忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/31 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  ■


■2016/06/03 (Fri)
第6章 イコノロギア

前回を読む

19
 そんな時、電話が鳴った。夜明け前の5時という時間だ。時ならぬ電話だ。
 こんな時間にいったい誰が……。アトリエにいた全員が、緊張した顔で振り返った。まさか宮川がもうここを嗅ぎつけたのか。
 電話はアトリエではなく、隣のキッチンにあった。壁の向こうで、頼子が電話機を取る気配があった。
 頼子が電話の相手とやりとりしている。壁の向こうだから、話し声までは聞こえない。
 また頼子の気配が動いた。頼子はそっとドアを開けて、アトリエを覗いた。手に子機を持っていた。
「光太さん、警察から」
 頼子は、子機の送話口を押さえながら、光太に遠慮がちに呼びかけた。光太と頼子は子供もいないから、今でも仕事していたときの通りに呼び合っている。
 光太がヒナを振り返った。「どうしよう」と言いたげだった。
「出てください。でも、私たちはいないっていうことにしてください」
 ヒナは小声で光太に注文した。光太は少し考えるふうにしてから、了解して頷いた。
 その間に頼子が光太の側にやって来た。光太は頼子を振り返って、子機を受け取る。
「光太ですが……」
 光太は緊張で顔が引き攣っていたが、話し方はうまく律していた。光太と電話のやりとりは、しばらく続いた。
 唐突に、光太は「本当ですか!」と声を上げた。それからは電話にかじりついて「うん、うん」と頷くばかりだった。
「わかりました。すぐに、そちらに向かいます」
 ようやく光太は電話を終えた。
 電話の要件は何だったのだろう。ツグミは情報が欲しくて、身を乗り立たせていた。ヒナも同じように1歩前に出ていた。
「警察からや。コルリが救出されたから、来てくれって。家族に連絡がつかんから、俺んところに掛けてきたそうや」
 光太が振り返って、ツグミとヒナを交互に見た。光太の顔は緊張していた。ヒナは少しほっとしたような顔をしていた。
「コルリのところには、叔父さんだけで行ってくれませんか。私たちは、まだ警察の前に姿を見せるわけにはいかないんです。事件を本当に解決させられるチャンスですから」
 ヒナはほっとした顔から、すぐに毅然とした表情を戻した。
 ツグミは何となく杖を左手に持って、ヒナの左掌を握った。ヒナの掌はひどく冷たかった。
 ヒナは隠していた心情を気付かれたみたいな顔をして、ツグミを振り返った。ヒナは「大丈夫だよ」と微笑みかけた。ツグミはそんなヒナから目を逸らしてしまった。
「すまんな。こういう時にこそ、男が従いていってやらなあかんのに」
 光太は申し訳なさそうにうつむく。
「大丈夫です。この子は私が守りますから。あの、頼子さん、コート貸してくれます?」
 ヒナは頼子に向かって、何か羽織るような仕草をした。
 そういえばヒナはワイシャツにスラックスという格好だった。冬を前にした今頃では、少し薄着だ。
 頼子はすぐに了解して、アトリエから出て行った。
 ツグミはもう一度、ヒナを振り返った。「ヒナだって、女の子なのに」と抗議したくなった。
 しかしツグミは反論を口にしなかった。簡単にやりかえされそうだった。ヒナから見れば、ツグミはまだまだ子供なのだから。
「ツグミ、行こうか」
 ヒナはツグミを振り返った。ツグミは気分を改めて、口の両端に力を込めて、ヒナに頷いて返した。
 ツグミとヒナは、アトリエを後にした。光太が見送りに従いてきた。ツグミとヒナは廊下を横切って、玄関まで進んだ。
 ツグミはヒナに補助してもらって、上がり口を降り、靴を履いた。
 そこで2階から頼子が、急ぎ足で降りてきた。頼子はコートだけではなく、色んなものを両手に抱えていた。
 頼子が玄関までやってくる。頼子は、まずヒナにセーターとダッフルコートを手渡した。ツグミには毛糸の手袋を差し出した。ツグミとヒナは頼子にお礼を言って、受け取ったものを身につけた。
「叔父さん、コルリのほうはよろしくお願いします」
 準備を終えると、ヒナは改まった感じで頭を下げた。光太はヒナの決意を受け入れるように、深く頷いた。
 ヒナが踵を返した。ツグミはその後に従いて行こうとした。が、ツグミは思い付いて、もう一度、光太を振り返った。
「叔父さん、ルリお姉ちゃんが目を覚ましたら、伝えてください。『仇は取ってやる』って」
 ツグミにとって、それが決意表明みたいなものだった。
 光太はそれとなくツグミの気分を察したらしく、頷いた。口の端が、ちょっと笑っていた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]