忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  ■


■2016/06/09 (Thu)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

 それもやがて納まった。みんな客船に上がってしまって、車両デッキからは人影が消えた。車両デッキ内は孤独に波の音を響かせていた。
「そろそろ、出ない?」
 ツグミはヒナを振り返って、提案した。ツグミは甲板に出て、波の様子や離れていく港の風景を眺めたかった。
「そうやね。客船に行こうか、ツグミ」
 ヒナは緊張を解いて同意した。どうやらここには危険はなさそうだ、と判断したらしい。
 ツグミは車から飛び出すようにみたいに降りた。それからトレンチコートに袖を通す。ヒナも財布などをチェックしてから、運転席を出た。
 ツグミは杖を突いてヒナの側に進んだ。ヒナはツグミが近付くと、掌を握ってくれた。
 車両デッキの右側の端に階段があった。揺れが大きいので、ツグミはヒナに補助してもらいながら、ゆっくり階段を登った。
 階段を上がって客船に出ると、一気に視界が広がった。客船は仕切りのない大広間で、全ての面が窓ガラスになっていた。客船の前方部分は、正面を向いたソファが並んでいて、進行方向がゆっくり見られるようになっていた。後方部分は対面式のソファが並んでいる。
 客船の中央スペースに、上に繋がる階段があった。階段の脇にはミディアムタイプのゲーム筐体が設置されている。ゲーム筐体には電源が入っていないようだった。
 人の数は少ない。10人くらいだろう。広い空間に10人だから、ぽつぽつと人影があるだけだった。
 客船の中は静かで穏やかな雰囲気だった。時々、ふっと誰かの笑い声が聞こえる程度だった。平和そのものの風景だ。
 ツグミは客船前方方向に行って、窓の外の風景を眺めたかった。コルリと一緒に来ていたら大はしゃぎで飛びついていたと思う。でも、今はそういう気分を押さえて、ヒナと手を繋ぎながら客船後部に向かった。
 客船の隅のほうに、円テーブルが置かれたソファを見付けて、そこに並んで座った。
 ヒナはコートを脱いでテーブルの上に行くと、また席を立った。ツグミはヒナのコートを畳んで直しながら、なんだろう、とヒナを振り返った。ヒナは売店へ行き何か買っているようだった。
 間もなくしてヒナが戻ってきた。買ってきたものをテーブルの上に広げ、ツグミの隣に並んで座った。パンやサンドイッチや紙パックジュースだった。そういえば朝食も昼食もまだだった。
 ツグミはサンドイッチを頬張りながら、窓の向こうに見える四国の島を眺めた。
 四国の島は重い霧に包まれて、暗いシルエットになって浮かび上がっていた。ふとツグミは不吉な心地になってしまった。四国の島に、アルノルト・ベックリン(※)の『死の島』を連想していた。

※ アルノルト・ベックリン 1827~1901年。スイスの象徴主義の画家。『死の島』は墓地のある小さな孤島を目指す船を描いた作品だが、アルノルトは同じ題材で5点も描いている。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]