忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  ■


■2016/07/06 (Wed)
第14章 最後の戦い

前回を読む

10
 クロースの軍勢が、密林の中へと踏み込んできた。しかしその勢力は、密林の深さに分断され、細く長い小道で引き延ばされてしまった。
 森を進むクロースの兵士達は、しんとした静寂の中を進んでいった。彼らには、樹齢千年を越える霊木は、グロテスクな物体に映っていた。
 静寂が深く、森の奥から妖精が囁くような声が聞こえてきた。クロースの兵士達は、何だろうと耳を澄ませる。
 と、何かが走り抜けた。風の刃だ。風の刃は兵士達の行列を駆け抜け、兵達を切り刻んだ。油断した何人かは、首を刎ね飛ばされた。
 同時に、脇道からオークを先頭にした僧兵が飛び出してきた。クロース兵は身構える間もなく、オーク達に斬り伏せられた。戦いに参加しようと思っても、密林の深さゆえに、その前で踏みとどまるしかなかった。オークは迫り来る兵士を、1人1人斬り伏せた。
 間もなくクロース兵達は、密林に魔法使いが隠れているのに気付いた。森の向こうに矢を投げ入れる。だがその矢は魔法の盾に防がれた。
 対する魔法の刃は、何重にも折り重なる幹を潜り抜け、兵達を薙ぎ払う。
 魔法の攻撃は風魔法だけにとどまらなかった。突然、クロース兵達の足下が吹っ飛んだ。兵達の列が衝撃に吹っ飛んだ。さらに幻術がクロース兵達に取り憑く。クロース兵はいるはずのない敵に惑わされ、でたらめに剣を振った。
 オークは圧倒的な剣術で、魔法攻撃を切り抜けてくる兵士達を切り刻む。クロース兵達は一歩も進めなくなった。
 だがクロース兵たちは数の面で絶対有利だった。クロースは次々に兵を投入した。時間が経るにつれて、魔術師の魔力にも、僧兵達の剣術にも、鈍りが見え始めた。クロース兵達はそこを付けいり、突破口を切り開いた。魔術師は矢で射られ、僧兵達はそこに群がる骸の仲間に加わった。
 クロース兵はじわりじわりと森の奥へと攻略を進めていく。
 ドルイドは数を減らしつつも、強行に抵抗し続けた。クロース兵達が進撃してくると、魔法使い達は魔法で大木に切り傷を入れた。すると高さ数十メートルにもなる巨木が、めりめりと音を立てて兵達の列をめがけて倒れた。
 神を宿した大木の倒壊は凄まじく、山全体を震えさせ、土煙は雲に届くくらいに噴き上がった。
 それでもクロース兵達は留まらなかった。クロース兵達は、倒れた幹の上に、巨大な橋を作り、軍団を進行させた。オーク達がクロース兵達に白兵戦を挑んだ。オークの剣術は凄まじく、たった1人で何十というクロース兵達を斬り倒した。
 クロースの勢力は苛烈を極め、僧兵達は少しずつ後方へと押しのけられた。2日目の夜が訪れる頃には、戦いの中心はクリアリングの直前まで下がってきていた。もう今度こそ、後のない状況だった。

老師
「…………」
ソフィー
「老師様、ご指示を。戦いが迫っております」

 ソフィーは言いながら、魔法を放った。杖の先から、魔法の刃を繰り出す。
 クリアリングは静寂そのものだった。だがそこから一歩外に出ると、戦いの狂騒が溢れ出す。オーク達が今も戦っていた。
 もはやドルイド達は戦いを続ける戦力がなかった。森のあちこちで死体が放り出されている。暗がりに入って行くと、必ず誰かの死体が転がっていた。もはや敗北は目前ではなく、確定的なものだった。

老師
「……なんということだ。ドルイドのほとんどがたった1人の弟子に知る全てを託す。どのドルイドにも、その者にしか知らない言葉や秘術があった。記録、歴史、王達が偽りに塗り固めたあらゆる事象の真実。……それが、こんなふうに失われるなんて……」

 老師の目に涙が溢れた。それまで彼を支えていた気丈さが失われていくようだった。

ソフィー
「それでも皆戦っているのです。命を落とすのも覚悟の上。それでもここは守らなねばなりません」

 老師は決心を固めるように、首を振った。

老師
「――ここを出よう。もうこれ以上、命失われるのを見たくはない。止められるのなら、今止めよう」

 老人の独り言のように呟き、杖をそこに突き立てた。魔法の杖が、空中で直立不動になった。
 ソフィーはそれで全てを察した。老師を振り向き、持っている杖を掲げた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  ■


