忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  ■


■2016/07/31 (Sun)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

28
 高田はツグミを抱きかかえながら、階段を降りていった。
 1階に下りると、真っ白な照明がいくつも点いていた。何人もの刑事がいた。制服の警官もいた。警察官にねじ伏せられている男たちがいた。何人かが、ツグミと高田を振り向いて、敬礼を送った。
 ツグミは、まだ何が起きているのかわからなかった。警察がどうしてここにいるのか、どうして自分の居場所を知っていたのか、わからなかった。
 高田が廃墟の外に出た。海とは反対方向で、波の音が背後に聞こえた。
 廃墟の手前は、寂れた道路だった。道路が幅が広く、人の気配は全くなかった。ぽつぽつと照明があるだけで、暗かった。
 深夜の道路は、闇が深く、波の音しかしなかった。そんな道路の向こうの角から、パトカーの警光灯が現れた。パトカーに続いて、覆面車のセダンや救急車が続いた。
 静かな通りはあっという間にパトカーで一杯になった。暗い通りが、赤色灯の光で満たされた。サイレン音がうるさいほどに周囲を包んだ。
 救急車の後部ハッチが開いて、救命士が2人降りてきた。救急車はストレッチャーを準備して、高田の前に走ってきた。高田も救命士の許に走った。
 その時、突然、ダーンッと破裂音がした。銃声だ。廃墟全体を揺らすような、重々しい音だった。銃声は2発連続で繰り返された。
 パトカーから顔を出した捜査員が、一斉に廃墟を注目した。先までと違う緊張感で、騒然となり始めた。
 高田がツグミをストレッチャーに乗せた。すぐに救命士2人がツグミの体を調べようとした。
「待って! 待って!」
 ツグミは救命士たちの手を振り払い、行こうとする高田の手を掴んだ。
「川村さんを助けてあげて!」
「誰ですか?」
 高田がツグミの振り返った。さっきの銃声を聞いたからか、顔が強張っていた。
 ツグミはジーンズのポケットから、川村の写真を引っ張り出した。
「この人です。まだ、あの建物の中にいます。私の大切な人なんです」
「わかりました。必ず探します」
 高田が川村の写真を受け取って、頷いた。
 ツグミはやっと安心して、ストレッチャーに横になった。ストレッチャーは、スムーズに救急車の中に入っていった。
 ツグミの後を追うように、ストレッチャーがもう1台、救急車の中に入ってきた。ツグミは顔を右に向けて、横に並んだストレッチャーを見た。ヒナだった。
 ヒナは顔の左半分を真っ赤に腫れ上がらせていた。首元に血が付いていて、髪もグシャグシャだった。
 ヒナはツグミを振り向いて、軽く微笑んだ。ちょっと無理した感じの微笑だったけど、いつもの優しさがあった。
 ツグミも微笑み返そうとした。しかし、急に意識が遠のくのを感じた。安心したせいか、体から緊張をなくしてしまった。
 ツグミは自然と目蓋が落ちてきた。暗闇が安らかにツグミを包むみたいだった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234]  [1233]  [1232]  [1231]  [1230]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]