忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  ■


■2016/07/11 (Mon)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

18
 川村はそれ以上に何も言わなかった。
 ツグミは川村が何か言うのだと思って、待った。答えを与えてくれる、と思って。
 しかしいくら待っても、川村は何も言わなかった。
 夕日が水平線に消えかけている。空の黄昏も消えつつあった。川村の背中も、夕日の輝きと同時に掻き消えそうになった。
 カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの絵画に出てくる登場人物は、みんな背を向けている。背を向けて、どこかへ行こうとしている。決して帰ってこないどこかへ……。
 今の川村の背中は、まさにフリードリヒだった。川村が背負う風景も、そこに漂う空気も、まさしくフリードリヒだった。絵の世界に間違って迷い込んだみたいだった。
 ツグミはどうしようもなく胸が締め付けられる気がした。川村の側へ行って、あの手を掴まないとどこかに行ってしまうと思った。
 しかしツグミは、川村に近付けなかった。川村の背中に人を拒む気配は全くない。なのにツグミは、絵の中に決して踏み込めないように、川村の背中に近付けなかった。
 代わりにツグミの目に涙が溢れた。ツグミ自身、どんな意味の涙なのか、わからなかった。ただ涙が溢れ頬に落ちた。
 そんな時、物音がするのに気付いた。自然の風景にはあまりにも不似合いな、車のエンジン音だった。
 ツグミは音が響いた方向を振り返った。海岸沿いの道は、すでに闇に落ていた。その闇を、2台の車がヘッドライトを点けて走っていた。
「川村さん、逃げて!」
 ツグミは川村を振り向いて叫んだ。きっと宮川の手下だ。どうやってこの場所を知り得たのかわからないけど、とにかく奴らは追ってきてしまった。
 だが、川村は動かなかった。川村の背が、風景と一緒に、ゆっくりと闇に溶け込もうとしていた。そのまま、いなくなってしまうような気がした。
「逃げる必要はない。むしろ、行ったほうがいい。決着をつけないとね」
「そんな無茶を言わないでください。川村さん、殺されちゃう!」
 ツグミは必死になって声を張り上げた。それでも川村に一歩も近付けなかった。
 車が山の麓で駐まった。バタン、とドアを閉める音が、広場まで這い上ってきた。
 ツグミはもう一度、願うような気持ちで携帯電話に目を向けた。しかしディスプレイに書かれているのは『圏外』の2文字だった。
 ツグミは川村に訴えようと、もう一度振り向いた。すると、先に川村の口が開いた。
「ツグミ。君が見付けるんだ。太一さんが僕に与えた役目だった。だけど君が果たすほうが、ふさわしい。太一さんも、きっとそれを望むはずだから」
 川村が言い終わると同時に、夕日が落ちた。
 夜が訪れた。
 ツグミは、なぜか川村の声が別の人間の声に聞こえた。あれは――そう、お父さんの声だ、と気付いた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  ■


■2016/07/10 (Sun)
第14章 最後の戦い

前回を読む

12
 はるか後方で凄まじい爆音が轟いた。地面が揺れて、爆風で周囲の木々が葉を散らした。
 僧侶の1人が、はっとした顔で振り返った。

僧侶
「行きましょう」

 別の僧侶が呼びかけるのに、その僧侶は仲間達とともに山を降りていった。



 深く険しい樹海を抜けると、ようやく森に明るい光が射し込んできた。風がやわらかに吹き抜けていく。まだそこに、精霊が息づくのを感じられた。
 そこまでやってきて、老師は足を止めた。

老師
「ここまでにしよう」

 僧侶達は足を止めた。あの壮絶な戦いを潜り抜けた人達だった。ソフィーとオーク、老師を含めて、わずか20人だった。

ソフィー
「……老師様、これでよかったのですか」
老師
「よかったのだよ。そこの賢明なる王とおなじさ。もっと早く決断するべきだった。彼のほうが、よほど賢明だよ」
オーク
「そんなこと……」
ソフィー
「でも私たちは聖地を失って、これからは何を拠り所にすれば……」

 ソフィーは弱々しく首を振る。
 勝利したという感じはまったくなかった。引き替えに喪ったものは大きいし、生き残った僧侶も少ない。しかし僧侶達の顔は、なぜか晴れやかだった。

