忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  ■


■2016/07/19 (Tue)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

22
 そこは廃ビルなのか、それとも廃倉庫なのか。空間がだだっ広く、ずっと向こうに窓の形が見えた。遠くない場所から、波の音が聞こえてくる。
 窓から暗い光が射し込み、さらに深い闇を照らしていた。窓の光がなければ、暗闇がどこまでも続いているように錯覚を起こしそうだった。
 ツグミは混乱する思いで、4枚並んだ『合奏』を見た。頭がぼんやりしていたが、「川村さんが描いた『合奏』だ」と何とか考えるに至った。
 ふと暗闇の中で気配が動いた。階段の下から、何人か登ってくる音がした。
 3人の男が照明の中に入ってきた。男たちはそれぞれキャンバスを持っていた。
「川村の作業部屋から発見しました。『合奏』が新たに3つ。そのうち、描きかけが1つ」
「描きかけはいらない。除外しろ。邪魔だ」
 男の1人が報告し、宮川がすぐに指示を返した。
 男たちは指示を予想していたみたいに、2枚の『合奏』をイーゼルに掛けた。描きかけの1枚は暗闇に投げ捨てられた。
 絵を運んできた3人に続いて、もう1組、明かりの中に入ってきた。長髪の男と川村だった。川村は手を縄で縛られていた。
 長髪の男は、照明の光が辛うじて当たる場所に川村を連れて来た。長髪の男は、川村に膝をつかせた。
 宮川が川村の前に進んだ。長髪の男は「宮川にすべて委ねる」という態度で、暗闇の中に下がった。
 宮川と川村が向き合った。川村が顔を上げて、宮川に挨拶のように軽く微笑みかけた。
 宮川はいきなり川村の顔面を蹴った。川村の体が地面に崩れた。
「やめて! やめて!」
 ツグミは悲鳴を上げた。飛びつこうとしたけど、左脚で踏み出そうとしてしまって、転んでしまった。
 宮川は何度も川村を蹴った。川村は悲鳴を上げず、攻撃を防ごうともしなかった。あえて抵抗しないみたいに、蹴られるがままだった。
 ツグミは見ていられなくて、目を背けた。宮川の靴が川村に当たるのを聞くたびに、自分の体が蹴られたみたいな気分になった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]