忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/20 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  ■


■2016/07/26 (Tue)
第14章 最後の戦い

前回を読む

20
 ゆるやかな雨が降っていた。雨が葉に当たって、しとしとと静かな音を立てている。
 大きな木の足下で、ソフィーが放心した体で蹲っていた。オークから別れて数時間。ソフィーは気力を失ってただそこで茫然と座り込んでいた。
 雨はやみそうになく、そのうちにも勢いをつけそうな気配だった。
 そんな時、どこかで馬の蹄を聞いたような気がした。ソフィーはしばらく無関心に音を聞いていたが、それがあまりにも近くに迫り、しかも乗り手が自分の名前を呼ぶような気がして、ようやく顔を上げた。
 そこに、思いがけない人物がいた。イーヴォールだった。イーヴォールは馬を走らせて、ソフィーの側に近付いた。
 ソフィーは立ち上がってイーヴォールを迎えた。イーヴォールは馬を止めるのがもどかしく、走る馬から飛び降りてソフィーの側まで駆け寄った。

イーヴォール
「ソフィー! 無事か!」
ソフィー
「イーヴォール様!」

 ソフィーはイーヴォールに抱きつき、その胸にすがりついてわあっと泣き声を上げた。イーヴォールは突然のことに驚くが、その髪を撫でて、ソフィーが落ち着くのを待った。

イーヴォール
「いったい何が起きた。どの里を訪ねても人の気配がない。私のいない間にこの国は滅んでしまったのか」
ソフィー
「みんな……みんな滅んでしまいました。オーク様が王権を継いだ後、国をブリデンに譲り、私たちは大パンテオンに向かい、最後の戦いに挑みました。しかし……」
イーヴォール
「それで、オークはどうした? あの者はどこへ行った」
ソフィー
「別れました。1人で行かれました」
イーヴォール
「なんてことだ!」
ソフィー
「あの人は1人で王としての責任を果たしに行ったのです。もう国は滅んだから、共はいらないと。ダーンウィンだけを持って、1人で行かれました」
イーヴォール
「そんな……封印の術はどうした?」
ソフィー
「いまだ城の地下です」
イーヴォール
「するとあやつは何も持たずに悪魔の王のもとに行ってしまったのか」
ソフィー
「やむを得ませんでした。もう何もかも失われてしまったのです。国も、あらゆる神器も、聖剣エクスカリバーも……。もう我々には何も残されていないのです」
イーヴォール
「エクスカリバーだと? それならここだ。エクスカリバーならここにある」

 イーヴォールは手に持っていた剣の鞘を抜いて、刃をソフィーに見せた。
 神々しいまでの白銀が、灰色の風景の中で輝いていた。

ソフィー
「……まさか。あんなに錆だらけだったのに。こんなふうに輝いているなんて」

 驚くべき刃のきらめきがソフィーの目の中に移り、ソフィー自身の中でも何かが変わるのを感じた。

イーヴォール
「グリシャの神に仕事を依頼したのだ。――あの男はキール・ブリシュトに向かった。間違いないか」
ソフィー
「はい」

 ソフィーの顔にいつの間にか希望の色が射し、声に活気を取り戻していた。

イーヴォール
「ならばまだ間に合う。ソフィー、従いて来い」
ソフィー
「はい!」

 イーヴォールとソフィーが馬に乗った。馬首を北東に向けて、一気に駆け出した。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  ■