老師
「――ソフィーや。ドルイドの教えは場所にではなく、言葉にこそ宿る。いかなる場所に居を構えようとも、知識が失われることもなく、変えられることもない。そのままの形で、子孫に伝えられる。新しい場所で教えを広めることだってできるだろう。ドルイドの教えは書物ではなく、我々1人1人なのだから」
ソフィー
「……行くのですね」

 老師は頷いた。その顔は死を受け入れた者のように穏やかだった。

老師
「ああ。はるか西の彼方。遠い祖先が旅立ったところに。我々もその列に加えさせてもらうよ。この地上に、もう我々のいる場所はない」
ソフィー
「私も従いて行きます」

 ソフィーは涙を浮かべて訴えた。
 しかし老人は、あくまでも穏やかな顔で答えた。

老師
「お前は残りなさい。お前にはケルトの伝承を残らず託している。お前ほど多くの言葉を身につけられたドルイドは他にいない。お前はこの世に残ることを運命付けられているのだよ。それに、共に旅をしてくれる者もいるだろう。ソフィーよ、お前の旅もいま始まった。お前は命果てるまで多く歩き、多く語り、そして残していくんだよ」
ソフィー
「……はい」
老師
「さらば友よ。どんなに邪な言葉や考えが支配しようとも、草木が長く記憶したものは決して失われない。妖精達は目に見えずとも、風の中に隠れて、人間達の生活を眺めている。物語に現れる妖精は、その断片なんじゃよ。子供の頃に聞いた妖精物語を軽んじてはならないし、忘れてもいけない。ケルトの教えが、物語の影に隠れているから。その教えの中に、我々もいる。ケルトの名を忘れた後も、古い妖精物語を耳にする時、心で我々の存在を感じ、お前達を守り続けるだろう。お前達の言葉にドルイドの知恵が残り、その胸にケルトの勇気が与えられるだろう――。さあお別れだ。行こう。これが最後のカヴァルカードだ」

 老師達は弟子達を連れて、森の西へと向かっていった。
 その様子はあまりにももの悲しく、粛々としていた。しかし僧侶達はいつまでも笑顔で、泣いているソフィーを時々振り返って、手を振った。
 最後のケルトの伝承者の後ろ姿に、オークは深く頭を下げた。ソフィーはいつまでも涙を流して見送った。
 草原の向こうに、彼らの姿が見えなくなるまで。森の吹く風に、彼らの気配が失われるまで。

※ カヴァルカード アイルランドでしばしば目撃された、妖精の行列のこと。彼らに連れ去られると、帰ってこられないと言われている。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  ■


