忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/11/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  ■


■2016/07/01 (Fri)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

13
 バスが停留所に停まった。前方の扉が開くと、外から風の音が飛び込んできた。車道の車が水溜まりを跳ね上げる音が混じる。
 ツグミとヒナは、手を繋いで席を立った。バスの中を進み、ヒナが2人分400円を料金ボックスに入れた。
 ヒナを先頭にツグミはバスの外に出た。外に出ると、ツグミは冷たい風を感じた。雨粒の冷たさが、点々と体に当たった。ヒナの長い髪が、向かってくる風を受けて大きく広がっていた。
 降りた場所は端岡のバス停だった。標識柱が立っているだけの場所で、雨よけの屋根も、ベンチもない。バス停留所から少し進んだところに、歩道橋が架かっていた。
 雨はもうやんでいた。雲が急速に散り始めて、その隙間から光線が差しかけていた。風だけがまだ勢いが強く、湿り気を乗せてびゅうびゅうと音を立てて吹いていた。
 バスがドアを開けて動き出した。バスの後ろで滞っていた車も、同時に動き出した。
 トヨタ・ブレイドはバスの2台後ろまで接近していた。ツグミとヒナはトヨタ・ブレイドを待ち受けた。
 トヨタ・ブレイドがバス停の側で停まった。トヨタ・ブレイドの中から男が2人、出てきた。
 1人は長い髪を後ろになでつけた男だった。もう1人は国分駅で見かけた、あの男だった。
 2人の男たちは、目の前に立たれると、見上げるほどに背が高かった。それに迫力が凄まじく、より巨大な存在に感じられた。
 ツグミは毅然としていようと、ヒナと並んで立っていた。が、ヒナがツグミを庇うように前に立った。
「ツグミ、もう行き。後は私が何とかするから」
 ヒナが振り返った。押し殺した声だったけど、ツグミに有無言わせない迫力があった。
 ツグミはほんの一瞬、決心が揺らいだ。ヒナを1人だけで残していきたくなかった。
 しかしツグミは自分の役割を理解していた。どうするのが一番賢明なのか、理解していた。ツグミは迷いを押し込んで、ヒナに応えるように頷いた。
 ツグミは目の前のものを振り切るように、踵を返した。胸の中で自分の役目と想いが対立するのを感じた。振り返ると、意思が挫けそうだった。
 だから、ツグミは決して振り向かない、と心に決めて歩道橋に向かった。
 すぐにツグミの背後で動きがあった。
「どこへ行く! 待て!」
 男の声だ。明らかにヤクザの喋り方だった。
 男の声がツグミを捉えるような気がした。ツグミは振り向かず、声に逆らうようにひたすら杖を突いて進んだ。
 背後でヒナが動く気配があった。多分、男の前で立ちふさがった。
「あの子はもう関係ない。川村さんの居場所が知りたいんやろ。それなら、ここに書いてある。フェルメールの本物なら私にでも鑑定できる。私がいれば充分やろ。あの子は家に帰したって」
 ヒナがヤクザに負けない勢いで、啖呵を切った。多分、偽のデューラーの『自画像』を提示して言っているのだろう。
 結局、ヒナにばかり辛い目に遭わせてしまっている。助けられてばかりだ。ツグミはヒナに謝りたかった。振り返って、ヒナを助けに行きたかった。
 しかしツグミは全てを飲み込んで、ただ前だけを見詰めて足を進めた。今は最優先にすべき目的があった。
 ようやくツグミは、歩道橋の前までやってきた。手摺りを掴んで、右脚の片足跳びで階段を登った。危険登り方だったが、早く登りたかった。
 背後の気配は、まだ何か言い合っているみたいだった。それも収束に向かっていた。
 歩道橋を登り切ったところで、背後で「バタンッ」と閉じる音がした。ツグミはハッと振り返った。
 ヒナの姿がどこにもなかった。男2人の姿もなかった。あったのはトヨタ・ブレイドだけだった。
 トヨタ・ブレイドのエンジンが低く唸り、発車した。トヨタ・ブレイドはそのまま進み、歩道橋の下をくぐった。
 行ってしまう!
 ツグミは、心の中で悲鳴を上げた。歩道橋の反対側に飛びついた。トヨタ・ブレイドが走り去るのが見えた。ツグミはトヨタ・ブレイドの行方を追いながら、歩道橋の端まで進んだ。
 トヨタ・ブレイドが左折して、脇道に入っていくのが見えた。琴平駅は反対方向だから、脇道に入ってUターンするつもりだ。
 それきりトヨタ・ブレイドは見えなくなってしまった。ツグミはしばらく茫然と、トヨタ・ブレイドが去った脇道を見詰めていた。
 ツグミも区切りを付けられた気がした。踵を返し、歩道橋を降り始めた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1209]  [1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]