忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037]  [1036]  [1035]  ■


■2016/01/21 (Thu)
第5章 Art Crime

前回を読む

28
 ツグミはドアを開けて、車から降りた。アールヌーボー調のレリーフが施されたガラス戸は、夕日のオレンジを映して輝いていた。暖簾が掛けられていなかった。
 ゆるやかな太陽に温められた、新鮮な空気がツグミを慰めるように包みこんだ。車の中の重々しさとは裏腹に、街は何事もなかったように静かな佇まいを見せている。ツグミは狭い空間の緊張から解放されて、倒れてしまいそうな虚脱感に捉われていた。
 後ろでドアがバタンと閉じた。ツグミは振り返った。車が発進し、ちょっと向うのほうでUターンをして、ツグミの側を走り抜けて行った。
 ツグミは、心の中を空白にして、茫然と車を見送った。
 すると、誰かの気配を感じた。振り向くと、突然にガラス戸が開いて、コルリが飛び出してきた。
「ツグミ、大丈夫やった? どうしたん、殴られたん?」
 コルリは今にも泣き出しそうな顔だった。ツグミの顔や首をチェックして、他に痣がないか確かめた。
 ツグミはコルリを見て、心底ほっと落ち着くのを感じていた。それまで封印していた感情が湧き起こって、手にしていたリュックを落とし、コルリに抱きついた。
「怖かったよぉ、ルリお姉ちゃん」
 ツグミはコルリの首に顔を埋め、遠慮なく嗚咽を漏らした。
 コルリは優しくツグミを包みこみ、そっと背中を叩いた。
 ツグミはコルリに救出されるみたいに、肩を抱かれながら画廊に入った。鍵を掛けて「Closure」の暖簾を掛け、誰も入らないようにした。
 ツグミとコルリは、椅子を向かい合わせて座った。ツグミの涙はすぐに治まらなかった。治まりかけた、と思っても、小波みたいに感情が押し寄せてきた。その度に、声を上げて泣いた。
 コルリはずっと側にいてくれた。ツグミの手を握り、涙がぶり返したら、その度に抱きしめて背中をなでてくれた。
 今さらながら、なんて恐ろしいことをしてしまったのだろう、と思った。かすかに湧き上がった勇気は、ぼろぼろにされて2度と取り戻せないように思えた。
 ツグミはいつまでも泣いていた。ずっと側にいてくれるコルリに、ツグミは心で感謝した。今は感謝を口にするより、とことん甘えようと思った。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037]  [1036]  [1035]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]