忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  ■


■2016/06/17 (Fri)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

 次のT字路を左に曲がる。比較的賑やかな界隈へと入っていく。右手の歩道に背の高いビル群が現れる。しかしやはり人通りは少ない。通りを歩く人達は、勢いを増す雨と風に、傘を差したり、雨宿りをする場所を探して走ったりしていた。
 雨はどんどん強くなっていった。フロント・ガラスに打つ雨が激しく、ワイパーで掻き分けても一瞬のうちに無数の波紋で視界を覆った。周囲の風景は雨に溶け始めていた。すでに下水の水が溢れ返っている。
 町の騒音は、小波のような雨の音に飲まれていった。雨が強くなる一方で街は静まり返っていた。
 やがて次の信号がやって来た。ダイハツ・ムーブが信号の前で停車する。といっても、横断歩道を渡る人はない。ヒナは慎重に左右を見て、川村らしき人影を捜していた。
 歩道側の信号が点滅する。正面の信号が青に変わった。ダイハツ・ムーブが発進する。
 バシュッ!
 その音は、水量の増えた濁流が、小さな堤を破壊する音のようだった。ふとすると雨の音に紛れてしまいそうな音だったが、異質感を持って体に感じるような気がした。
 ヒナが慌てるようにアクセル・ペダルを踏んだ。ダイハツ・ムーブがブォォォと低い音を鳴らす。しかし音は空回りするばかりだった。ダイハツ・ムーブは速度を上げず、ゆるやかにスピードを落としていった。
 ツグミは何が起きたかを察して、運転席のコクピットを覗き込んだ。計器類の中央で、ガソリン・スタンドを示すマークが点滅していた。
「アカンわ。この辺りで停めるで」
 目の前の角をヒナは右に曲がり、細い路地に入っていった。歩道に沿ってパーキング・メーターが立っているのが見えた。
 ダイハツ・ムーブはゆっくり速度を落としていった。あと少し、ぎりぎりというところで、駐車スペースに車を駐める。
 ヒナはすぐにダイハツ・ムーブの外に出た。まずパーキング・メーターにコインを入れて、車の正面に回り、ボンネットを跳ね上げた。
 ツグミは車の中に取り残されて、不安な気持ちになった。外の雨は、かなり強い。ヒナは1人で大丈夫だろうか、と心配になった。
 ツグミは、目の前に立ち上がったボンネットを見詰めていた。ヒナは何か点検しているらしいが、ツグミからはメタル・ベージュのボンネットしか見えなかった。
 ふとツグミは、嫌な気配を感じた。まるで銃口でも突きつけられているような、冷たい感触だった。
 ツグミは左の窓を振り返った。まさにその時、ダイハツ・ムーブの横を、トヨタ・ブレイドが横切った。
 トヨタ・ブレイドの運転席に、長髪の男が座っていた。長い髪を無造作に後ろに垂らしていた。その男が、間違いなくツグミを見ていた。
 ツグミは長髪の男と目が合った瞬間、体の中を探られたような、気持ち悪さを感じた。
 いきなり正面からバンッと音がした。ヒナがボンネットを閉じたのだ。
 ツグミは引き戻されるようなものを感じて、正面を振り返った。しかし恐怖感だけが残った。ツグミは恐怖感を抑えられず、運転席を這って進み、ドアを開けた。
 ヒナは今度はダイハツ・ムーブの後部車輪の前まで進み、屈み込んで裏側を覗き込んでいた。服がもうすっかり雨に濡れていた。
 ツグミは杖を突いて、車から降りた。すると急にバランスが崩れて、車にもたれかかってしまった。足下が、波の上にいるようにぐらついた。
「ヒナお姉ちゃん、今……」
 ツグミは車に手をつきながら、ゆっくりヒナの側に向かおうとした。
 その時に、ツグミは車の後ろに点々と液体が漏れているのに気付いた。雨で地面の色が濃くなっているけど、明らかにそれとは違う、油っぽい照かりを浮かべていた。
 ヒナがすっと立ち上がった。ヒナはツグミを見て、首を左右に振った。
「あかん。やられた。ガソリン、全部漏れとう」
 ヒナの全身はすっかり雨で濡れて、口から漏れる息が白く固まった。
 ツグミはヒナの報告に、心臓を掴まれるような気分になった。とっさにあのトヨタ・ブレイドが頭に浮かんだ。あの男だ、と。
 ヒナはツグミを押しのけるようにして、運転席のドアを開けた。ヒナは、ダッシュボードの上に置かれた地図帳だけを手に取った。それからキーを抜いて、ドアを閉めた。
「ツグミ。ここから歩いて行くで」
「でも、どこに行くん?」
 ツグミは気持ちの整理ができず、ヒナに問いかけた。
 ヒナも答えに詰まって、辺りを見回した。すぐにヒナの目線がある一点に定まった。
 ツグミもヒナを同じ方向を振り返った。通りを真っ直ぐ行ったところに、開けた場所があった。そこに全面ガラス張りの、大きな建物があった。JR高松駅だ。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]