■2016/07/05 (Tue)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

15
 5時を回る頃、詫間港に船が入ってきた。ツグミはチケットを買い、船に乗った。ここの船は3時間に1本しかない。絶対に逃してはならない1本だった。
 粟島行きの船は小さかった。甲板には20人も乗れば一杯になる感じだった。船の客はツグミ1人きりだったけど。
 船が詫間港を離れた。船はのんびりした感じで、粟島に向かった。
 15分ほどで、粟島の港に到着した。港はいくつもの漁船が繋がれていた。まだ夕暮れだけど、桟橋の周囲にはもう人の気配はなかった。
 粟島は小さな島だった。人口は僅かに400人。ツグミの不自由な足でも、1時間もあれば余裕で町を一回りできそうなくらいだった。
 ツグミは町を右手にして、海岸沿いの道を歩いた。タクシーの運転手に教わったとおりに城山方面へと向かった。
 ツグミは限界の速度で進んだ。時計を持っていないから余計に焦った。約束の6時に間に合わないかも知れない。
 町は静まり返っていた。通りには人影すら全然ない。どの家も古めかしい瓦葺き屋根だった。家同士の境に塀すら立っていなかった。電柱もまばらで、現代の風景とは思えない様子だった。
 町の風景は、間もなく見えなくなった。結局、人とすれ違うことはなかった。代わりに右手に鬱蒼とした森が現れた。左手には砂浜が続いている。
 ツグミは、道は合っているのだろうか、と不安を感じたが、そのまま真っ直ぐ歩いた。ツグミが急いで進む道路に、車は一台も走らなかった。人の気配ともすれ違わない。風だけが、ざわざわと音を立てていた。
 海は夜の闇に溶け始めている。夕日の光はほとんど残っていなかった。
 しばらくして、車道の脇に立て札が立っているのに気付いた。朽ちかけて、見落としそうな立て札だった。立て札に近付くと、消えかけてた文字で「新山寺」と書かれていた。見落とさなくて本当に良かった。
 立て札の背後は鬱蒼とした森で、真っ暗だった。覗き込んでみると、確かに小道があって、階段があるのが見えた。
 ツグミはためらいなく、森と闇の中に入っていった。夢中になっていて、恐いと感じるゆとりもなかった。
 階段は自然の斜面に、板を当てて階段状にしただけのものだった。時々、藪が行く手を遮っていた。
 階段があまりにも長く思えた。見上げても森が深くて、闇ばかりが続いた。ゴールが見えなかった。振り返ると、やってきた道が闇に包まれ、森が帰り道を隠しているみたいだった。
 もう引き返せない。ツグミは急に恐いという気持ちに捕らわれた。この階段はどこに向かっているのだろう。なぜか階段が別世界に繋がっているように思えた。
 ツグミはすぐに不安を掻き消した。行く先が一つしかないのなら、進むしかなかった。階段を登り切るのに、使命感のようなものを感じていた。
 体力は限界まで来ていた。体も脚も重い。しかし脚は停まらなかった。休もうという気にもならなかった。何か別の力が、ツグミの背中を押しているようだった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  ■


■2016/07/04 (Mon)
第14章 最後の戦い

前回を読む

 アレスは山を下りていった。クロースの軍勢が、報告を待ち受けて待機している。アレスはクロースの軍団を押しのけるようにして進み、仲間達の許へと向かった。

流浪騎士
「隊長……」
アレス
「もうたくさんだ。ここを離れよう」
流浪騎士
「しかし、それでは姫が……」
アレス
「…………」
ティーノ
「おい、ここを離れるのか?」
アレス
「何だ貴様」
ティーノ
「わしもリーフの奴に顎で使われるのはもううんざりだ。あの若造めが……。ここを抜けるぞ。今なら誰も咎めん!」
アレス
「なぜ貴様の意見に従わねばならん」
ティーノ
「へへへ、従ってもらうぜ。姫さんの命は我が手にあるんだからな。よし行くぞ。ついて来い!」
クロース兵
「ティーノ様、どこへ行かれる?」
ティーノ
「ジオーレ様が私を呼んでおられる。今すぐに行かねばならん!」
アレス
「ジオーレが?」
ティーノ
「そういう話にしておけ!」


 森の奥へ入っていくと、むせかえるほど緑が濃くなっていき、張り詰めるような静けさが包んだ。周囲の木々は、どれも樹齢百年を越す。図抜けて大きく、手の届かぬところで葉を茂らせていた。だが森には暗さはなく、清らかな美しさに包まれていた。
 一見して、ただの森ではなかった。神聖な空気が漂い、自然と入り込む者の背筋を正させ、それでいながら抱かれるようなぬくもりを感じた。
 地面も巨大な根が張り巡らされている。森を進む小道は、木々をうまく避けながら、奥へ奥へと続いていた。
 オーク達は小道に沿って、その中を進んだ。やがて密林の向こうに、開けた場所が現れた。そこだけ木々が後退して、緑の光が射し込んでいた。不可思議な石の円柱が立てられていた。
 その様式は、ドルイドの中で最も古かった。神秘的な空気はより濃く、誰もが心理の深いところで打ちのめされるような気分になった。神の降りてくる場所として、相応しく感じられた。

