忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1055]  [1054]  [1053]  [1052]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  ■


■2016/01/31 (Sun)
第5章 Art Crime

前回を読む

33
 コルリはズボンのポケットに手を突っ込んだ。しかし、何かもどかしそうに宙を見上げて、ポケットの中をごそごそと探る。見付からないらしく、お尻のポケットや、パーカーのポケットを探った。結局出てきたのは、埃を被ったポケットテッシュ一つだけだった。
「あれ、鞄の中かな?」
 コルリはきょとんとしてポケットテッシュをパーカーのポケットに戻して、天井を見上げた。携帯電話のことだろう。
「家の電話使えば?」
 ツグミが提案する。コルリは「そうやね」ともどかしさを引き摺りながら、電話のほうを振り返った。
 受話器を手に取り、耳に当てる。番号を押そうとするが、指が所在投げに宙を漂った。
 ツグミはどうしたのだろう、とコルリの側に近付いて覗き込もうとした。
 すると、コルリが振り返った。ちょっと困った、という顔をしていた。
「繋がってない」
 ツグミは「えっ」と思って、コルリから受話器を受け取った。耳に当てても、何も音を鳴らさなかった。番号を押しても、何も反応しない。
 コルリがコードを辿って、モジュラー・ジャックを確かめた。間違いなく、接続されていた。
「故障かな?」
 ツグミは受話器を置いて、コルリを振り返った。
 コルリはコメントしづらそうに、首を捻った。
 いつからだろう。そう、しょっちゅう画廊に電話が掛かってくるわけでもないし、まして自分で確かめたりもしないから、いつから壊れていたのか見当が付かなかった。
「じゃあ私、コンビニに行って、電話してくるわ」
 コルリは軽く言って、画廊から飛び出そうとした。
 ツグミは慌てて、コルリを追いかけてその手を握った。ずっと左頬に当てていたタオルが地面に落ちた。
 頭の中に、宮川の言葉が浮かんでいた。外はもうすっかり暗くなっている。決して外に出てはならない。何か危険が待っているような、嫌な予感がした。
「大丈夫や、ツグミ。ちょっとそこまで行って、帰ってくるだけや」
 コルリは、ツグミの気持ちを察したように、宥める調子で微笑んだ。
「でも……」
 ツグミは不安な気持ちで、コルリを見上げ、首を振った。コルリは、何でもない、というようにツグミを覗き込み、ニコッと笑った。
「大丈夫。足には自信があるから。何かあったら全力で逃げたるわ。それに、こんな街中やで? あいつらもそうそう手出さへんやろ。だから、なっ」
 コルリは落ち着いた言葉でツグミを説得して、握ったままのツグミの掌に自分の掌を重ねた。
 ツグミは不安を引き摺りながら「うん」と頷き、コルリを掴む手を離した。
「ついでに何かおかず買ってくるわ。お米研いどってな。玄関、鍵かけるんやで。変な人が来たら、居留守使っていいからな」
 コルリは言付けを残すと、ツグミに手を振って、ガラス戸の外に出て行った。
 ツグミは嫌な気持ちを引き摺りながら、コルリが去っていったガラス戸を見詰めていた。暖簾がゆるやかに揺れて、足音が軽やかに遠ざかっていくのが聞こえた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1055]  [1054]  [1053]  [1052]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]