忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  ■


■2016/07/08 (Fri)
第14章 最後の戦い

前回を読む

11
 夜が明けると同時に、僧兵達の攻撃が中断された。とどまらず続いていた魔法の攻撃はやみ、刃を交えていた僧兵達は突然戦いを中断して遁走した。
 森から戦いが去り、唐突に静けさが包んだ。
 クロースの兵達は突然戦いが終わった状況にとまどい、剣を握りしめたまま、茫然と仲間同士顔を見合わせていた。
 そこに、僧侶の数人が兵士達の前に現れた。兵士達は警戒して武器を振り上げた。
 しかしドルイドたちは、身に武器を帯びず、殺気すらまとわず、たた頭を下げて、奥へ行くように促した。それから、ドルイドたちは闇に身を躍らせ、それきり影も気配も消してしまった。
 クロース兵はしばらくぽかんとしていた。いくら警戒しても、ドルイド僧の気配はどこにもない。伏兵が隠れている様子もない。クロース兵は慎重に進み、クリアリングまで到達したが、そこにもドルイド僧はいなかった。
 クロースの勝利だった。
 この一報は、ただちにリーフの許に届けられた。

兵士
「ドルイド僧が撤退しました。この先の広場まで、敵は1人もいません」
リーフ
「……そうか。……そうか。ハッハッハッ! 我々の勝利だ。他愛のない奴らだ。死ぬまで戦うかと思ったが、最後には尻尾を巻いて逃げおったか。ハッハッハッ!」

 というクロース軍も、残り僅か2000人。10分の1まで減らされていた。兵士の数を抽出すると、さらに少ない。
 リーフはもうわずかしない配下を引き連れて、密林の中心部へと向かった。
 いよいよ日の出の時刻を迎えて、森は青く浮かんでいる。森の獣も静まり返って、玄妙なる静寂が漂っていた。
 やがて進む先に、明るい光が落ちるのが見えた。

リーフ
「あれか!」

 リーフは歩を急がせた。クリアリングに入っていく。
 しかしそこで彼らを迎えたのは、文字通り何もない空間だった。ただそこに円形の空間が広がり、それに沿うように円柱が囲んでいる。中央に杖が1本、立ったまま浮かんでいた。

リーフ
「……なんだこれは。何もないではないか。どこだ! 書物はどこだ! ルーンはどこだ! 探せ。必ずどこかに隠しているはずだ。すぐに見付け出せ!」

 リーフが逆上した部下たちに命じる。
 その時だった。
 杖が青く輝いた。呼応するように、周囲の円柱も輝き始めた。空中に光のリングが出現した。リングは無数に現れ、ゆるく回転していた。リングに、ルーンが刻まれていた。

リーフ
「……おお見付けたぞ。やっと見付けたぞ。ルーンだ。あれを我が手に……」

 リーフは頭上で回転するリングに手を伸ばした。


 爆音が轟いた。凄まじい爆発だった。山脈全体が大きく揺さぶられ、土煙が火柱のごとく立ち昇った。大木が次々に倒れ、そこにいた全ての人間を飲み込んでいった。
 山の一角が瞬時に崩壊する爆発だった。そこに踏み込んでいた異教徒の全てを灰に変え、それを免れた者も大木と土砂の下敷きになって命を落とした。クロース兵の残り2000名は、この瞬間に全滅した。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]