忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/04/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  ■


■2016/06/01 (Wed)
第6章 イコノロギア

前回を読む

18
 ヒナは光太の絵を、手前に引き寄せた。
「でもこの絵、どこの風景なんでしょう? 神戸ではないようですけど」
 ヒナが改めて絵を見て疑問を投げかけた。
 絵は港の風景だった。左に桟橋があり、右に船が停泊している。
 船の背後は海だけだった。特徴がありそうだったが、やはり平凡な港の風景だった。とりあえず神戸ではない。
「これは多分、四国やな」
 光太は顎を撫でながら、呟くように言うと席を立った。
 ツグミは「えっ」と驚いて顔を上げた。誰かがいきなり答えを見付けられるものだとは思ってもいなかった。
 光太は資料用の棚まで進み、ファイルを1冊、選び抜いた。光太はファイルをペラペラとめくった。
 すぐに探していた資料は見つかったらしい。光太はそのページに指を挟んだまま、ソファに戻ってきて座った。
 持って来たのは光太自身で撮ってきた、資料用写真集だった。光太はテーブルの上に資料を開いておき、写真の1つを指で示した。
 ツグミとヒナが、「あっ!」と声を合わせて、写真に飛びついた。
 写真に絵と同じフェリーが写されていた。桟橋の様子もそっくりだ。いや、よく見比べてみると、写真と構図がほとんど一緒だった。まるで川村がその写真を参考に絵を描いたみたいだった。
「これ、どこですか!」
 ツグミが興奮して声を張り上げた。
「高松や。高松港」
 光太はツグミの勢いにびっくりしたように、少しのけぞっていた。
「これは、やはり川村さんからの『自分はここにいる』っていうメッセージ……」
 ヒナは写真をじっと見詰めながら呟くように言う。頬に垂れた黒髪を、そっと掻き上げた。
「どう考えても、そうやろうな。そこに行けば川村がおるんやろう」
 光太は確信的に頷いた。
 ヒナがツグミの肩に手を置いた。
「もう行こうか、ツグミ」
 ツグミが振り向くと、ヒナの力強い顔が側にあった。ツグミはヒナに頷いて返した。
「それじゃ、叔父さん。私たちはこれで」
 ヒナが光太に挨拶をして席を立った。ツグミもテーブルの上に写真資料集を置いて、席を立った。
「待った。俺も行くわ。女の子だけじゃ、行かされへん。ちょっと待っとって。着替えてくるわ」
 光太はツグミとヒナを引き留めるようにして、席を立った。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]