忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1220]  [1219]  [1218]  [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  ■


■2016/07/11 (Mon)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

18
 川村はそれ以上に何も言わなかった。
 ツグミは川村が何か言うのだと思って、待った。答えを与えてくれる、と思って。
 しかしいくら待っても、川村は何も言わなかった。
 夕日が水平線に消えかけている。空の黄昏も消えつつあった。川村の背中も、夕日の輝きと同時に掻き消えそうになった。
 カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの絵画に出てくる登場人物は、みんな背を向けている。背を向けて、どこかへ行こうとしている。決して帰ってこないどこかへ……。
 今の川村の背中は、まさにフリードリヒだった。川村が背負う風景も、そこに漂う空気も、まさしくフリードリヒだった。絵の世界に間違って迷い込んだみたいだった。
 ツグミはどうしようもなく胸が締め付けられる気がした。川村の側へ行って、あの手を掴まないとどこかに行ってしまうと思った。
 しかしツグミは、川村に近付けなかった。川村の背中に人を拒む気配は全くない。なのにツグミは、絵の中に決して踏み込めないように、川村の背中に近付けなかった。
 代わりにツグミの目に涙が溢れた。ツグミ自身、どんな意味の涙なのか、わからなかった。ただ涙が溢れ頬に落ちた。
 そんな時、物音がするのに気付いた。自然の風景にはあまりにも不似合いな、車のエンジン音だった。
 ツグミは音が響いた方向を振り返った。海岸沿いの道は、すでに闇に落ていた。その闇を、2台の車がヘッドライトを点けて走っていた。
「川村さん、逃げて!」
 ツグミは川村を振り向いて叫んだ。きっと宮川の手下だ。どうやってこの場所を知り得たのかわからないけど、とにかく奴らは追ってきてしまった。
 だが、川村は動かなかった。川村の背が、風景と一緒に、ゆっくりと闇に溶け込もうとしていた。そのまま、いなくなってしまうような気がした。
「逃げる必要はない。むしろ、行ったほうがいい。決着をつけないとね」
「そんな無茶を言わないでください。川村さん、殺されちゃう!」
 ツグミは必死になって声を張り上げた。それでも川村に一歩も近付けなかった。
 車が山の麓で駐まった。バタン、とドアを閉める音が、広場まで這い上ってきた。
 ツグミはもう一度、願うような気持ちで携帯電話に目を向けた。しかしディスプレイに書かれているのは『圏外』の2文字だった。
 ツグミは川村に訴えようと、もう一度振り向いた。すると、先に川村の口が開いた。
「ツグミ。君が見付けるんだ。太一さんが僕に与えた役目だった。だけど君が果たすほうが、ふさわしい。太一さんも、きっとそれを望むはずだから」
 川村が言い終わると同時に、夕日が落ちた。
 夜が訪れた。
 ツグミは、なぜか川村の声が別の人間の声に聞こえた。あれは――そう、お父さんの声だ、と気付いた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1220]  [1219]  [1218]  [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]