忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/31 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  ■


■2016/06/06 (Mon)
第13章 王の末裔

前回を読む

 その時の集まりはそのまま解散となった。
 オークは家の外に出て、1人きりになった。しばらく考えたかった。
 夕暮れの時刻になり、村のあちこちで焚き火が燃やされていた。子供達が騒ぐ声がしている。避難してきた人達は、一応の落ち着きを取り戻しつつあったようだった。オークはその様子を見て、少し安心した。
 夜が訪れて、静かな時間になった。オークはさらに深い思考の中に沈んでいた。時々、背後に気配がするのを感じた。自分を気遣う誰かだろう。
 オークは、ダーンウィンを持ち出して外に出た。改めて自分の目で、ダーンウィンをじっくり眺めた。
 オークは今一度決意を改めて、その柄を握った。
 ――火は放たれなかった。
 オークは鞘を払い、目の前の石に、とん、と切っ先を置いた。すると石は、2つに割れてその断面に赤い熱を残した。それは紛れもなく、ダーンウィンが本物である証だった。

ソフィー
「……運命を受け入れるのが恐いですか」

 振り返るとソフィーが立っていた。

ソフィー
「あなたは普通の人間にない多難な運命を背負って生まれたのです。あなたはそのほとんどを受け入れながら、ここまで進んできました。なのに、どうしてその1歩だけ躊躇うのですか」
オーク
「……私は、これまで国のために戦っていました。王国の騎士として、主君を守ってきました。古里を捨ててからは、国を古里と思い、働いてきました。なのに、突然王であると言われても……。まるで、王を押しのけるようで、気が進みません」
ソフィー
「あなたは誠実な人です」
オーク
「本当の私など、誰にもわかりません。オークなのか、ミルディなのか。ウァシオなのかも知れない……」
ソフィー
「そんな名前を出さないでください。……ねえ、オーク様。自分を信じて。あなたは王座を横から奪うような人ではありません。あなたは王座に戻るのです。国という、古里に」
オーク
「でも私は臣である以前に、人の子です。国というよりも、ただ1人の女性を愛する者として生きたいのです」
ソフィー
「私もあなたを愛しております。あなたを思うと、いつも胸が苦しくなります。でも、ご覧なさい。ここに集まってきた人々を。みんな、あなたを慕い、頼りにしてきたのです。あなたが王であるからではなく、あなたという人物そのものを愛しておられるのです。あなたは血が選んだ王や、剣が選んだ王である以前に、人々から選ばれた王なのです」
オーク
「……これまで国を守るために多くの人が命を落としました。王とはその犠牲の全てを背負って、王という義務を果たす者のことです。……私にはあまりにも重い。しかしここに集まってきた人々の命は、私が背負いましょう。それが私に今できることです」
ソフィー
「…………」

 ソフィーが微笑んだ。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]