忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/24 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1245]  [1244]  [1243]  [1242]  [1241]  [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  ■


■2016/08/05 (Fri)
第14章 最後の戦い

前回を読む

25
 城より南へ9リーグ。そこは、かつてダラスが陣営を作っていたところだった。だが悪魔の反逆によって壊滅し、慌てふためいて逃げ出した兵士達が残していったものが散乱していた。
 そんな場所を、ティーノが拠点にしていた。ダラス陣営が放置していったものを、ティーノが兵士達に命じて集めさせていた。

ティーノ
「金になりそうなものは全部持って来い! 何をやっている、ガラクタを集めるんじゃない。金になりそうなものだ。お前達、わしを貧乏人にさせたいのか!」

 ティーノが休まずに兵士達を怒鳴っている。
 その様を、アレスが呆れた様子で見ていた。

アレス
「まさか、司祭ともあろう者が、火事場泥棒のような真似をするとは……」
ティーノ
「なんだ貴様。わしに逆らうのか!」
アレス
「…………」
ティーノ
「下僕なら愛想よくせんか。私は主だぞ。お前などよりよほど高い位にあるのだぞ」
アレス
「…………」

 そこに、兵士が駆けつけてくる。

兵士
「申し上げます。大パンテオンの制圧に向かったリーフ様と2万人の部隊が邪教集団の前に全滅。リーフ司祭も戦闘中に死亡しました」
兵士
「申し上げます。都市建設計画を進行させていたジオーレ様が盗賊に暗殺されました。7体の悪魔は制御を失い、街を破壊した後、逃亡しました」
ティーノ
「何だと……。みんな死んでしまったのか。まさか、そんな……あり得ない」
アレス
「本国の指令を待つべきでしょうな。ここには拠点作りに充分な資産が残っています。ここで陣を張り、待機しましょう」
ティーノ
「うるさい! 勝手にそんなものを決めるな! 私は私の命が欲しい! こんな危険な場所、1秒でもいられるか! 財宝が手に入ったら、この国から脱出するぞ!」

 ティーノは喚き散らすが、ふと名案でも浮かんだように我を取り戻す。

ティーノ
「いや、待てよ。司祭達が死んだ。残っているのは私だけ。ということは今、一番偉いのは私ではないか! はははっ! 大出世だ! ついに私の時代がやってきたのだ!」
アレス
「…………」
ティーノ
「全てわしの意のままになるぞ。そうだ、ここに教会を作ろう。わしの教会だ。壮麗なものにしてやるぞ」
アレス
「では、ここに留まるのですね」
ティーノ
「もちろんだ。本国に連絡して、新しい軍隊を送ってもらおう。私が最高司令官だ。すでに崩壊した国。馬鹿な田舎者は簡単に騙せる。ここに私の名前を冠した王国を作るぞ! ――おい、荷物をほどけ! この場所に留まるぞ」

 気まぐれな命令に、兵士達はうんざりしながら荷車に積み上げた荷物を、下ろし始めた。
 いよいよ雨が降り止もうとしていた。朝日が登り始めている。汚染された森が、淡く浮かび上がろうとしていた。
 アレスは、何かの気配を感じた。剣の柄を握る。流浪騎士団達も、アレス同様、何かを察して柄を握った。
 森の影に混じって、何かが姿を現していた。生暖かい風がゆるりと流れすぎていく。そこにいたのは、ローブを身にまとった1人の乙女だった。

アレス
「ソフィー殿か……」
ティーノ
「なんだあいつは?」

 突然、烈風が巻き起こった。土煙が噴き上がる。兵士達の視界が塞がれた。
 兵士達は混乱して、悲鳴を上げた。火球があちこちに飛び回る。
 風がアレスの側に迫った。アレスは咄嗟に剣を振り払った。見えざる何かが、アレスの剣を跳ね返す。
 その直後、静寂が戻った。ティーノの目の前に、ソフィーが立っていた。ティーノの首にナイフを当てている。
 アレスが立ち上がった。ソフィーは杖をアレスに向けた。

アレス
「ソフィー殿、手を下ろしてください。あなたにはこんな荒事、似合いませぬ」
ソフィー
「私は誰も殺すつもりはありません。しかし、私に従ってもらいます」
アレス
「ならば脅迫は必要ありません。あなたが命じるのなら、従います」
ティーノ
「何を勝手な……」

 ティーノがナイフを跳ね飛ばした。ソフィーがあっと振り返った。
 ティーノが杖を振りかざす。強烈な光が瞬いた。ソフィーが目を眩ませる。
 そこに、神官達が迫った。魔法の刃がいくつも浮かび、ソフィーを襲う。咄嗟にアレスがソフィーの前に出て、盾で魔法の刃を防いだ。

ティーノ
「そこまでだ。全員動くな!」

 ティーノの怒鳴り声。見ると、ティーノが槍を持ち、檻のステラの首に、刃を押し当てていた。檻の周囲を、クロースの残党達が固めている。
 ソフィーとアレスが身構える。しかし、手が出せず踏みとどまった。

