忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  ■


■2016/06/14 (Tue)
第13章 王の末裔

前回を読む

12
 荒れ野にゆるく雨が降り始めた。
 王の死は人々に伝えられ、テントの周りが嘆きに包まれた。泣くまいと決めていた者も、雨に濡れた振りをして泣いた。
 人々に見守られながら、セシルの遺体が棺に入れられて運び出された。棺は簡素で、遺体は傷が隠れる程度に化粧が施されていた。その胸には、木剣が握らされていた。
 ソフィーが死を慰める祝詞を唱え、その後、遺体は土葬にされた。
 全てが終わると、天が見守っていたように雨を止めた。

オーク
「……ヴォーティガンを引き継ぎます。兄上の遺言通りに。鍛工師に王冠を作らせてください」

 オークの宣言に、誰も異を唱えなかった。皆が証人だったし、誰もがオークこそ王に相応しいと考えていた。
 2日後、荒れ野で戴冠式が行われた。鍛工師に作らせた王冠は粗末なリングでしかなかった。儀式も質素を極めていた。オークは僅かな忠臣だけを集めて、ソフィーが儀式の進行役を務めた。
 ソフィーは儀式用の祝詞を唱え、新たな王の戴冠の可否をすべての精霊に訊ねた上で承認し、オークの頭に王冠を置いた。
 その場面を、荒れ野にいた全員が見守っていた。日々の仕事を滞らせないように、オークは呼びかけをしなかったが、荒れ野にいた全ての人々がこの瞬間を見ようと集まっていた。オークの頭に王冠が載せられた時は、希望なきこの場所に、ささやかな祝福の拍手に包まれた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]