忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/22 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  ■


■2016/07/31 (Sun)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

28
 高田はツグミを抱きかかえながら、階段を降りていった。
 1階に下りると、真っ白な照明がいくつも点いていた。何人もの刑事がいた。制服の警官もいた。警察官にねじ伏せられている男たちがいた。何人かが、ツグミと高田を振り向いて、敬礼を送った。
 ツグミは、まだ何が起きているのかわからなかった。警察がどうしてここにいるのか、どうして自分の居場所を知っていたのか、わからなかった。
 高田が廃墟の外に出た。海とは反対方向で、波の音が背後に聞こえた。
 廃墟の手前は、寂れた道路だった。道路が幅が広く、人の気配は全くなかった。ぽつぽつと照明があるだけで、暗かった。
 深夜の道路は、闇が深く、波の音しかしなかった。そんな道路の向こうの角から、パトカーの警光灯が現れた。パトカーに続いて、覆面車のセダンや救急車が続いた。
 静かな通りはあっという間にパトカーで一杯になった。暗い通りが、赤色灯の光で満たされた。サイレン音がうるさいほどに周囲を包んだ。
 救急車の後部ハッチが開いて、救命士が2人降りてきた。救急車はストレッチャーを準備して、高田の前に走ってきた。高田も救命士の許に走った。
 その時、突然、ダーンッと破裂音がした。銃声だ。廃墟全体を揺らすような、重々しい音だった。銃声は2発連続で繰り返された。
 パトカーから顔を出した捜査員が、一斉に廃墟を注目した。先までと違う緊張感で、騒然となり始めた。
 高田がツグミをストレッチャーに乗せた。すぐに救命士2人がツグミの体を調べようとした。
「待って! 待って!」
 ツグミは救命士たちの手を振り払い、行こうとする高田の手を掴んだ。
「川村さんを助けてあげて!」
「誰ですか?」
 高田がツグミの振り返った。さっきの銃声を聞いたからか、顔が強張っていた。
 ツグミはジーンズのポケットから、川村の写真を引っ張り出した。
「この人です。まだ、あの建物の中にいます。私の大切な人なんです」
「わかりました。必ず探します」
 高田が川村の写真を受け取って、頷いた。
 ツグミはやっと安心して、ストレッチャーに横になった。ストレッチャーは、スムーズに救急車の中に入っていった。
 ツグミの後を追うように、ストレッチャーがもう1台、救急車の中に入ってきた。ツグミは顔を右に向けて、横に並んだストレッチャーを見た。ヒナだった。
 ヒナは顔の左半分を真っ赤に腫れ上がらせていた。首元に血が付いていて、髪もグシャグシャだった。
 ヒナはツグミを振り向いて、軽く微笑んだ。ちょっと無理した感じの微笑だったけど、いつもの優しさがあった。
 ツグミも微笑み返そうとした。しかし、急に意識が遠のくのを感じた。安心したせいか、体から緊張をなくしてしまった。
 ツグミは自然と目蓋が落ちてきた。暗闇が安らかにツグミを包むみたいだった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  ■


■2016/07/30 (Sat)
第14章 最後の戦い

前回を読む

22
 ソフィーは地下への階段を駆け下りていった。背後で爆音と怒声が入り交じったものが何度も轟いた。だが今は振り返っている時ではなかった。
 いつ兵士が追いかけてくるかわからない。ソフィーは急いで階段を駆け下りていった。
 ようやく地下の回廊に出た。回廊は暗く、青い炎で浮かび上がっていた。宝が収められた扉が並んでいる。
 ソフィーはそこまでやってきてまごついてしまった。あの石版が収められている部屋は? 鍵は? 1つ1つ扉を吹き飛ばしていくしかない。ソフィーはそう考えた。
 と、そこに気配がした。ソフィーははっとして、振り向きざまに杖を身構えた。
 すると、それは顔なじみの老人であった。

ソフィー
「お、おじいさん」
管理人
「あなたは――ソフィー様ですか」

 ソフィーは慌てて杖を引っ込めた。

ソフィー
「失礼しました。――しかし何故? 王が代わって兵士はみんな入れ替えられたと思っていたのですが……」
管理人
「地上の政治はここまでは滅多に及びません。それに、私以上にこの場所を詳しく知る者はおりませんから。他に適任者がいなかったのですよ」
ソフィー
「そうですか。でも良かった。急いでお願いします。封印の魔法が記された石版が保管されている部屋までお願いします」
管理人
「お任せを」

 管理人は老人の足で、できるだけ急いで歩き、目的の扉までソフィーを案内した。鍵が開くまで、ソフィーは兵士がやってこないか気にして何度も振り返った。
 鍵が開いた。中へ入ってく。内部の様子は、時が止まったように何一つ変わっていなかった。棚に、無数の石版が収められていた。
 ソフィーは迷わず奥へと入っていく。あの石版も、台座に置かれたまま、動かされていなかった。