ティーノ
「アレス! その魔法使いを殺せ」
アレス
「…………」
ティーノ
「どうした! 魔女を殺せ! 邪悪な魔女を処分しろ!」

 アレスは戸惑いを憶えながら、ソフィーに剣を向ける。ソフィーはアレスに杖の先を向けた。流浪騎士団達がソフィーを取り囲む。
 しかし、アレスは剣を落とし、ソフィーの前で膝を着いた。

アレス
「できぬ。この聖女を殺すなど……私にはその罪は重すぎる……。殺すなら、この私を殺せ!」
ティーノ
「何をやっておるか!」

 この隙に、ソフィーが振り返った。杖の先から刃が放たれる。刃はクロース兵を刻み、ステラのいる場所を取り巻いた。ステラは檻の中で蹲った。檻が刃に切り裂かれた。

ソフィー
「逃げて! あなたは自由です! 逃げて!」

 ステラが応じた。檻から飛び出す。クロース兵が飛びついた。
 ソフィーが火球を飛ばした。司祭が魔法の盾で塞ぐ。流浪騎士団達も、飛びついた。だがクロース兵達に押し留められる。
 ステラは側に落ちていた剣を掴んだ。クロース兵がステラを取り囲んだ。槍がステラに突きつけられる。ステラは剣で、クロース兵達を牽制する。だがそれはあまり効果はなかった。
 状況は再び膠着状態に陥った。ステラは自由を奪われ、流浪騎士団達は戦意を失った。
 ティーノは流浪騎士団の様子を見て、再び緊張を解いた。
 が――。

ステラ
「ソフィー! そなたに全てを託す! アレスよ、これ以降はソフィーに従え! お前達は自由だ!」

 ステラは持っていた剣で、自身の腹を突き刺した。
 そこにいた全員に衝撃が走った。ステラの腹に、剣の刃が深く突き刺さっていた。その体から力が失われ、がくりと膝を着く。腹から血が噴き出し、黒い土を赤く染めた。
 その様を、流浪騎士団が茫然と見ていた。しかし間もなくふつふつと怒りが沸き起こり、それは凄まじい憤怒の炎となって一同を包んだ。

アレス
「この怒り、何に例えよう。この悲しみ、どう示そう……。お前達! ここにいる全員を殺せ! 情けはもはや不要だ!」

 流浪騎士団達の激情を感じて、クロース兵達に怯えが浮かんだ。
 流浪騎士団達がクロース兵達を攻撃した。その凄まじいまでの怒りの炎、圧倒的な剣術の前に、クロース兵達はただ逃げ惑うだけだった。
 戦いは僅かな時間で決着した。クロース兵は全て斬り殺され、ティーノは殺さず、捕らえられた。
 アレスはステラの前に向かった。ステラにまだ生命が残っていたが、体にわずかな息が残っているだけだった。
 アレスはステラの体を仰向けにさせ、整えさせた。ソフィーがステラの側に膝を着き、目蓋の上に掌を当てて、祝詞を唱えた。ステラの体内から、魂の残り火が静かに消えていった。ステラはその顔に安堵を浮かべて死んだ。
 アレスはステラの腹から剣を抜いた。流浪騎士団達はしばしステラの亡骸の前に膝を着いて、その死を悼んだ。
 それからアレスはティーノの前に進んだ。アレスの顔に、真っ黒な怒りが浮かんでいた。

ティーノ
「やめろ……殺さないでくれ。私はローマでは重要な人物なんだぞ。そうだ、お前に相応しい地位を与えよう。富を与えよう。だから……」
アレス
「ああ、殺さぬよ」

 アレスが剣を振り落とした。ティーノの両足を切断する。ティーノがあまりの痛みに叫んだ。

アレス
「貴様は殺す価値もない。だが、死ぬまで相応の苦しみを味わえ。死神が迎えに来るまで、貴様が踏みつけた全てのものに許しを乞え」

 アレスはティーノの手首に、剣を突き立てて、地面に釘付けにした。
 アレスはソフィーの前までやってきた。ソフィーはアレスに謝罪しようと頭を下げようとした。だがアレスはそれを留めて、ソフィーの前に片膝を着いた。流浪騎士団達も、アレスに倣って片膝を着き、頭を垂れた。

アレス
「ステラ姫の遺言でございます。あなたの命令に従います。何でも命じてください」
ソフィー
「ステラ様の魂を弔いましょう。これからキール・ブリシュトへ向かいます。ある人を救うために。全てを精算します。すべての過ちを浄化させます。悲劇の始まりを終わりにします。私に従いて来てください。そして、供に戦ってください!」
アレス
「行きましょう。すべてと戦います。ケルトの男達のように。ドルイドの乙女よ、私の馬にお乗りください。行きましょう。流浪騎士団、最後の戦いです」

 ソフィーはアレスと供に馬に乗った。

アレス
「行くぞ!」
流浪騎士団
「おおー!」

 勇ましい号令に流浪騎士団達が声を合わせる。騎士達は士気を昂ぶらせ、キール・ブリシュトを目指して駆けていった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1245]  [1244]  [1243]  [1242]  [1241]  [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]