忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/04/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  ■


■2016/06/12 (Sun)
第13章 王の末裔

前回を読む

11
 避難民の行列は長く長く続いた。
 流浪の旅は万全の態勢で出発したわけではないので、食糧は常に不足しがちだったし、不眠不休の移動に、年老いた者や病人がその最中に倒れた。
 やがて人々は、疲労と悲壮感が混じり合った暗い顔を浮かべるようになった。
 だが歩みを止めるわけにはいかなかった。1度クロースの追撃を受けた。その時は大きな被害を出さず追い払えたが、予断の許さない状況は続いた。
 行列は荒れ野へと入っていく。道はなく、人の住み処のない荒涼とした地域を進んでいく。
 5日目に入り、ついに行列は足を止めた。行く手に海が見えたからだ。
 もうそれ以上には進めない。旅を諦めて、人々はテントを作った。オークは炊き出しを始めて、皆に食べ物が分配するように配慮した。
 兵士が見張りに立ったが、襲撃者の姿はしばらく見えない。それでもそこは住むにも守るにも不向きな場所で、平和を築ける場所とは思えなかった。
 そんな生活が2日目に入り、オークはセシル王の危篤を聞いた。


 知らせを聞いて、オークがセシル王のいるテントに飛び込んだ。セシル王は、まだ息があった。しかし医者も僧侶ももう手を尽くした後で、セシル王の死への歩みを誰にも留められない状態だった。みんな手を止めて、それぞれで運命を受け入れようと暗い顔で俯き、すすり泣いていた。
 死の時が訪れていた。無理な旅を続けた挙げ句、荒野の冷たい風が王の死期を早めたのは間違いないが、それは数日か数刻早いか長引くかの問題でしかなかった。
 オークはセシル王のベッドの前へ進み、膝を着いた。王の両目は塞がれたまま、ついに開かれなかった。毒を塗られた全身の傷跡は生々しく、膿を吹き出し、包帯を巻き付けても出血は止まらない。もう身動きできず、ただ喉の奥で息をしているだけだった。
 オークはセシルの掌を握った。目に涙が浮かぶ。

オーク
「……セシル様。私です。オークです。……あなたの弟のオークです」
セシル
「…………」

 セシルにかすかな反応があった。呼吸がわずかに乱れた。

オーク
「ダーンウィンが私の血筋を証明しました。私はヴォーティガン王から生まれた、あなたの弟です。……私を感じますか。あなたの目には闇しか映らないでしょう。だから私を感じてください。……ここにいると。――兄上」

 その時、力のないセシルの掌が、オークの掌を握り替えした。

セシル
「……オー……ク」

 力のない弱い声だった。誰もが耳を澄ませて、証人になろうとした。

オーク
「――はい」
セシル
「ヴォー……ティ……ガ…ン……を……つ…げ……。お……ま……え……が……さ……い……ご……の……王…だ」

 それが最後の言葉であった。セシルの息が絶えて、掌から力が消えた。

オーク
「……はい」

 セシル王。享年29歳。即位から1年目の死だった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]