忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1052]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  ■


■2016/01/28 (Thu)
第9章 暗転

前回を読む
 ゆるい粉のような雪が降っていた。
 ソンヌ河を背景に、ブラン率いる軍が布陣を敷いていた。東西が森に囲まれた平野に、重騎馬兵2万5000騎が戦いの時を今か今かと待ち受けていた。
 冬の景色はますます濃くなっていき、今朝からちらちらとゆるく雪が降り始めている。風景は白く霞み、川の向こうの城――アジャンクールも淡く霞んで見えた。
 ヘンリー王が休戦を破り、突然の侵攻を開始してから数ヶ月。ブリデン軍の勢力は圧倒的でブリタニアの街や村は瞬く間に制圧されていった。が、しかしブリタニア側には地の利があった。援護のない敵地の只中において、ブリデン軍は次第に力が削がれて行き、兵の数を減らしていき、今や敗戦必死という体で慌てて逃げ帰ろうとしていた。
 そこを、ブランの重騎兵が待ち構えていた。ブリデン軍を壊滅させ、首謀者たるヘンリー王を人質に捕らえようという考えだった。
 このソンヌ河を乗り越えれば、海岸はすぐそこである。ブリタニアにとってもブリデンにとっても、この戦いが最後のものだった。
 やがて向こうの平原にブリデン軍の姿が見え始めた。騎兵の数はほとんどなく、大弓ばかり手にした僅か5000人の兵団であった。それは2万5000人の重騎兵を前にすれば、こじんまりとした勢力にしか見えなかった。

ブラン
「……あれだけか。皆聞けい! 我らの勝利だぞ!」

 ブランが嘲るように言う。ブリタニア騎兵たちに笑いが起こった。実際、勝敗は明らかなように思えた。
 しかしブリデン軍は不気味なまでの無感情さで足並みを揃え、ブリタニア重騎兵に接近していた。迷いも恐れもないように思えた。
 その姿がなんとなく異様で、ブランに笑みが消えた。奇妙な不安――いや予感のようなものが頭をよぎった。

※ この場面は1415年の「アジャンクールの戦い」をヒントに描かれていますが、実際の歴史とは一切関係ありません。あくまでもファンタジーです。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1052]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]