忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  ■


■2016/06/26 (Sun)
第14章 最後の戦い

前回を読む

 目の前の煙を振り払いながら、オークは突き進んだ。煙の向こうに敵を見付け、オークは剣を振り上げた。
 クロース兵はオークの剣に応じようとした。が、その凄まじい形相を前に固まってしまった。兵士の目には、人間ならざる者が映っていた。
 オークは容赦なく剣で薙ぎ払った。鋭い一閃が嵐のように吹き抜けていく。
 戦闘の熱風があちこちで吹き乱れていた。向こうの茂みで、オークから戦術を学んだ僧兵達が燃える丸太を滑り落としている。
 オークは辺りを見回していた。狂戦士のように目を血走らせて、戦闘を求めていた。
 窪地から敵が飛び出してきた。刃がオークの背中を狙う。
 が、信じられない事態が起きた。オークの体が剣を弾き返した。まるで、鋼を打ったように、威力が跳ね返った。
 兵士はあまりの現象に、何が起きたかわからず茫然とした。オークは振り向き、剣を振り上げた。恐るべき筋力で、頭から真っ二つにした。激しく血が噴き出し、オークの全身に降り注いだ。
 オークの背中から血がしみ出していた。剣で斬られて無傷でいられるはずがない。兵士に斬られたそこから、血が溢れていた。
 だがオークは痛みを感じていなかった。オークは戦闘そのものだった。その魂が戦闘の熱気と同化していた。オークは次なる戦いを求めて、硝煙が濃く立ち上る中へと入っていった。




 戦闘のはるか後方で、高僧達が輪になって呪文を唱えていた。高僧達の中心に、ソフィーがいた。
 しばらくして、魔方陣を中心に竜巻が巻き起こった。呪文が輪唱のように重なる。ソフィーが呪文を唱えつつ、杖を頭上に掲げた。光が走り、魔法のリングがいくつも現れて折り重なった。光はすっと頭上へと立ち上り、光の輪が山脈全体を包み始める。ソフィーの清らかな歌声が、山脈全体に轟いた。
 山脈はゆるく振動を始めた。次にクロース陣営の中心で、兵士達の足下がぐらつきはじめた。
 地震か。いや足下を見ると、無数のルーンが現れていた。ルーンが土の中に消えると、突然大地が跳ね上がった。土と石で作られた巨人が出現した。ゴーレムだ。

クロース兵
「うわ! 何だ!」

 ゴーレムは高さ3メートル。足はなく地面の土と繋がっていたが、その圧倒的な巨体と、太い腕は、敵を怯ませるのに充分な存在感だった。
 突如現れた異形の戦士に、クロース兵たちに混乱が広がった。あまりの驚きに、攻撃を忘れてしまった。
 ゴーレムはそんな兵士達に拳をぶつける。兵士の列が一気に薙ぎ倒された。
 クロース兵達は、すぐに我を取り戻して反撃に転じた。ゴーレムは向かってくる兵士も騎馬も、次々と叩き潰した。
 槍や矢を打ち込むと、ゴーレムの体はもろく、ボロボロと崩れた。だが魂なきものの体力を奪うことはできず、ゴーレムは元の土塊に戻るまで、戦い続けた。
 ゴーレムは1体だけではなく、いくつも出現した。全部で12体。ゴーレムの攻撃は、鉄壁に思えたクロース陣営を混乱に陥れた。

クロース兵
「あれだ! あの呪い師を止めろ! 妖術を止めるんだ!」

 クロースの陣営に、ソフィーの祝詞の声が満ちていた。その声の主が、はるか上の広場で歌っているのが、下から目視できた。そこが魔法の光で、際立って輝いていたから、瞭然だった。
 ただちに弓兵が矢の攻撃を始めるが、ほとんどが僧兵の魔法の防壁に防がれるし、それにどんな大弓でもあそこまで矢を到達させられなかった。
 次にクロース達はカタパルトを持ち出してきた。兵士達の列を掻き分けて、カタパルトが押し出される。装置の準備が始まり、振り子の先に石塊が置かれた。
 だが虎の子カタパルトの攻撃も充分ではなかった。投石はその手前に落ちた。ドルイドの僧兵を薙ぎ倒す。
 それで、魔術の壁が消えた。今度こそ長弓の達人が弦を引いた。矢がドルイドの防壁網を潜り抜けた。ソフィー達のいる広場へと突き進む。


 ソフィー達は呪文の詠唱に深く集中していて、矢の接近に気がつかなかった。

修行僧
「ソフィー様、危ない!」

 側で守っていた少女がソフィーを突き飛ばした。
 矢が少女の胸を貫いた。
 瞬間、ソフィー達を覆っていた魔法の光が消えた。

僧侶
「ソフィー様!」

 ソフィーははっとした。広場に矢が雹のごとく降り注いだ。ソフィーはとっさに魔法の防壁を貼り込んだ。だが充分ではなかった。矢は広場の土をえぐり取った。
 ようやく矢の猛襲が終わった。ソフィーは辺りを見回した。老師達が矢の攻撃を受けていた。側に、自分が救ってくれた少女が倒れていた。
 ソフィーは慌てて少女を抱き上げた。全身に矢を浴びて絶命していた。後頭部から矢が深く刺さっていて、眼球がポロリと落ちてその向こうに矢尻の先が見えた。

ソフィー
「なんてこと。なんてこと……」

 ソフィーは動揺して、少女に顔を埋めて泣いた。
 そこに、次なる矢の一撃が迫った。ソフィーはどうしていいかわからず、茫然と見上げていた。
 老師が飛び出した。魔法の盾が現れた。だが矢の1本が盾を突き抜けた。老師の膝に突き刺さる。老師は耐えきれず膝を着いた。

ソフィー
「老師様!」
老師
「ソフィー。今は戦いの時だ。涙は後にしろ!」
ソフィー
「でも……でも……」
老師
「ソフィーよ、戦場を見よ。死んだ者はその子供だけか。多くの者が死んでいる。敵も、味方も。我々は人殺しの最中だ。殺さねば、勝利することも生き残ることもできんのだぞ!」
ソフィー
「……わかりました」

 ソフィーは涙を拭って押し留めると、側に控えていた少年の僧に、少女の骸を預けた。
 見ると、矢の攻撃で多くの老師達が倒れていた。ゴーレムは元の土塊に戻っていた。敵陣営の混乱はすでに治まっていて、再び攻撃に転じようとしていた。
 ソフィーは次なる魔法のために、杖を振り上げた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]