忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1243]  [1242]  [1241]  [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234]  [1233]  ■


■2016/08/03 (Wed)
第14章 最後の戦い

前回を読む

24
 王城の背後。崖の下の渦の中を、小舟がひっそりと進んでいた。
 小舟の上で、ソフィーがあっと声を上げて振り返った。仄暗く浮かぶ王城の影が、そこにあった。

管理人
「どうかしましたか?」
ソフィー
「イーヴォール様が……逝かれました」

 ソフィーは目を伏せて、祈りの言葉を呟いた。

管理人
「そうですか。あの人が……」

 管理人は一度舟を漕ぐ手を止めて、長寿を渡り歩いた者のために、冥福を祈った。


 小舟は海を進んでいき、やがて人気のない河岸までやってくると、砂浜に舟を押し上げた。

ソフィー
「ありがとうございました」
管理人
「キール・ブリシュトへ行かれるのですか」
ソフィー
「はい」
管理人
「……しかしあそこは魔の巣窟。いくらあなた様が魔術に長けているとはいえ、1人で立ち入っていけるような場所ではございません。エクスカリバーを使用者に元に届け、大魔法を唱えるには、魔物を引きつけておくための軍隊が必要です。いったいどうなさるおつもりですか」
ソフィー
「1つだけ、考えがあります。うまくいくかわからないけど……。……ううん、選択肢がないから、必ず成功させねばなりません」
管理人
「そこまでしてでも、行かねばならぬ場所なのですか」
ソフィー
「あの人は1人で行きました。だから私も。愛する人を救うのに、どんな迷いや恐れがあると言うの?」
管理人
「ならば私の導きはここまで。美しきドルイドよ、どうかご無事で」

 管理人は頭を下げた。
 ソフィーも管理人に別れを告げて、浜辺を離れた。
 気付けば夕暮れに近い時間になっていた。雨は一向に止む気配はない。さらに勢いを強めようとしていた。風も強く、翌日には大降りになりそうな気配だった。
 ソフィーに不安がよぎる。あの人は今どこにいるだろう。まだキール・ブリシュトへ向かう途上のはずだ。今なら間に合う……。今なら間に合うはず……。
 ソフィーは不安を払いのけるように、南へ向かって走った。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1243]  [1242]  [1241]  [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234]  [1233]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]