忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  ■


■2016/05/31 (Tue)
第13章 王の末裔

前回を読む

 イーヴォールたちは3日後、隠里に帰還した。オーク達がすでに戻っていて、なにやら事件だというふうに人々が話し合っていた。

イーヴォール
「どうした? 何があった」
兵士
「イーヴォール様。お待ちしておりました。急いでください」

 ただちに兵が応じて、イーヴォールをオーク達がいる家へと案内した。
 その間に、兵士はおおよそのあらましを説明した。オークがダーンウィンの柄を握って無事であったという話を。
 オーク達のいる部屋に入ると、彼の忠臣達が集結していた。しかし訳のわからない事態に、みんな神妙な顔をしていた。

イーヴォール
「オーク。話は聞いた。本当か」

 オークは沈思黙考に沈んでいて、話しかけられてようやくイーヴォールの存在に気付いたというふうに席を立った。

オーク
「ダーンウィンは奥に保管しています。できれば、あなたの目で検分をお願いしたい」
イーヴォール
「もちろんだ」

 ダーンウィンが台座に置かれて運ばれてきた。盗まれないようにするためではなく、誤って柄を握らないようにするためであった。
 イーヴォールは聖剣を手に取ると、柄をじっくり眺めて、次に鍔を手に取り、慎重に鞘を抜いて、錵と刀のきめを、一つ一つ逃さず丹念に調べた。
 その後、かつてダーンウィンを見た経験のある者、一度でも城の保管室を訪ねたことのある者が集められ、順々に剣を検分した。
 その見解は、判を押したように同じものだった。

兵士
「この柄の彫りは、容易に贋作を作り出せるものではありません。それにこの刃に描かれたルーンの文字。刃のきめ細かさに、太古の霊力が残っております。それに斬った者に火を放つ特徴など、ダーンウィンにおいて他にありますまい。これを握られる者は王族だけ。――オーク殿、そなたは王家の血を引いております」

 しかしオークは、困惑した様子で頭を振った。

オーク
「どういうことです、イーヴォール」
イーヴォール
「私にも見当がつかない。ダーンウィンを握れる者はケルトの中でもたった1つの血筋の者だけだったはずだ。例外は絶対にない。それを握ったという事実が、それを明白に示している。――ただ……」
オーク
「なんですか?」
イーヴォール
「王城でお前と再び会った時、妙な感じを受けた。以前会った男とどこか違う。それにオークという名前……。オーク。いま再び聞こう。そなたに名を与えたという僧侶は、いったい誰なのだ」
オーク
「――それは、ソフィーです」

 部屋にいた全員がソフィーを振り返った。

イーヴォール
「そなたであったか!」
ソフィー
「わ、私は……」
オーク
「私は魔物にかつての名前を奪われ、それを切っ掛けに旅をしました。その最中、偶然出会ったのがソフィーです。ソフィーは名前のない私に、オークの名前を与えてくれました。確かにセシル様にはオークという名前の弟がいたそうです。しかし、私には母がいます。名前が同じなのは、何かの偶然としか……」
ソフィー
「…………」
イーヴォール
「しかし剣がそなたを選んだ。そなたが持つべき者であると。この剣は王の血筋しか持てぬ。どんな例外もない」
ソフィー
「…………」
オーク
「しかし……」

 オークに複雑な迷いが浮かんでいた。
 しかしそれが言葉にできずにいると、兵士が転がり込んできた。

兵士
「オーク様、大変です!」

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]