忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/24 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  ■


■2016/07/25 (Mon)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

25
 ツグミは地面に両手をつけた。右脚だけに体重を寄せて、ゆっくり立ち上がった。2度目だから少し慣れた。
 ツグミは絵を見る前に周囲に注意を向けた。照明の外は暗闇に包まれている。それでも気配は、はっきりと感じた。全部で5人だ。
 改めて、ツグミは目の前に並んだ絵を振り返った。左脚を引き摺って、右脚だけで進んだ。6枚の『合奏』を、もっと間近で見ようと思った。
 絵の前までやってくると、6枚の『合奏』は異様な煌めきを放ち始めた。クラクリュールに光が当たって、輝き始めた。
 とてつもない宝石に囲まれている気分だった。と同時に、6枚の『合奏』から強烈な魔力を感じた。
 急にツグミは目眩を感じた。6枚の『合奏』の世界に、意識が取り込まれそうになった。6方向にパースが引き摺られて、平衡感覚が狂わされた。
 ツグミは足下に目を落として、呼吸を落ち着けようとした。6枚の『合奏』は、じっくり眺めるにはあまりにも印象が強かった。
 ツグミは充分に心の準備をして、顔を上げた。胸を押さえながら、6枚の絵を左から順番に見た。
 6枚の『合奏』は、どれも美しかった。ツグミは我を失わないように、胸を押さえつけた。少しでも気を許すと、絵に魂を吸い込まれて、判断力を失ってしまいそうだった。
 ツグミは、左から順番に6枚の『合奏』を見た。次に、右から順番に『合奏』を見た。間違いがないように、ツグミは時間を掛けて、何度も6枚の『合奏』を繰り返し見た。
「まだか! 早くしろ!」
 後ろで、宮川が苛立った声を上げた。ツグミは宮川を無視した。6枚の『合奏』に深く集中していて、気にならなかった。
 ツグミは再びうつむいた。頭の中が混乱していた。意味がわからなかった。ツグミは目の前に起きていることを理解しようと、必死で頭を働かせていた。
 もう1度、そっと顔を上げて、6枚の『合奏』をバラバラに見た。頭の中で、ツグミは何度も自分と議論をした。自分の思考を、どこかに定めようとした。
 ようやく結論に達した。
 ツグミは片足飛びで、振り返った。宮川のいる場所に進みながら、川村に目を向けた。
 ――川村さん、いいんやね。
 ツグミは川村に伝わると思って、心の中で訊ねた。
 川村は地面に突っ伏した格好のまま、僅かに顔を上げた。川村はツグミを真っ直ぐに見て、1度そっと頷いた。
 それで、ツグミの決心が固まった。ツグミは宮川を振り返った。ツグミの意思から、不安と迷いが消えた。
「さあ、本物はどれだ。どれが本物の『合奏』だ。答えろ!」
 宮川の声に、異様な熱気がこもっていた。宮川は6枚の『合奏』の魔力に、すっかり取り込まれているのだ。
 ツグミは6枚の『合奏』を振り返った。6枚のうちの1枚をビシッと指でさした。
「あれや! あれが本物の『合奏』や!」

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]