管理人
「しかし、この文字を読める者はおりません。書いた者にしか読めぬこの文字、さすがにあなた様にも……」
ソフィー
「私にはわかるのです。私に読めぬ文字などありません。書いた者も、いずれ『真理』を持つ者が解読しにやって来ると知っていたのでしょう」
管理人
「まさか、あなたが……」

 ソフィーは今一度気持ちを落ち着けて、石版の前までやってきた。文字盤の最初の1行を、指で触れた。

ソフィー
「……やはりそうだったのね」

 ソフィーは文字盤に描かれている文字を読み上げた。それは聞いたことのない言語による呪文のようだった。ソフィーはその言葉を、少しも淀まずに、正確に韻律を踏んで唱えた。
 すると、四方に置かれた青い炎が強く輝いた。炎が渦を巻き、台座を中央にしてぐるぐると回転し始める。それはやがて速度を緩めると、部屋の空間に青く輝く文字を残した。

管理人
「……これは」

 台座を中心に、無数の言葉が溢れていた。様々な国、様々な時代の文字が入り乱れた文字だった。それらの文字が、短い散り散りの文節に切り取られ、ばらばらの状態で浮かんでいた。

ソフィー
「この石版に描かれていたのは、これを呼び起こすための呪文のみです。どうやら、ここに本当の答えが記されているようですね。今では失われた文字が多くありますが、私に読めない文字などありません」

 ソフィーは千切れた文字を指ですくいあげると、別の文字と繋ぎ合わせた。文字を繋ぎ、言葉を作り始める。
 間もなく空間のなかに、円形をした巨大な文字盤が浮かび始めた。ソフィーは言葉を組み上げながら、できあがった文字を目で追いかけ、瞬時に記憶した。
 ソフィーは最後の文字を繋げた。すると突如として文字が元の炎に戻ってぐるぐると渦を巻き始めた。

ソフィー
「いけない!」

 ソフィーはとっさに台座から離れて、老人の前に立つと、魔術の盾を作りだした。
 爆発が起きた。文字盤は石版とともに弾け飛んだ。部屋中に破片が飛び散る。

管理人
「……一体何が」

 管理人は腰を抜かした様子で、茫然としていた。
 ソフィーが力なく首を振った。

ソフィー
「どうやら役目を終えたようです。私にもようやく意味がわかりました。『真理』が実体なき影に肉体を与えるのなら、『封印』の魔法は実体どころか言葉そのものを削除してしまう……。『消滅』の魔法です。一度きりしか使えず、使ってしまえば、何もかも闇へと封じられてしまう。もしも後の誰かが同じ言葉を思い浮かべても、そこにかつての力は宿らない。魔の者も、魔を操る魔術師の能力も、この魔法を口にした瞬間――すべて失われます」

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  ■


■2016/07/29 (Fri)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

27
 再び周囲が暗転して、ツグミは動揺と混乱を同時に感じた。誰のものかわからない足音が目立って響いた。
「川村はどこだ! 川村を探せ!」「何をしている。早く明かりを点けろ!」
 逆上したヤクザたちの声が、闇の中で交差した。宮川の声も、突然の暗闇に激しく混乱していた。
 逃げるチャンスだった。ツグミは這いつくばって、混乱の中心から遠ざかった。遠ざかりつつ、ヒナがいるはずの場所を目指した。ヒナは両手両足を縛られたままだから、自力で脱出できないはずだ。助けなくちゃいけないし、今が助けられる唯一のチャンスだった。
 やっと誰かが懐中電灯の明かりを点けた。真っ暗闇に光線が3つ、浮かんだ。
 宮川一味の混乱は、にわかに落ち着き始めた。宮川一味は、まず懐中電灯でお互いの姿を確認しあった。次に、光が周囲に向けられた。
 ツグミは身を小さくして、「見付けられませんように」と祈った。
「おい待て。『合奏』を照らせ。何か変だぞ」
 男の1人が大声を上げた。今までにない動揺した声だった。
 ツグミも声に反応して振り返った。懐中電灯の光が、『合奏』の本物があった場所に集まった。
『合奏』の本物に、刃物で大きなバツの字が刻まれていた。捲れ上がった麻布の影が、懐中電灯の光で四方に散っていた。
「川村を探せ! 見付け次第殺せ! まだ近くにいるはずだ!」
 宮川の怒りが、一気に最大値を振り切った。宮川の怒りは、ただちに5人のヤクザに伝播した。
 懐中電灯の光が四方に向けられた。ヤクザ一味は川村を見付けようと、暗闇の中を進み始めた。
 ツグミは身の危険を感じた。今ここで宮川に捕まったら、確実に殺される。
 ツグミはヒナの許に急ごうとした。今は自分の危険よりも、早くヒナを救いたかった。
 その時、誰かがツグミを掴んだ。ツグミはヤクザの誰かだと思って、体を固くして反抗しようとした。
「落ち着いて。ツグミさん、私です」
 女の、押し殺した声だった。ツグミはとっさに「ヒナお姉ちゃんだ」と思った。
 女はツグミの体を引き寄せて、抱き上げようとした。ツグミも女を信頼して、女の首に縋り付いた。 
 女は暗闇の中を、方向がわかっているみたいに走り始めた。女の横を、何者かの一団がぞろぞろと横切った。
 ツグミは、にわかに混乱を感じた。何が起きているのか、理解できなかった。とにかく、この女はヒナじゃない! 強烈な光が周囲を覆った。眩しい光が、廃墟の内部をくっきりと浮かび上がらせた。
「警察だ! 暴行および逮捕監禁の現行犯で、お前たち全員逮捕する!」
 勇ましい男の声が、光の中に響いた。
 ツグミは女の横顔が光に浮かび上がるのを見た。女は、ヒナじゃなかった。高田香織警部補だった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  ■


