忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  ■


■2016/06/27 (Mon)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

11
 ツグミの手元にある絵は、もちろんキュフナーの描いた絵ではない。川村はデューラーではなく、キュフナーの贋物そっくりに描いてみせたのだ。
 ツグミは川村の天才的器用さに、溜め息をつきたい気分だった。ミレーにフェルメールにデューラー……。川村が描けない絵など、果たしてこの世にあるのだろうか。
 ツグミはヒナを振り返った。ヒナも同じ意見なのか確かめようとした。
 ヒナはツグミの話を聞きながら、髪を拭っていた。ヒナは上半身を倒して、前に垂れた長い髪を、タオルで丁寧に挟むようにしていた。
「ありがとう、ツグミ。私が美術館の館長やったら、即採用や。それじゃ、私の見解」
 ヒナは髪を拭く作業を中断したた。ツグミに板画を持たせたまま、グイッと上側面を向けさせた。
 ツグミは「あっ!」とシートから飛び上がりそうになった。デューラーの板画は、2枚重ねになっていたのだ。
 板の厚みは2枚合わせても、わずかに3ミリ程度だった。ツグミは手袋を填めていたから、不自然な感触に気付かなかったのだ。
「釘はわざと弱く打ってあるな。ツグミ、カードでも何でもいいから、挟めるものを出して」
 ヒナは板を裏向けて、釘を確認した。釘は粒のように小さく、黄金色をしていた。ちょっと見た感じ、弱そうに見えた。
 ヒナは自分のスラックスのポケットから、財布を引っ張り出した。ツグミもバッグの中から財布を取り出した。
 ツグミは自分の財布を開けてみた。近所のスーパーの会員カード。それから図書カード。その2枚だけだった。こんなところで、自分の生活圏の狭さを突きつけさせられたような気分になってしまった。
「いいから、突っ込んで」
 まごついているツグミに、ヒナが指示を出した。ツグミはスーパーの会員カードを、板画の隙間に差し込んだ。
 ヒナも財布の中に入っていたカードを、板と板の隙間に突っ込んだ。ヒナは色んなカードを持っているみたいだった。
 板の隙間にカード6枚突っ込む。板が次第に膨らみ始めた。隙間ができた。ツグミは手袋を外して、板と板の隙間に指を突っ込んでみた。かなりきつい隙間だったが、何とか指が入った。
 ヒナが板を支えて反対側に引っ張った。板の隙間が、ぐりぐりと広がった。
 突然、パンッと音を立てて釘が弾け飛んだ。ツグミはびっくりして目を閉じた。釘はツグミの顔には飛んでこなかった。
 ヒナが板画を手に取った。まだ板画の下部の釘が残っていた。ヒナは2枚の板を引き剥がすように、両端を引っ張った。
 残り2つの釘も弾け飛んだ。間に挟まっていたカードが、シートの上にばらばらと落ちた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]