなさい」

 ソフィーは顔を背けて、泣いている顔を見せまいとした。

オーク
「体が動きません」
ソフィー
「老師様の術が効いているのです。体力が回復するまで、動けないはずです。もうしばらく寝ていてください」
オーク
「わかりました」

 オークが目を閉じる。言葉の1つ1つに感情がなかった。
 しばし沈黙が垂れ込んだ。オークは眠っているような静かな息を立てていた。
 ソフィーはオークの側に留まった。

オーク
「……夢を、見ました」
ソフィー
「…………」
オーク
「…………」
ソフィー
「…………」
オーク
「……麦の穂が風に揺れていました。少年の私は泥だらけになって、川辺で遊んでいました。村は声に満ちていました。川の音がせせらぎ、森は清らかで葉が囁きあっています。鳥の鳴く声も、馬のいななきも、石の香りも――。……もう、何もありません。すべて失われました」
ソフィー
「……戦いが何もかも持って行ってしまったのです。でもまだ間に合います。いつか全てを取り返せる日が来ます。……信じてください」
オーク
「…………」

 オークは何も応えず、眠っているような息をしていた。
 ソフィーは涙を拭い、オークの額にキスをした。

ソフィー
「……信じて」

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  ■


■2016/06/29 (Wed)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

12
 ヒナは下から現れた板画を見て、満足げに頷いた。ツグミに板画を渡し、シートに散らばったカードを回収し始めた。
 ツグミはヒナから板画を受け取り、ヒナが満足そうにした理由を理解した。デューラーの贋作『自画像』の下から現れたのは、デューラーの本物の『自画像』だった。
 本物のデューラーは、贋作よりも金の巻き毛がくっきり描かれているし、何より眼差しが強く、鑑賞者を鋭く見つめ返す迫力があった。
 もちろん本物ではなく、本物そっくりに似せて描いた川村の絵だった。ツグミは再び川村の技術の高さに感嘆の息を漏らさなくてはならなかった。キュフナーは本物を2つに割いて、贋作を作った。川村はその通りに、本物のデューラーを贋物の下に隠したのだ。
 デューラーの右上、本来作者のサインが記されている場所に、メッセージが記されていた。
『新山寺 6時』
 筆で書かれた美しい文字だった。ツグミはすぐに頭の中に記録していた川村の文字と照合した。間違いなく川村の文字だった。
 ツグミは間違いなくここに川村さんがいる、と確信した。
「ツグミ、こっちを見て」
 ヒナが贋作の『自画像』を手に取り、裏を向けた。
『琴平駅デ、待ッテイル』
 こちらも筆で描かれていた。しかし川村の文字ではなかった。誰か別人の文字だった。
 ツグミは首を振った。
「違う。こっちのは川村さんの字じゃない。贋物や」
 メッセージが2つ。一方は、川村自身が書いた文字。もう一方は、川村以外の誰かが書いた贋物の文字。
 これが意味するものとは……。
 ツグミは自分の考えが正しいのか不安になって、ヒナを見上げた。ヒナはまだうつむいて、答えを探しているみたいだった。
 その時、背中にゾクッとするものを感じた。背中を撫でられるような、あの嫌な感触だった。
 ツグミは、もしやと思って背後を振り返った。バスから車を4台挟んだ後方に、トヨタ・ブレイドがいた。
 トヨタ・ブレイドは、雨に濡れてダーク・ブラウンのボディをより艶やかに輝かせていた。どこか魚類を思わせるような艶めかしさが宿っているように思えた。
 ツグミはヒナの腕を強く引っ張った。
「ヒナお姉ちゃん、後ろを見て!」
 ヒナも後ろを振り返った。そうして、トヨタ・ブレイドの存在を気付いて、はっと息を漏らした。
 ヒナはまず停止ボタンを押した。「次、降ります」とのどかな調子でアナウンスが流れた。
 次にヒナは、デューラーの本物の『自画像』を手に取ると、ツグミに後ろを振り向かせ、コートの背中に『自画像』を突っ込んだ。
「お、お姉ちゃん……」
 ツグミはヒナが何をしようとしているのか、すぐには理解できず困惑した声を上げた。 ヒナは構わず、ツグミに自分で背中の絵を固定するように指示し、トレンチコートのボタンを締めた。
「ツグミ。お金は、持っとったよな。大丈夫やね」
 ヒナは確かめるようにツグミに強く問いかけた。ツグミはヒナに対して正面を向き、コクコクと小さく頷いた。
 ヒナはトレンチコートの腰の紐を、グイグイと引っ張った。
 ツグミはようやくヒナの考えがわかってきた。コートの背中に隠した板画を、落ちないように調整し、お腹をへこませた。
「ヒナお姉ちゃんいいの? 贋作のデューラーはどうするん?」
「こっちは嘘の情報なんや。重要なヒントはそっちの本物のほうや。川村さんは本当に天才やで。こういう事態を全部予想して用意しとってくれたんやからな」
 ヒナは早口に言いながら、ツグミのコートの紐を縛った。ツグミのお腹が痛くなるくらい、きつい縛り方だった。
 それからヒナは、ツグミの目を真っ直ぐに覗き込んだ。
「……ツグミ、一人で川村さんのところに行けるな」
「う、うん、大丈夫」
 ツグミはヒナの気迫に飲まれるように反射的に頷いていた。
「信じているで、ツグミ。フェルメールの本物を見付けられるのは、アンタだけやからな。事件を、終わらせるんやで」
 ヒナがツグミを抱きしめて、頭を撫でた。
 ツグミはやっとヒナの考えが、すべて理解できた。ヒナは自分とデューラーの贋物で、囮になるつもりだ。
 ツグミは別れを予感して、胸がつらくなった。ヒナの背中に手を回して、少しでもぬくもりを得ようとした。
 すると、ツグミは不安が過ぎ去るのを感じた。深いところで静かな決意が現れ、勇気が身を包むのを感じた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  ■