■2016/07/25 (Mon)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

25
 ツグミは地面に両手をつけた。右脚だけに体重を寄せて、ゆっくり立ち上がった。2度目だから少し慣れた。
 ツグミは絵を見る前に周囲に注意を向けた。照明の外は暗闇に包まれている。それでも気配は、はっきりと感じた。全部で5人だ。
 改めて、ツグミは目の前に並んだ絵を振り返った。左脚を引き摺って、右脚だけで進んだ。6枚の『合奏』を、もっと間近で見ようと思った。
 絵の前までやってくると、6枚の『合奏』は異様な煌めきを放ち始めた。クラクリュールに光が当たって、輝き始めた。
 とてつもない宝石に囲まれている気分だった。と同時に、6枚の『合奏』から強烈な魔力を感じた。
 急にツグミは目眩を感じた。6枚の『合奏』の世界に、意識が取り込まれそうになった。6方向にパースが引き摺られて、平衡感覚が狂わされた。
 ツグミは足下に目を落として、呼吸を落ち着けようとした。6枚の『合奏』は、じっくり眺めるにはあまりにも印象が強かった。
 ツグミは充分に心の準備をして、顔を上げた。胸を押さえながら、6枚の絵を左から順番に見た。
 6枚の『合奏』は、どれも美しかった。ツグミは我を失わないように、胸を押さえつけた。少しでも気を許すと、絵に魂を吸い込まれて、判断力を失ってしまいそうだった。
 ツグミは、左から順番に6枚の『合奏』を見た。次に、右から順番に『合奏』を見た。間違いがないように、ツグミは時間を掛けて、何度も6枚の『合奏』を繰り返し見た。
「まだか! 早くしろ!」
 後ろで、宮川が苛立った声を上げた。ツグミは宮川を無視した。6枚の『合奏』に深く集中していて、気にならなかった。
 ツグミは再びうつむいた。頭の中が混乱していた。意味がわからなかった。ツグミは目の前に起きていることを理解しようと、必死で頭を働かせていた。
 もう1度、そっと顔を上げて、6枚の『合奏』をバラバラに見た。頭の中で、ツグミは何度も自分と議論をした。自分の思考を、どこかに定めようとした。
 ようやく結論に達した。
 ツグミは片足飛びで、振り返った。宮川のいる場所に進みながら、川村に目を向けた。
 ――川村さん、いいんやね。
 ツグミは川村に伝わると思って、心の中で訊ねた。
 川村は地面に突っ伏した格好のまま、僅かに顔を上げた。川村はツグミを真っ直ぐに見て、1度そっと頷いた。
 それで、ツグミの決心が固まった。ツグミは宮川を振り返った。ツグミの意思から、不安と迷いが消えた。
「さあ、本物はどれだ。どれが本物の『合奏』だ。答えろ!」
 宮川の声に、異様な熱気がこもっていた。宮川は6枚の『合奏』の魔力に、すっかり取り込まれているのだ。
 ツグミは6枚の『合奏』を振り返った。6枚のうちの1枚をビシッと指でさした。
「あれや! あれが本物の『合奏』や!」

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  ■


■2016/07/24 (Sun)
第14章 最後の戦い

前回を読む

19
 そこは巨大な建物だった。入口を潜ると、目がくらくらするような広い空間が広がった。無数の柱が立ち並んでいた。どうやら柱と柱の間にはかつて部屋があったらしいが、壁はことごとく破壊され、空間だけが残っていた。そんな空間の奥に、螺旋階段が上へと伸びていた。
 オークはその階段を登っていった。ひどく静かだった。静寂の中に、これまでになく魔の者の気配を感じていた。悪魔の王がいる。ここまで強烈な気配を、間違えるはずはなかった。
 ついに階段を上り詰めた。そこに、果たして悪魔の王はいた。悪魔の王は闇の衣を身にまとい、どうやらその空間に、むりやり体を押し込んでいる様子だった。壁が崩れて、体の一部が外に突き抜けている。悪魔の王が座っている祭壇には、禍々しいペイントが施されていた。悪魔の王のために用意された場所のようになっていた。
 悪魔の王はオークに気付くが、しかしただ見下ろすだけで何もしなかった。だがオークは嘲笑されているような気がした。
 オークは剣を身構え、まっすぐ突き進んだ。その体に、ダーンウィンを突き立てる。
 しかしダーンウィンは悪魔の体を捉えず、すり抜けた。
 オークはもう一度ダーンウィンを突き立てた。何度斬りつけても、同じだった。ダーンウィンでは、悪魔の王の体を捉えることはできなかった。
 王の衣がすっと伸びてきた。それが巨大な拳のように、オークを叩きつけた。オークは凄まじい衝撃を体に浴びた。
 さらに悪魔の王が迫った。避けるには、そこは狭すぎだった。
 オークの体が吹っ飛んだ。壁に叩きつけられた。瞬間、死を意識していた。だがまだ死んでいなかった。
 オークはそのまま倒れた。しばらく起き上がれそうになかった。それでも這いつくばって、顔を上げた。ダーンウィンはどこだ。
 ダーンウィンがどこにもなかった。あっとなって体を起こすと、悪魔の王がダーンウィンを手にしているのが見えた。ダーンウィンは激しく燃え上がって、悪魔の王の闇の衣に火をつけていた。だが悪魔の王は、少しもたじろぐ様子を見せなかった。
 闇の衣が、大きく裂けた。口のように見えた。悪魔の王は、その裂け目にダーンウィンを放り投げた。
 ダーンウィンは闇の衣の中で炎を噴き上げていた。だがそれは次第に弱くなっていき――。
 やがて、ダーンウィンは悪魔の王から排出された。その様を見て、オークは絶望に打ちのめされた。
 ダーンウィンは4つに砕けていた。まだ刃の先に炎を宿していたが、その魔力もやがて消えてしまった。聖剣の霊気は、ついに絶えてしまった。
 オークはがくりと膝を着いた。完全な敗北だった。死の覚悟を決めた。
 悪魔の王が迫った。
 オークは顔を上げた。
 いよいよ最期の瞬間だった。
 しかし不思議と、その瞬間が長く長く間延びしていくように思えた。
 そして胸の中で、愛する女性を強く感じていた。



