忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  ■


■2016/07/24 (Sun)
第14章 最後の戦い

前回を読む

19
 そこは巨大な建物だった。入口を潜ると、目がくらくらするような広い空間が広がった。無数の柱が立ち並んでいた。どうやら柱と柱の間にはかつて部屋があったらしいが、壁はことごとく破壊され、空間だけが残っていた。そんな空間の奥に、螺旋階段が上へと伸びていた。
 オークはその階段を登っていった。ひどく静かだった。静寂の中に、これまでになく魔の者の気配を感じていた。悪魔の王がいる。ここまで強烈な気配を、間違えるはずはなかった。
 ついに階段を上り詰めた。そこに、果たして悪魔の王はいた。悪魔の王は闇の衣を身にまとい、どうやらその空間に、むりやり体を押し込んでいる様子だった。壁が崩れて、体の一部が外に突き抜けている。悪魔の王が座っている祭壇には、禍々しいペイントが施されていた。悪魔の王のために用意された場所のようになっていた。
 悪魔の王はオークに気付くが、しかしただ見下ろすだけで何もしなかった。だがオークは嘲笑されているような気がした。
 オークは剣を身構え、まっすぐ突き進んだ。その体に、ダーンウィンを突き立てる。
 しかしダーンウィンは悪魔の体を捉えず、すり抜けた。
 オークはもう一度ダーンウィンを突き立てた。何度斬りつけても、同じだった。ダーンウィンでは、悪魔の王の体を捉えることはできなかった。
 王の衣がすっと伸びてきた。それが巨大な拳のように、オークを叩きつけた。オークは凄まじい衝撃を体に浴びた。
 さらに悪魔の王が迫った。避けるには、そこは狭すぎだった。
 オークの体が吹っ飛んだ。壁に叩きつけられた。瞬間、死を意識していた。だがまだ死んでいなかった。
 オークはそのまま倒れた。しばらく起き上がれそうになかった。それでも這いつくばって、顔を上げた。ダーンウィンはどこだ。
 ダーンウィンがどこにもなかった。あっとなって体を起こすと、悪魔の王がダーンウィンを手にしているのが見えた。ダーンウィンは激しく燃え上がって、悪魔の王の闇の衣に火をつけていた。だが悪魔の王は、少しもたじろぐ様子を見せなかった。
 闇の衣が、大きく裂けた。口のように見えた。悪魔の王は、その裂け目にダーンウィンを放り投げた。
 ダーンウィンは闇の衣の中で炎を噴き上げていた。だがそれは次第に弱くなっていき――。
 やがて、ダーンウィンは悪魔の王から排出された。その様を見て、オークは絶望に打ちのめされた。
 ダーンウィンは4つに砕けていた。まだ刃の先に炎を宿していたが、その魔力もやがて消えてしまった。聖剣の霊気は、ついに絶えてしまった。
 オークはがくりと膝を着いた。完全な敗北だった。死の覚悟を決めた。
 悪魔の王が迫った。
 オークは顔を上げた。
 いよいよ最期の瞬間だった。
 しかし不思議と、その瞬間が長く長く間延びしていくように思えた。
 そして胸の中で、愛する女性を強く感じていた。



 ソフィー……





次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]