■2016/07/09 (Sat)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

17
 川村はぶらりと出かけた散歩の最中のように歩いた。そのまま、ツグミの側を通り抜けていった。
「やっぱり、私のお父さんが切っ掛けだったんですね。ごめんなさい。こんな事件がなかったら、川村さんは、きっと……」
 きっと「偉大な画家になれたはず」とツグミは言いたかった。誰も手にできないような名誉を、いくつも手にできたはず。間違いなく絵画史に残る人間になれたはず。
 こんな事件に巻き込まれさえしなければ……。
 が、ツグミは言えなかった。こんな生活に堕ちてしまった川村に言うのは残酷に思えたし、責任の一端が自分の父親にあると思うと、つらかった。
「僕に恐れはない。迷いも、不安も。むしろ感謝している。余計なものは、全て僕から去ってくれたから。この事件のおかげで、僕は絵描きとして自由を得たんだ」
 川村はツグミを慰めようといているのか、言葉が優しかった。
 川村は広場の端まで進んで、足を止めた。川村の目の前に、暗い海が広がっていた。太陽が水平線に落ちかけて、光が失われようとしていた。
 ツグミはっとした。川村の姿、川村の立っている場所。それが、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの絵画と重なった。
 そっちに行っちゃ駄目……。
 そう言いたかったけど、声が出なかった。手を伸ばしたかったけど、そこに釘付けになって動けなかった。
 ツグミは、ずっと川村に遭いたいと思っていた。そして、やっと遭えたのに、その背中に近付くことすらできなかった。まるで、絵画を見ているように。川村が絵画の向こうに思えた。
 ツグミにとって川村は、初めて会った時から特別な存在だった。今でもツグミは、川村を特別だと思っている。
 しかし、今は何かが違う……何かが違うと感じていた。川村の存在があまりにも遠くに思えた。以前より遠くに感じた。川村のことを、前より多く知っているのに。近くにいるのに、川村がはるか遠くに感じられた。
 あなたは……誰なの?
 ツグミは唐突にその疑問に行き当たった。
 川村……カワムラ……かわむら……。
 その名前は、目の前に立っている男の何を指し示しているのだ? あそこに立っている男は、いったい何者なのだ? どんな存在なのだ……。
 私は……あの人を何も知らない。
 知識で知っているとかそういう話ではない。顔を知っているとか、体を知っているとか、そういう話ではない。もしもそれを深く知っていたとしても、きっと知り尽くすことはできない。ツグミの手では、決して捉えることのできない大きな存在。
 ツグミは、はっと我に返った。
「そうだ、警察に……」
 ポケットの中に放り込んでいた携帯電話を引っ張り出した。川村に出会った、今のタイミングで通報しなくちゃいけない。今しかなかった。
 しかし、案の定、携帯電話は電波の届かない場所だった。アンテナは1本も立っていない。携帯電話を手に周辺をうろうろとしても、ぴくりとも反応しなかった。
「川村さん、逃げてください。奴らが来ます。川村さん、本物の『合奏』を持ってるんでしょ。『合奏』を持って、警察に……」
 ツグミは興奮して捲し立てた。
 川村は振り向きもしなかった。
「警察は駄目だ。どこかで必ず宮川の手に渡ってしまうから。警察と宮川の繋がりを絶たねば、『合奏』はどこにも持ち出せない。まして、持ち主に返すなんて、不可能だ」
 ツグミははっとした。警察に委ねられるのなら、初めからやっている。警察を頼れないのは、宮川が間に立ち塞がっているからだ。
 その後で、川村はぽつりと付け足した。
「それに、僕はフェルメールの本物を持っていない」
 ツグミは「えっ」と動揺した。ツグミは2歩前に進み出た。
「それじゃ、どこですか。私のお父さんが、誰かに売ってしまったんですか」
 ツグミは川村が本物の『合奏』を持っていると考えていた。川村に会えば、本物の『合奏』が手に入ると思っていた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  ■


■2016/07/08 (Fri)
第14章 最後の戦い

前回を読む

11
 夜が明けると同時に、僧兵達の攻撃が中断された。とどまらず続いていた魔法の攻撃はやみ、刃を交えていた僧兵達は突然戦いを中断して遁走した。
 森から戦いが去り、唐突に静けさが包んだ。
 クロースの兵達は突然戦いが終わった状況にとまどい、剣を握りしめたまま、茫然と仲間同士顔を見合わせていた。
 そこに、僧侶の数人が兵士達の前に現れた。兵士達は警戒して武器を振り上げた。
 しかしドルイドたちは、身に武器を帯びず、殺気すらまとわず、たた頭を下げて、奥へ行くように促した。それから、ドルイドたちは闇に身を躍らせ、それきり影も気配も消してしまった。
 クロース兵はしばらくぽかんとしていた。いくら警戒しても、ドルイド僧の気配はどこにもない。伏兵が隠れている様子もない。クロース兵は慎重に進み、クリアリングまで到達したが、そこにもドルイド僧はいなかった。
 クロースの勝利だった。
 この一報は、ただちにリーフの許に届けられた。

兵士
「ドルイド僧が撤退しました。この先の広場まで、敵は1人もいません」
リーフ
「……そうか。……そうか。ハッハッハッ! 我々の勝利だ。他愛のない奴らだ。死ぬまで戦うかと思ったが、最後には尻尾を巻いて逃げおったか。ハッハッハッ!」

 というクロース軍も、残り僅か2000人。10分の1まで減らされていた。兵士の数を抽出すると、さらに少ない。
 リーフはもうわずかしない配下を引き連れて、密林の中心部へと向かった。
 いよいよ日の出の時刻を迎えて、森は青く浮かんでいる。森の獣も静まり返って、玄妙なる静寂が漂っていた。
 やがて進む先に、明るい光が落ちるのが見えた。

リーフ
「あれか!」

 リーフは歩を急がせた。クリアリングに入っていく。
 しかしそこで彼らを迎えたのは、文字通り何もない空間だった。ただそこに円形の空間が広がり、それに沿うように円柱が囲んでいる。中央に杖が1本、立ったまま浮かんでいた。