 ソフィー……





次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  ■


■2016/07/23 (Sat)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

24
 宮川は、指をパチンと鳴らした。するとどこかで物音がした。重い鉄扉が開くような音だった。
 暗闇で動きがあった。男たちが動く気配と、ゆるく反抗する気配。
 ツグミは「まさか」と思って、胸を押さえた。心の準備ができなくて、全身の血がどっと逆流するようだった。
 男が照明の中に入ってきた。男は大きなものを地面に引き摺っていた。――ヒナだった。
 男はヒナを地面に投げ出した。ヒナは何の抵抗もなく、地面に転がった。両手を縛られ、目隠しをされ、猿轡を噛まされていた。
「お姉ちゃん!」
 ツグミは悲鳴と一緒に声を上げた。
 ヒナがツグミの声に反応して、顔を上げた。ヒナは髪も着ている服もボロボロだった。寒いらしく、小さく震えていた。
 ヒナの横顔に、照明の光が当たった。ヒナの顔は痣だらけで膨れあがっていた。暗い照明のせいで、顔に歪な影を作っていた。
 宮川はジャケットの懐に手を入れた。ツグミははっと宮川を振り返った。宮川が懐から取り出したのは、銃だった。
「1つ、テストをしよう。高校生だから、テストには慣れっこだろ。ここには銃が1つある。だが頭は3つだ。さて問題。どの頭に銃を向けると、ツグミは人の命令を聞けるようになるのかな。おっと、もう1つ、この倉庫の周辺には数百メートルにわたり、人はいない。叫んでも無駄だよ」
 宮川はニヤニヤと笑いながら、銃の先に筒状の何かを取り付けた。サイレンサーと呼ばれるやつだ。映画でよく使われるから、ツグミでも知っていた。
 ツグミは腰から下が、ガタガタと震えた。本物の銃を見るのは初めてだった。銃は映画で見るようなものと違っていて、本物は異様に大きくてごつごつとしていて、恐ろしい物体のように思えた。
「やはり、ツグミの頭かな。我が命が一番だ。そうだよな」
 宮川がツグミの頭に、銃口を向けた。宮川は今までで一番愉快そうだった。
 銃口がツグミの眉間に当てられた。ツグミは目の前がわからなくなった。呼吸ができなくなった。
「パンッ」
 宮川がふざけて言った。
 ツグミは悲鳴を上げて、尻を付いてしまった。恐怖で一瞬、全身から力が失った。ツグミは倒れた後も震えが止まらず、立ち上がれなかった。
「これはいかん。多少は冷静になってもらわないとな。君の初恋の相手では、どうかな。いや、赤の他人では緊迫感に欠ける。やはり、お姉さんが一番だな。せっかく出てきてもらったのだから、お姉さんの頭を的にしよう」
 宮川はツグミから銃口を外した。銃口はふらふらと宙を彷徨い、ヒナが倒れているところに定まった。
 シュッ!
 ヒナの頭の後ろの地面がえぐれた。撃ったのだ。音はなかったが、ヒナの頭の後ろに着弾した。
 ツグミは一瞬にして、血の気がひいていくのを感じた。
「おっとっと、手が滑った。こいつは引き金が緩いんだ。ちゃんとしないといけないな。しかし、あまりにも聞き分けがないと、また手が滑ってしまいそうだな」
 宮川はおどけるように言いながらも、しかしはっきりと脅しの色を込めていた。
「わかりました。……やります。……鑑定を……やらせてください」
 ツグミは、胸の中の炎が消えてしまうのを感じた。もうどう頑張っても、勇気が戻りそうな気配はなかった。
「よろしい」
 宮川が勝利宣言をするように笑った。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  ■


