忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  ■


■2016/07/29 (Fri)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

27
 再び周囲が暗転して、ツグミは動揺と混乱を同時に感じた。誰のものかわからない足音が目立って響いた。
「川村はどこだ! 川村を探せ!」「何をしている。早く明かりを点けろ!」
 逆上したヤクザたちの声が、闇の中で交差した。宮川の声も、突然の暗闇に激しく混乱していた。
 逃げるチャンスだった。ツグミは這いつくばって、混乱の中心から遠ざかった。遠ざかりつつ、ヒナがいるはずの場所を目指した。ヒナは両手両足を縛られたままだから、自力で脱出できないはずだ。助けなくちゃいけないし、今が助けられる唯一のチャンスだった。
 やっと誰かが懐中電灯の明かりを点けた。真っ暗闇に光線が3つ、浮かんだ。
 宮川一味の混乱は、にわかに落ち着き始めた。宮川一味は、まず懐中電灯でお互いの姿を確認しあった。次に、光が周囲に向けられた。
 ツグミは身を小さくして、「見付けられませんように」と祈った。
「おい待て。『合奏』を照らせ。何か変だぞ」
 男の1人が大声を上げた。今までにない動揺した声だった。
 ツグミも声に反応して振り返った。懐中電灯の光が、『合奏』の本物があった場所に集まった。
『合奏』の本物に、刃物で大きなバツの字が刻まれていた。捲れ上がった麻布の影が、懐中電灯の光で四方に散っていた。
「川村を探せ! 見付け次第殺せ! まだ近くにいるはずだ!」
 宮川の怒りが、一気に最大値を振り切った。宮川の怒りは、ただちに5人のヤクザに伝播した。
 懐中電灯の光が四方に向けられた。ヤクザ一味は川村を見付けようと、暗闇の中を進み始めた。
 ツグミは身の危険を感じた。今ここで宮川に捕まったら、確実に殺される。
 ツグミはヒナの許に急ごうとした。今は自分の危険よりも、早くヒナを救いたかった。
 その時、誰かがツグミを掴んだ。ツグミはヤクザの誰かだと思って、体を固くして反抗しようとした。
「落ち着いて。ツグミさん、私です」
 女の、押し殺した声だった。ツグミはとっさに「ヒナお姉ちゃんだ」と思った。
 女はツグミの体を引き寄せて、抱き上げようとした。ツグミも女を信頼して、女の首に縋り付いた。 
 女は暗闇の中を、方向がわかっているみたいに走り始めた。女の横を、何者かの一団がぞろぞろと横切った。
 ツグミは、にわかに混乱を感じた。何が起きているのか、理解できなかった。とにかく、この女はヒナじゃない! 強烈な光が周囲を覆った。眩しい光が、廃墟の内部をくっきりと浮かび上がらせた。
「警察だ! 暴行および逮捕監禁の現行犯で、お前たち全員逮捕する!」
 勇ましい男の声が、光の中に響いた。
 ツグミは女の横顔が光に浮かび上がるのを見た。女は、ヒナじゃなかった。高田香織警部補だった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  [1229]  [1228]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]