忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  ■


■2016/07/04 (Mon)
第14章 最後の戦い

前回を読む

 アレスは山を下りていった。クロースの軍勢が、報告を待ち受けて待機している。アレスはクロースの軍団を押しのけるようにして進み、仲間達の許へと向かった。

流浪騎士
「隊長……」
アレス
「もうたくさんだ。ここを離れよう」
流浪騎士
「しかし、それでは姫が……」
アレス
「…………」
ティーノ
「おい、ここを離れるのか?」
アレス
「何だ貴様」
ティーノ
「わしもリーフの奴に顎で使われるのはもううんざりだ。あの若造めが……。ここを抜けるぞ。今なら誰も咎めん!」
アレス
「なぜ貴様の意見に従わねばならん」
ティーノ
「へへへ、従ってもらうぜ。姫さんの命は我が手にあるんだからな。よし行くぞ。ついて来い!」
クロース兵
「ティーノ様、どこへ行かれる?」
ティーノ
「ジオーレ様が私を呼んでおられる。今すぐに行かねばならん!」
アレス
「ジオーレが?」
ティーノ
「そういう話にしておけ!」


 森の奥へ入っていくと、むせかえるほど緑が濃くなっていき、張り詰めるような静けさが包んだ。周囲の木々は、どれも樹齢百年を越す。図抜けて大きく、手の届かぬところで葉を茂らせていた。だが森には暗さはなく、清らかな美しさに包まれていた。
 一見して、ただの森ではなかった。神聖な空気が漂い、自然と入り込む者の背筋を正させ、それでいながら抱かれるようなぬくもりを感じた。
 地面も巨大な根が張り巡らされている。森を進む小道は、木々をうまく避けながら、奥へ奥へと続いていた。
 オーク達は小道に沿って、その中を進んだ。やがて密林の向こうに、開けた場所が現れた。そこだけ木々が後退して、緑の光が射し込んでいた。不可思議な石の円柱が立てられていた。
 その様式は、ドルイドの中で最も古かった。神秘的な空気はより濃く、誰もが心理の深いところで打ちのめされるような気分になった。神の降りてくる場所として、相応しく感じられた。

ソフィー
「ここがドルイドの本当の聖堂であり、最後の聖域です」
オーク
「こんな場所は初めて見ます」

 クリアリングに立ち入った瞬間、得も知れぬ峻厳な空気に打たれるのを感じた。ほんの一瞬、オークに取り憑いた鬼神が影を薄めた。

ソフィー
「秘密ではありませんが、修行を積んだドルイドでない限り、立ち入れない場所です。私もここで修行をしました。でも、その禁止も今日限りです」

 生き残った全ての僧兵が、クリアリングに集まった。その数、わずか百名。怪我していない者は1人もいなかったし、重傷の者もいた。誰もが疲労の限界を感じていた。しかしその顔に、諦めきれない闘気が浮かんでいた。
 最後の老師が一同の前に進み出て、全員の顔を見回した。

老師
「……いつかこの日が来ると思っていた。この時が。南の邪教が世界侵略のために手を伸ばし、ここも戦火で焼き尽くされる。その時がやってきた。これ以降は、魔法戦になる。今日のこの日が、われらの最後の戦いだ。僧達よ戦え! 邪教どもに一生消せぬ恐怖を刻みつけてやるのだ!」

 僧兵達が士気を奮わせて、声を合わせた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]