■2016/07/22 (Fri)
第14章 最後の戦い

前回を読む

18
 しかしそこで再びオークの体が崩れた。石の上に倒れる。全身から溢れ出た血が、石の床に広がった。それまで麻痺していた感覚が急に蘇って、指先が冷たく痺れた。
 いよいよ死が近い。自分の体の中で、命の糸が千切れようとするのを感じた。この数日間、休息も食事も一切とっていない。身体の衰弱が、死期を早めていた。
 オークはそれでも剣を杖に立ち上がった。目の前がかすんで、はっきりと見えない。思考も定かではなかった。行く先もわからなかったが、とりあえず進んだ。
 やがて回廊の前後に、キィキィと不愉快な声を上げた何かが迫ってきた。本能的に敵だと判断して剣を振り上げた。
 何も見えていなかった。しかし武士としての勘が、正確に群がり集まるネフィリムを斬っていた。気付けば体中が切り刻まれていた。全身から血が噴き出していた。だが痛みは感じなかった。いや五感の全てがはっきりしなかった。ただ本能のままに剣を振るい、敵を斬り続けた。
 いつの間にか辺りに敵はいなくなっていた。オークは1人きりで、いるはずのない敵をめがけて、剣を振り上げたままの格好で止まっていた。
 ふと我に返って辺りを見ると、死体の山が築かれ、黒い不浄の血が床を浸していた。
 オークはふらりと壁にもたれかかった。

オーク
「……ソフィー」

 なぜか忘れかけていた女性の名が浮かんだ。
 目の前にいるはずのない幻の蝶が飛んでいた。何もかもが遠くに思えた。知らない間に、涙が頬を濡らしていた。
 眠っていたのだろうか。オークは意識を取り戻し、目を開けた。全身に力が戻っていた。
 オークは剣を杖にして、その向こうに進んだ。膝が震えていたが、まだまだ戦えるという気がした。
 回廊の向こうに、深い暗闇が見えた。その向こうに悪魔の王がいる。オークはそう確信して、トンネルの向こうへと歩いた。
 そこに待ち受けていたのは1体の悪魔だった。見回すと、中庭を取り囲むように、ネフィリムの大軍が集結していた。オークを待っていたのだ。オークは自らその中に飛び込んでしまったのだ。
 どうせ通らねばならない道。
 オークは覚悟を決めて、魔の軍団に対して剣を身構えた。
 その時だった。
 ずっと後ろほうで、獣の声がした。するとそれに応えるように、目の前の獣も顔を上げて遠吠えを上げた。ネフィリム達も後ろを振り返り、顔に緊張を浮かべた。
 ――何かが起こった。
 悪魔がネフィリム達を連れて、移動を開始した。オークは警戒して剣を身構えるが、ネフィリムはオークなど構わずに、その横を通り抜けて通路の向こうへと消えてしまった。
 気付けば、魔の者の気配は完全に消えていた。オークは1人きりだった。
 何が起きたのかわからない。だがオークにとって幸いだった。オークは何の障壁もなく、悪魔の王が待ち受ける居城へと入っていった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]