忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/25 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037]  ■


■2016/01/23 (Sat)
第5章 Art Crime

前回を読む

29
 30分ほど過ぎて、やっと涙も治まった頃、コルリが何も言わず席を立ち、台所のほうに向った。
 画廊を覆う影は少しずつ深くなっていく。ガラス戸に差し込んでくる光が弱くなり、斜めに細く切り取られていた。そろそろ日が沈む時間だった。
 ツグミは、リュックのサイドポケットを開き、手鏡を引っ張り出した。
 どんな顔になっているのだろう、と恐る恐る鏡に自分の顔を映してみる。
 ツグミの肌は、白く、薄い。あまり外に出ないし、運動もしないから、同じ年頃の女の子より、さらにきめ細かく繊細な肌をしていた。今は泣いた後で、顔全体がほんのりと赤味を帯びている。
 その顔の左半分が、大きく膨れ上がって、紫色に変わっていた。腫れたところが左目を圧迫していて、顔つきまで変わっていた。
 間もなくして、コルリが戻ってきた。手に濡れたタオルを持っていた。
 ツグミはまずいものを見られた気分で、慌てて手鏡を引っ込めた。
 コルリは、何だろう、首を傾げるだけだった。コルリは上り口で靴を履いて、ツグミの側にやってくる。
「大丈夫。すぐ治るから」
 コルリは椅子に座り、持っていたタオルをツグミの左顔面に当てようとした。
 ツグミは「うん」とコルリを心配させすぎないように、と思い微笑を浮かべようとした。しかし、タオルが顔に触れて、「ひぃぃ」と悲鳴を漏らした。タオルに、氷が挟んであったのだ。
 コルリは、クックッと笑いを飲み込もうとした。ツグミはちょっとムスッとなって、自分でタオルを押さえた。
 冷たいタオルも、慣れてくると心地よかった。熱を持った左顔面を、ゆるやかに冷ましてくれる感じだった。
「明日は学校、休む?」
 コルリがまた気遣わしげな顔をした。
「ううん。大丈夫。そこまでじゃないから」
 ツグミはコルリを心配させすぎている、と思って笑顔を作った。
 しかし、すぐに思い直した。
「やっぱり、休みます」
 こんな「お岩さん」の顔で学校に行ったら、周りにどんな目で見られるか。きっと好奇の注目を浴び、何人は指をさしてよからぬ推測と噂を囁きあうだろう。そんな様子を想像した。
「うん。それがいいよ。明日の朝、私が電話入れとくから、ツグミはゆっくり眠っとき」
 コルリは優しく微笑みかけてくれた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]