忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  ■


■2016/06/21 (Tue)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

 ツグミは電車に乗ると、そのままヒナの掌を握った。
「ヒナお姉ちゃん、今、誰かが……」
 ツグミはヒナを見上げて見たものを伝えようとしたが、恐怖で言葉が詰まってしまった。
「わかってる。あいつら来たんやな」
 ヒナは優しい口調で、ツグミに囁いた。そうして、窓の外を警戒するように覗いた。
 ツグミも窓の外を振り返った。電車が加速を始めて、プラットホームの風景が後ろに流れていく。プラットホームにはぽつぽつと人がいるだけで、さっきみたいな感じの人はいなかった。
 電車はすぐにプラットホームを離れ、雨の中を進み始めた。白く曇る窓は斜めの雨粒を映すばかりで、何も見えなくなった。
「大丈夫や。ツグミは座っとき」
 ヒナはツグミの頭を撫でて、宥める調子になった。ツグミはヒナに頷いて返した。
 ツグミはどこに座ろうかと辺りを見回した。そこで、ようやく車両の中に人がいるのに気付いた。サラリーマンや親子連れだ。広い車両内を数えても、10人にもならない人数だった。
 ツグミは急に恥ずかしくなって左掌で顔を隠した。こんなに人がいるところで、動転して声を上げてしまったなんて……と今さら思った。といっても、ツグミの様子を気にかけている人はいない。しかしツグミは、1人で座っているとさらにいたたまれない気持ちになりそうなので、立っていることにした。
 ヒナは座席に座らず、扉の上を見ていた。ツグミは気分を変えたくて、顔を上げた。
 扉の上に電車の路線図があった。ヒナは路線図をじっと見ていた。
 電車の路線図は、四国の海岸沿いをなぞっているだけだった。路線図は愛媛県に入りかけたところで途切れていた。ちょっと見ただけでも、現在地がどこで、どこに向かっているのか一目でわかる路線図だった。
 ツグミはもっとしっかり路線図を見ようと、一歩前に出て背伸びをした。
 すると路線図の中に、気になる駅名を発見した。
「国分……。ヒナお姉ちゃん、国分や。国分で降りよう」
 ツグミは興奮しかけていたが、それでも声を潜めながらヒナに訴えた。さっきのような失敗はするまい。
「どういうこと?」
 ヒナは不思議そうにツグミを振り返った。
「川村さんな、岡山で『国分』って名乗ってたんや。『国分徹』。多分、そのまんまの意味や。国分駅を通れって」
 ツグミは岡山でのできごとを短く伝えた。
 ヒナは納得したように頷き、もう一度路線図を見上げた。
 電車は間もなく国分駅に到着した。扉が開く。扉の前に待機していたツグミとヒナは、すぐに車両から降りた。
 国分駅の様子は、寂れているというしかなかった。周囲は古い木造住宅ばかりで、ちょっと向こうに行けば、山が立ちふさがっていた。典型的な田舎の風景だ。
 プラットホームには小さな休憩所が1つあるだけだった。ボロボロに錆びたトタン屋根をとりあえず備えているだけのような場所だった。その下に、木造のベンチが1つ置かれていた。
 雨はさっきよりだいぶ緩くなっていた。細くなった雨が、強い風にかき乱されていた。空は相変わらず雲が厚く被さっていて、まだ昼過ぎだというのに夕暮れのように暗かった。
 プラットホームに人影はなかった。駅員の姿もない。広告看板すら立っていなかった。
 ツグミは途方に暮れる気分だった。自分の考えは的外れだったのだろうか。
 するとヒナが、いきなりツグミの肩を掴んだ。
「ツグミ、あれを見て!」
 ツグミはびっくりする感じで、ヒナが指している方向を振り返った。
 休憩所だった。その休憩所のベンチに、板画が1枚、立てて置かれていた。まるで置き去りにされているような感じだった。
 板画に描かれているのは、アルブレヒト・デューラー(※)の『自画像』だった。
 ツグミは休憩所の中に杖を突いて入った。デューラーの自画像に近付き手に取った。
 間違いない。川村さんの作品だ、とツグミは直感した。川村さんが残していった作品……いや手掛かりだ。
 とそこで、またヒナがツグミの肩を掴んだ。ツグミは、まずヒナを振り返った。
 ヒナは顔に緊張を浮かべて、線路を挟んだ向こう側の駅舎を見ていた。そこに男が1人歩いていた。
 男は異様に背が高かった。体格がよく、顔面まで筋肉みたいな顔をしていた。一目見て、一般人ではない気配を放っていた。こちらを凝視するように見ながら、駅舎の出口を目指していた。
 宮川の追っ手だ。いつの間にか追いつかれたのだ。
「ツグミ、駅を出るで」
 ヒナはデューラーの板画を引き受けると、ツグミの手を掴んで走り始めた。駅舎まで走り、駅員に投げるように切符を渡した。

※ アルブレヒト・デューラー 1471~1528年。ルネサンス期に活躍した、ドイツの画家。銅版画の技術は、現在でも並ぶ者なしと言われるほどの神技。『自画像』は1500年の作品。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]