ソフィー
「ここがドルイドの本当の聖堂であり、最後の聖域です」
オーク
「こんな場所は初めて見ます」

 クリアリングに立ち入った瞬間、得も知れぬ峻厳な空気に打たれるのを感じた。ほんの一瞬、オークに取り憑いた鬼神が影を薄めた。

ソフィー
「秘密ではありませんが、修行を積んだドルイドでない限り、立ち入れない場所です。私もここで修行をしました。でも、その禁止も今日限りです」

 生き残った全ての僧兵が、クリアリングに集まった。その数、わずか百名。怪我していない者は1人もいなかったし、重傷の者もいた。誰もが疲労の限界を感じていた。しかしその顔に、諦めきれない闘気が浮かんでいた。
 最後の老師が一同の前に進み出て、全員の顔を見回した。

老師
「……いつかこの日が来ると思っていた。この時が。南の邪教が世界侵略のために手を伸ばし、ここも戦火で焼き尽くされる。その時がやってきた。これ以降は、魔法戦になる。今日のこの日が、われらの最後の戦いだ。僧達よ戦え! 邪教どもに一生消せぬ恐怖を刻みつけてやるのだ!」

 僧兵達が士気を奮わせて、声を合わせた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  ■


■2016/07/03 (Sun)
第6話『魔法少女 その2』

こちらでも読めます。
pixiv版『魔法少女 その2
TINAMI版『魔法少女 その2
漫画ハック版『魔法少女 その2
アルファポリス版『魔法少女 その2

前回『魔法少女 その1

字の読みづらいところは、画像をクリックすると、拡大されて読みやすくなります。

















ProjectMOE 目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  ■


■2016/07/03 (Sun)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

14
 ツグミは歩道橋を降りて、高松駅とは反対方向に向かった。
 風はまだ強かった。ゆるやかになった雨粒が、風の中を踊っていた。ツグミは姿勢を斜めにしながら、杖を突いて進んだ。
 そうしながら車道に注意を向けた。車道には絶え間なく車が走っていた。水溜まりを派手に跳ね上げていた。
 しばらくして、車の群れの中にタクシーを見付けた。しかも運良く『空席』だった。
 ツグミは足を止めて、1歩車道側に出て、手を挙げた。背が低いから見落とされないように、目一杯手を挙げて主張した。
 タクシーは左にウィンカーを出しつつ、ツグミの前で停まった。
 タクシーの後部ドアが開いた。ツグミは逃げ込むようにタクシーに乗り込んだ。タクシーの中は暖かく、座席に腰を下ろすと、ふぅと息が漏れた。
「すみません、新山寺ってわかりますか。そこで友達と会う約束しているんです」
「粟島ですね。港までしか行けませんけど」
 タクシーの運転手が振り返り、機嫌良さそうに言った。髪の白い、老練な感じの人だった。
「それじゃ、港までお願いします」
 タクシーのドアが自動的に閉まった。運転手はすぐにハンドルを握り、タクシーをスタートさせた。
「お客さん、どこから来たの?」
 運転手が軽い感じでツグミに話しかけた。
「神戸です。友人に会いに……」
「ふーん。じゃあちょっとした旅行だ」
 運転手は楽しげに会話を始めた。なんとなく、日常の空気が戻ってくるような気がした。
 ツグミは運転手に色々訊ねて、情報収集をした。新山寺は粟島にあるお寺で、今は誰も管理する人がなく、わざわざ行く人も少ないのだそうだ。
 タクシーの運転手は感じのいい人で、ツグミが旅行者だとわかると、フェリーの乗り方や、粟島に到着してからの道筋など、丁寧に教えてくれた。
 説明の中に時々つまらない冗談を交えてくるので、ツグミは失礼にならない程度に笑った。
 しばらくして会話も途切れて、ツグミは窓の外を見詰めた。いつの間にか海岸沿いの道を進んでいた。雨の気配はもうなくて、雲が散り、空が見え始めていた。雲の向こうに太陽が強く輝くのが見えた。
 海は暗く沈みかけていて、尖った波にちらちらと赤い光を映していた。
 すでに4時半を回っていた。ツグミは時間が気になっていた。川村が指定した6時に果たして間に合うだろうか。
 詫間港に到着した。どうやら船はまだ来ていないらしかった。海が暗い太陽に照らされて、鈍く輝いていた。
 ツグミは料金を払ってタクシーから降りると、船を待つ間に絵の後始末をしようと思った。
 トレンチコートの紐を緩めて、背中に隠していた板画を取り出した。板画を建物の壁に斜めに立てかけた。ツグミは杖と左脚だけで立ち、右脚で板画を真っ二つに叩き割った。
 2つに叩き割った板画はゴミ箱に捨てた。これで川村さんの痕跡がまた1つ失われた。そんな心残りを強く感じたけど、捨てるのが最良の判断だと理解していた。これでどこかで宮川の手下に出くわしても、ツグミがどこへ行こうとしているのかのヒントはなくなったはずだ。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]