■2016/06/28 (Tue)
第14章 最後の戦い

前回を読む

 戦いは一時もとどまらず、戦士達は休みなく剣を振るい続けた。戦局は3合目の入口で、一進一退を繰り返したまま、それ以上に展開はなく、ただ兵の数を減らしていった。
 やがて夕暮れが迫り、黄昏の光が戦場に降り注いだ。修羅に光が溢れる。夜の闇が背後に迫り、葉の色が赤く燃えて際立つ。戦場を包む火煙もぎらついた赤色を浮かべていた。
 火煙の膜を突き破って、兵士達が突撃を繰り返す。一歩も譲らないスクラムとなり、その様子が、目が覚めるような一塊の黄金色となって輝いていた。

 誰もが経験のない戦いの狂乱と混乱に、現実的な感覚は後退していく。黄金色の光に不思議とその場所が、異界と直接結びついているような、そんな錯覚に陥らせた。戦士達はことごとくその向こうに口を開く無間地獄へと落ちて、死と痛みが、狂気と美で彩られる世界の一端を体験していた。誰も彼も、現実としての我を失い、殺戮に身を投じ、殺戮者そのものになっていた。

 矢が飛んだ。アステリクスの胸に、矢が刺さる。

オーク
「アステリクス!」

 アステリクスが膝を着いた。その手から剣が落ち、目から生気が失われる。
 オークは群がる兵士を豪腕で押しのけると、アステリクスを射た弓兵に迫り、凄まじい一撃を食らわせた。弓兵は頭を砕かれて絶命した。
 オークはアステリクスの許に駆けつけた。その体を抱き上げて、後方の僧侶達のいるテントへと運んだ。テントの下には何人もの負傷兵達が治療を受けていた。

オーク
「アステリクスがやられた! 頼む」

 オークは僧侶の前にアステリクスの体を置く。
 僧侶もすぐにアステリクスを診ようとした。しかし――。

僧侶
「死んでおります」
オーク
「何?」
僧侶
「死んでおります」
オーク
「…………」

 見れば明らかだった。矢は心臓を捉え、腹部が引き裂かれ臓物がたれている。死んでいるのは明らかだった。
 ようやく気付いたオークは、拳を振り上げ、自分の頭を叩いた。
 それから立ち上がり、戦場に戻ろうとしたが、足下がぐらついた。

僧侶
「殿! 怪我しておいでです。治療を」

 見るまでもなく、オーク自身、全身を斬られてあちこちから血を吹き出させていた。すでに出血量は相当のもので、鎧の下に着込んでいる服が真っ黒に染まっている。しかしオークは言われるまで、自身の負傷に気付いていなかった。
 オークは僧侶が引き留めるのを無視して、戦場に戻った。戦場に戻ると、黄金色の光は消えて、日没前の青い光が漂っていた。戦いの騒乱は変わらず続き、オークはその中に飛び込んでいくと、重傷とは思えない豪腕で次々と敵を薙ぎ倒していった。
 やがて夜の帳が下りて、松明の明かりが浮かび上がる。燃え上がる木々が、闇の中で激しく踊り狂っていた。兵士達は暗がりの中で蠢き、殺し合いを続けた。その姿が、魑魅魍魎の獣のように映る。
 オークの視界は、次第に遠ざかっていった。何もかもが遠くに感じられるようになり、ここではないどこかへ、異界に足を踏み入れていく感覚に囚われていた。意識が朦朧として、すでに太陽の光はないのに、不思議と周囲をキラキラとした光が取り巻いているのを感じた。
 あれは人魂だろうか……それとも妖精達だろうか。
 不意に、痛みを感じた。矢の一撃を受けていた。オークは膝を着いた。
 目の前に兵士が現れる。剣を振り上げていた。
 これは夢か現実か――。
 オークは剣を振り払った。目の前の刃をはねのけ、さらに兵士の首を叩き落とした。
 私は何を失おうとしているのか――。
 敵が次々と群がってきた。大将の首を取ろうと、敵はオークを狙ってくる。
 ここはどこだ――。
 しかしオークの視界から、兵士の姿はふっと消えてしまった。オークは混沌の中を、孤独に歩いていた。
 私は何を失った――。
 その手から剣が落ちた。
 古里か? 国か? それとも、私自身か――。

 オークは古里の風景を見ていた。
 子供の頃の風景だった。泥だらけになって、川辺で戯れていた。
 友人達の声が辺りを満たしている。穏やかなせせらぎが周囲を包んでいた。

 衝撃が体を貫いた。敵兵の剣が、オークの背中を叩いたのだ。
 感覚が遠ざかっていく。いや、倒れようとしているのだ。しかしオークは、全ての感覚が奇妙に浮遊するのを体験していた。
 ふと気付くと、辺りから人の姿は消えて、妖精が取り巻いていた。その中でオークは一人きりで倒れていた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]