忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  ■


■2016/06/23 (Thu)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

 国分駅を出ると、目の前に広い道路が現れた。4車線の幅のある道路だった。車の量は多い。ちょうどよく信号が青になっていた。
 雨はもうやみかけていたけど、風が強かった。水たまりもあちこちにできていて、灰色の空を映していた。
 ツグミは寒いと感じなかった。寒さを感じないくらい、体が熱くなっていた。心臓が追い立てるように、早く胸を叩いていた。
 すぐにヒナは、車道に何か見付けた様子で指さした。
 ツグミは車道の向こう側に目を向けた。向かいの歩道に、バスの停留所があった。左の横断歩道の前でバスが停まっていた。
 信号が点滅を始めた。ツグミとヒナは横断歩道に飛び出した。
 ヒナの速度は早くはなかったけど、ツグミの脚には無茶なペースだった。白く舗装された歩道で滑りそうだった。ツグミは右脚と杖だけで、飛び跳ねるようにしてヒナに従いていった。
 横断歩道を渡りきったところで、信号が赤に変わった。渡りきってツグミは後ろを振り返った。さっきの男が横断歩道の向こう側に立っているのが見えた。こちらをじっと見詰めて、横断歩道に飛び出そうかと迷っている様子だった。
 車道の車が一斉に動き始めた。おかげで男を留まらせた。
 バスも動き始めた。バスは横断歩道向こうの停留所を目指して、ゆっくり進み始める。
 ツグミとヒナが停留場に辿り着くのと同じタイミングで、バスも到着した。
 バスの後部が開いた。ヒナが先頭に立って、バスに乗り込んだ。ツグミも乗り込もうとしたが、高い段差に脚を引っ掛けてしまった。
 ヒナがとっさにツグミを支えてくれた。ツグミの脚はもう消耗しきっていて、思うように上がってくれなかった。
 バスに乗り込むと整理券を取った。それから一番後ろの座席に、並んで座った。
 バスはツグミとヒナが座るのを待って、扉を閉めた。ゆっくりとバスがスタートする。
 ツグミは、バスの天井を仰いで、大きく息を吸い込んだ。急に座ったせいか、体の力がすーっと抜けるような気がした。
 呼吸を整えるより先に、ツグミは後ろの窓を振り返った。横断歩道の向こう側で、あの男が立っているのが見えた。どこかに携帯電話を掛けているようだった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]