■2016/07/28 (Thu)
第14章 最後の戦い

前回を読む

21
 俊足の馬は素晴らしい速力で雨の中を駆け抜け、本来2日かかる旅程を、わずか半日で走破し、翌日の朝にはもう王城の前まで辿り着いた。
 雨はあの頃から一時も止まずに降り続けている。城下町は朝なのにひどく暗い。
 目抜き通りを、ソフィーとイーヴォールが馬に乗って駆け抜けていった。あまりにも早い馬に、住人達が何事かと驚き、その背にソフィーとイーヴォールの2人があるのに騒然とし始めた。聖女と魔女が2人で戻ってきたぞ、と。

ソフィー
「気をつけてください。もうここはヴォーティガンが統治する城ではありません」
イーヴォール
「そのようだな」

 間もなく兵士が2人を引き留めようと飛び出してきた。兵士はブリデンの紋章を掲げ、やんごとなき2人の素性を知らず、呼び止めようとした。
 イーヴォールは、兵士を構わず踏みつぶした。
 街は悪魔の襲来による爪痕がまざまざと残されていた。立ち並ぶ家は破壊され、炭になっている。各所に設けられていた門も破壊されていた。おかげで、イーヴォールは門を素通りできた。
 王城の前までやってきた。ついに行く手に門が立ち塞がった。そこだけ門が修復させ、兵士達が物々しい様子で警備していた。

兵士
「何者だ! 馬を止めよ」

 兵士が何人も飛び出してくる。
 イーヴォールとソフィーは馬を下りた。兵士達は武器を手に、2人を取り囲む。

兵士
「何用だ、貴様ら!」
イーヴォール
「城の地下に用事だ。即刻通してもらいたい」
兵士
「ならん!」
イーヴォール
「ならばどうすれば入れる?」
兵士
「そうだな。――まず正式な書類を作り、しかるべき筋に提出せよ。そして許可が降りれば、入場可能な日時を追って知らせよう。――おっと、婦人達は我々が直々に念入りな身体検査をさせてもらうがな」
イーヴォール
「そうか。ソフィー、覚悟はできているか」
ソフィー
「はい。あの人は何もかも覚悟をしていきました。恐れるつもりはありません」
イーヴォール
「よくぞ言った。では参るぞ」

 ソフィーとイーヴォールが両掌を突き出した。兵士があっという間もなく、掌に4つの魔法が瞬いた。
 爆音が轟いた。兵士が吹っ飛んだ。積み上げた石が崩壊する。重い鉄扉がずずずと倒れた。
 騒動を聞いて、背後から兵士が飛び出してきた。ソフィーとイーヴォールは無視してその向こうへと進んだ。代わりにスレプニールが明らかに馬ではない雄叫びを上げて、兵士に突撃した。
 ソフィーとイーヴォールは城へ入った。知らせを受けた兵士達が大挙して押し寄せてきた。

イーヴォール
「時間がないんだ! 足を止めるな!」
ソフィー
「わかっています!」

 ソフィーとイーヴォールは立ち止まらず走った。正面から兵士達が殺到する。ソフィーとイーヴォールが両掌を前に突き出す。そこに、巨大な光るリングが現れた。
 魔法のリングが出現するのに、兵士達が慌てふためいた。しかし廊下に密集しすぎたせいで、かわすゆとりがなかった。
 兵士達は、砂でも掻き出されるみたいに、光のリングに押し分けられた。ソフィーとイーヴォールは走る速度を落とさず、兵士を向こうの壁まで押しのけていき、光るリングで道を塞いでしまうと、脇道へと入っていった。
 通路を走り、次の角を曲がった。地下階段はすぐそこだ。
 が、何かが弾けた。イーヴォールが小さく呻いて膝を着いた。
 ソフィーがはっと振り向いた。通路に向こうに、弓矢を持った兵士が現れていた。
 兵士達は次の矢を放った。
 イーヴォールが魔法の盾を作る。矢が魔法の盾に弾かれた。
 ソフィーが光の矢を放った。廊下を無数の光線が走る。光の矢は兵士らを貫いた。

