忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  ■


■2016/07/21 (Thu)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

23
 宮川はようやく気が済んだみたいだった。ぜいぜいと、しかし恍惚そうな息を漏らしていた。
 ツグミはゆっくり顔を上げた。川村は倒れたままの格好で、動かなくなっていた。体を変な方向に曲げて、気を失っているようだった。
 ツグミはその姿を見て、思わず涙がこみあげてきた。悲鳴を上げたかったけど、それは押し留めた。倒れている川村を見るのがつらかった。
 宮川がツグミを振り返った。ツグミは今度は自分の番だ、と思って身を固くした。
 宮川はズンズンとツグミに向かってきた。ツグミは短く悲鳴を漏らして、身をのけぞらした。宮川はツグミの右腕を鷲掴みにして、もの凄い力で掴みあげた。
 宮川はツグミを立ち上がらせただけだった。それから、宮川はツグミの背中に回り、両肩に手を置いた。
「どうだ。素晴らしい眺めだろう。世界の至宝が6枚だ。こんな光景を見た人間は、誰もいない。我々だけがこの奇跡を見ているのだ」
 宮川は6枚の『合奏』を眺めながら、声を上擦らせていた。
 ツグミは『合奏』を見ずに、宮川を睨み付けた。宮川の目は、暗闇の中とは思えないくらい、明るく煌めいていた。
 宮川はツグミの側を離れて『合奏』の前に進んだ。宮川は気分が高揚しているらしかった。大演説が始まりそうな予感だった。
「……しかし6枚も要らない。どんなに優れた絵画も、数が多くなれば価値を失う。フェルメールの価値は、作品が優れているからではない。フェルメールに相当する技術力を持った画家は、探せばいくらでも見付かる。フェルメールの真の価値は、枚数が少ない事実にある。たったの30枚だ。30枚! だからこそ貴重なのだ。それ以上にあると、誰も見向きもしない。注目する人間はいるだろう。だが、研究書の域を決して越えない。金を出す者もいなくなる。悪いのは我々ではない。絵に値段を付け、金持ちの所有欲を煽り立てる画商連中が悪いのだ。画商同士が示し合って、芸術の発見をセンセーショナルなドラマにでっち上げ、値段を吊り上げている。美術品はただ飾るだけで、何の実用性もない。それを、金持ちの浪費にふさわしいものに無理矢理、押し上げている。我々はそういう組織的な悪徳商法の尻馬の端っこに、ちょっと乗っているだけなのだ」
 宮川は、実に朗々とした調子で、演説をした。6枚の『合奏』を前にして、よっぽど興奮しているらしい。
「アンタは、人を殺したやんか。私のお父さんも。アンタは尻馬に乗ったんやない。全部了解済みで利用しただけや」
 ツグミは反撃のつもりで声を張り上げた。熱かった。体の底に、マッチ棒くらいの炎が燃えていた。少しでも気を抜いたら、吹き消されてしまいそうな炎だった。
「いや、違う。私は悪くない。私も君も、悪い画商に操られた、犠牲者の1人だ。でなければ、私たちはこんなふうに会う機会もなかった。私たちは後に引けないんだよ。さあ、ツグミ。ここに6枚の『合奏』がある。恐らく、世界中のどの研究機関が検査しても、本物と判定されてしまうだろう。6枚もあると、それはただの印刷物だ。何の値打ちもない。だがこの6枚の中に、間違いなく本物が1枚ある。残り5枚は限りなく本物に近い贋作だ。これを見分けられるのは、この世でたったの1人だけ。ツグミ、お前だ。さあ、応えてもらおう。本物は、どれだ」
 宮川はまたツグミの側までやって来た。悪魔みたいに、「本物はどれだ」とツグミの耳に囁きかけてくる。
 ツグミは奥歯をきつく噛んで、身を震わせた。宮川を振り向き、睨み付けた。
「コピーでもいいやんか。ルーブルの絵のほとんどが、コピー品やで。でも、ルーブルにやって来る誰が、コピーか本物かなんて議論するんや。本物にしか見えない絵が6枚ある。それでいいやんか。数が多いからって、その絵の価値がなくなるなんて、絶対にない。値段がつかないからって、絵そのものが持っている本質が変わるわけがない。いくらになろうと、その絵はその絵としてそこに存在する。本物にしか見えない完璧な絵が6枚あるんなら、それも優れたものとして認められてもええやろ。値段が全ての物差しちゃうわ!」
 ツグミは声を宮川に叩きつけるつもりで、力を込めた。
 しかし、宮川の顔から笑みは消えなかった。
「私は色んなものを救いたいんだ。6枚も『合奏』があるなんて事態になってみろ。フェルメールの価値が一気に下がる。世界中のファンががっかりするだろう。フェルメールは、世界でもっとも値打ちのある絵画でなければならないんだ。それがフェルメールを支える宗教の本質だ。この世界では、お金こそが全ての物差しなんだよ。だから、価値を落とす悪因は全て排除しなくてはならないんだ」
 ツグミは宮川を指でさした。
「全部アンタの都合の話やんか。結局、アンタはフェルメールを高額で売りたいだけやんか。なんでアンタの金儲けに、私が協力しなくちゃあかんのや。私は絶対に鑑定なんかせえへんからな!」
 ツグミは相手に屈辱を与えるつもりで、ゆっくりと言葉を並べた。
 やはり宮川は笑っていた。何の打撃にもなっていなかった。ツグミは自分の言葉が手応えなく跳ね返ってくるのを感じた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]