リーフ
「……なんだこれは。何もないではないか。どこだ! 書物はどこだ! ルーンはどこだ! 探せ。必ずどこかに隠しているはずだ。すぐに見付け出せ!」

 リーフが逆上した部下たちに命じる。
 その時だった。
 杖が青く輝いた。呼応するように、周囲の円柱も輝き始めた。空中に光のリングが出現した。リングは無数に現れ、ゆるく回転していた。リングに、ルーンが刻まれていた。

リーフ
「……おお見付けたぞ。やっと見付けたぞ。ルーンだ。あれを我が手に……」

 リーフは頭上で回転するリングに手を伸ばした。


 爆音が轟いた。凄まじい爆発だった。山脈全体が大きく揺さぶられ、土煙が火柱のごとく立ち昇った。大木が次々に倒れ、そこにいた全ての人間を飲み込んでいった。
 山の一角が瞬時に崩壊する爆発だった。そこに踏み込んでいた異教徒の全てを灰に変え、それを免れた者も大木と土砂の下敷きになって命を落とした。クロース兵の残り2000名は、この瞬間に全滅した。

次回を読む

目次

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  ■


■2016/07/07 (Thu)
第7章 Art Loss Register

前回を読む

16
 ついにツグミは階段を登り切った。ちょっとした広場が現れ、小さな境内が建っていた。
 ツグミは広場の様子を見る前に、杖に寄りかかった。額の汗を拭って、何度も深呼吸をした。全身に血が凄い速度で巡っているのを感じた。体力の限界を、とっくに越えていた。
 一呼吸置いてから、ツグミは改めて広場を見回した。広場というより草むらだった。境内は潰れかけて、自然の風景に溶け込みかけている。周囲を覆う木々は鬱蒼としていたけど、境内周辺の空間に立ち入るまいとしているかのように、向こうの方で留まっているようだった。
 ツグミは後ろを振り返った。海の上に、太陽が丸い形をして浮かんでいた。もう輝きは弱く、僅かに海を照らしているだけだった。
 広場は暗くなりつつあった。草の先に、露のように太陽の光が残っていた。
 ツグミは草むらの中を進んだ。草に残っていた雨粒が、膝をぬらした。川村はどこだろう。約束の時間に、間に合わなかったのだろうか。
「川村さん! 川村さん! どこですか! 川村さぁん!」
 ツグミは声を張り上げた。返事のように、風が森をざわざわと揺らした。
 ここは人界の風景ではなかった。どこか魔物が潜むのが感じられた。あの世に迷い込んでいた。
 ツグミは不思議と恐いと感じなかった。ひどく胸が高鳴っていた。感じていたのは恐怖でも期待でもなかった。
 どんな感情なのか、ツグミ自身でもよくわからなかった。感情は昂ぶっているのに、気持ちは穏やかだった。
 そんな時、ようやく境内から何者かの影が現れた。ツグミは振り返った。
 ――川村だった。
「やっと逢えたね」
 川村の声には何ともいえない穏やかさがあった。どこか菩薩像に接するような静けさと穏やかさを湛えているように思えた。
 川村の格好はあの時と全く変わっていなかった。よれよれのジーンズに、黒っぽい革のジャンパーを羽織っている。世捨て人のような雰囲気も、変わってなかった。ツグミが感じていた印象は気のせいでも勘違いでもなく、川村は思ったとおりの人だった。実在する人物だった。
 ツグミは瞬発的に感情が沸点に達した。口を開いたが、何も言葉が出なかった。言いたい言葉はいくらでもあるはずなのに、何も言えなかった。
 ツグミは感情を押し留めるように、首を振った。ようやくそれらしい言葉を見付けた。
「……川村さん。どうしてこんなことになったんですか。なんで?」
「最初に『合奏』を手に入れたのは、君のお父さんだった。太一さんは、大原眞人に相談した。『盗品絵画を全て返却したい』と。太一さんはあの時、身の危険を感じていた。あの商売から、身を引くつもりでいた。大原眞人は太一さんを受け入れ、資金を提供した。それで僕のところに依頼が来た。暗黒堂と宮川を欺くための贋作を作って欲しい、と」
 川村は歩きながら説明した。
 ツグミにとって、事件のミッシング・リングに当たる説明だった。当事者による、初めての証言だった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]