ソフィー
「イーヴォール様!」

 イーヴォールの背中に矢が突き刺さっていた。

イーヴォール
「とどまるなと言ったはずだ」
ソフィー
「……でも」

 後方からまた兵士の気配が迫った。

イーヴォール
「ここまでだな。――ソフィー、これを持って行け」

 イーヴォールはソフィーにエクスカリバーを差し出した。ソフィーはエクスカリバーを受け取る。

イーヴォール
「行け、ソフィー。そなたは最高の弟子であった」
ソフィー
「イーヴォール様。あなたは最高の師でした。ありがとう。ケール・イズの魔法使いよ」

 ソフィーはイーヴォールに恭しく頭を下げて、そこを立ち去った。
 イーヴォールは重い体を持ち上げて、廊下を振り返った。すでに兵士がぞろぞろと集まってきている。

イーヴォール
「来るがいい! そして見るがいい! これが最強と称えられた魔術師の最後の技だ!」

 イーヴォールの両掌に魔力が輝いた。かつてない魔道の力に、空間全体が叫びを上げて震えていた。兵士達もこの異変に慌てふためき、動揺が広がった。とてつもない魔法を予感させるものだった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  ■


■2016/07/27 (Wed)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

26
 ツグミが指したのは、左から3番目。右から4番目の『合奏』だった。
 宮川が今までにない不気味は微笑みを浮かべた。口の両端が、そのまま耳まで避けそうな微笑だった。
「よし、よくやった。残り5枚を破棄しろ」
 宮川が指示を出した。照明の中に5人の男が入ってきた。5人の男はそれぞれの手に、防火用の小さな斧や、刃の長い鉈を手にしていた。
 5人の男は、5枚の贋作『合奏』を破壊し始めた。絵をイーゼルに掛けたまま、刃物で麻布を引き裂き、木枠を砕いた。
 ツグミは男たちの作業を背中で感じながら、じっと宮川を睨み付けていた。宮川は銃に取り付けられたサイレンサーを外していた。
「これで、私たちの関係も終わりなんやな」
「誰がそんな話をした? お前たち姉妹は私と一緒に来てもらう。特に、お前は役に立ちそうだからな」
 宮川は銃を右手に持ったまま、ツグミを見下ろして、にやりと笑った。照明の光が、宮川の笑顔の下で不気味に揺れていた。
「そんな、約束が違う!」
 ツグミは声を上げて、宮川の右手を掴んだ。
「触るな、鬱陶しい! 誰がいつ、そんな約束をした!」
 宮川は顔をしかめて、ツグミを振り返った。
 ツグミは支えを失って、地面に倒れた。受け身も取れず、地面にゴツンッと頭をぶつけた。
 一瞬、ツグミは世界が激しく振動するのを感じた。頭の中で、「ゴーン」と鐘が鳴ったような気がした。
 奇妙な感覚が、ツグミを捉えていた。周囲から暗闇と影が取り払われていた。全てがくっきりと浮かんでいた。廃墟の中に、宮川一味とは別の何者かがいるのに気付いた。
 ツグミの感覚はすぐに元に戻った。辺りが暗闇が戻った。と同時に、周囲の状況が変わり始めているのに気付いた。
「おい、作業をやめろ! あいつはどこに消えた!」
 宮川が動揺した声を上げて、作業を中断させた。
 贋作の『合奏』を破壊していた5人が、手を止めて周囲を見回した。男たちの間に、動揺が小波のように広がり始めていた。
 ツグミも、川村が倒れていたはずの場所に目を向けた。そこには、川村を縛っていたロープが地面に転がっているだけだった。
 暗闇に気配が走った。何かが疾走して、宮川に被さった。川村だった。
 宮川は川村と一緒に、地面に転がった。宮川の手から銃が落ちた。川村は素早く銃に飛びついた。
 あまりにも突然の事件だった。ヤクザ一味の誰も、反応できなかった。
 川村は銃口を4つの照明に向けた。廃墟に、銃声が4回轟いた。正確な射撃だった。4つの照明が、次々と弾け飛んだ。最後の照明が砕かれた瞬間、廃墟は真っ暗闇に沈んだ。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]