忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/04/30 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  ■


■2016/01/24 (Sun)
第8章 秘密都市セント・マーチン

前回を読む
 王城の客室。そのベッドにソフィーが横たわっていた。
 目蓋がゆっくりと開かれる。

ソフィー
「……帰ってくるわ」

 一ヶ月目を開かなかったソフィーが突然目覚めた。側にいた僧侶が慌てて部屋を出て、報告に向かった。
 ソフィーは窓の外に目を向けた。窓の外は今まさに暗雲が散り、海に光が射し込んでいくところだった。ソフィーはその風景を見て、微笑んだ。




 2週間後。
 生き残った戦士達が王城を凱旋した。
 その数はわずか40名であった。ほとんどの者が失われてしまっていた。それでも戻ってきた者達は明るい笑顔を浮かべた。
 迎えた人々は戦士達を祝福した。帰ってきた英雄達に尊敬を込めて手を振り、その名前を称えた。
 戦士達の顔には、長き戦いの疲れが浮かび、鎧には血の跡がくっきりと浮かんでいたが、それこそ戻って来られなかった者達への供養だった。そんな姿であっても、戦士達の姿は堂々としていて、伝説の英雄の気風が漂っていた。
 特に先頭を歩くセシルとオークの2人は英雄物語の主人公として最大級の賛辞が送られた。誰もがその名を呼び、誰もがセシルとオークに手を振った。
 人々は英雄達の凱旋を一目見ようと長い長い列を作り、行く先を花で埋め尽くし、勝利と、勝利ともたらした者達を称えた。

セシル
「犠牲は大きかったな。誰1人代わる者のいない英雄だった。あの魔術師に代わる者など……」

 人々に手を振りながら、セシルは落胆した声で言った。

オーク
「惜しい人でした。謎めいていましたが、ネフィリムを封印する術を知る唯一の者でした。それがあのように死んでいくなんて……。その名を残したくとも、名を知ることすらできませんでした」
セシル
「無理だよ。あの者は一度も名乗らなかったし、知っている者もいない」
オーク
「議論はおしまいにしましょう。3度目の災いが去りました。今は残された幸福を噛み締めましょう」
セシル
「……そうだな」

 凱旋の列はどこまでも続き、セシルとオークを称える声はいつまでも途切れなかった。
 やがて王城に辿り着くと、大階段の上で、すべての臣下たちと貴族達が礼服で英雄達を迎えた。その中に、ソフィーの姿があった。

オーク
「ソフィー!」
ソフィー
「オーク様!」

 2人は駆け出し、大階段の上で抱き合った。ソフィーはオークの胸に顔を埋め、うっうっと咽び泣いた。

オーク
「ありがとう。――闇の中であなたに救われました」
ソフィー
「――えっ。私も、夢の中であなたに会ったような気がします」
オーク
「それは夢ではありませんよ。私たちは共に旅をし、共に戦ったのです。――ありがとう」
ソフィー
「……オーク様」

 ソフィーはオークの首に縋り付いた。その顔に、幸福が浮かんでいた。
 そんな穏やかな幸福の中で、ブランが武装した側近を連れて通り過ぎていこうとした。

セシル
「どこへ行かれる」
ブラン
「おお、セシル殿。勝利を祝いたいところだが、我々には我々の戦いがあるのでな。たった今はいった報告だが、ヘンリー王が休戦条約を破って我が領地に踏み込んできた。戦が迫っておる」
セシル
「色々と世話になった。そなたらの助力のお陰で勝利できたようなものだ。もしもの時は惜しみない助けをしたい」
ブラン
「ありがたいがな。しかし今は負ける気がせんのだよ。ブリタニアは必ず勝つ。――さあ堅苦しい挨拶はなしだ。友よ、さらば」

 2人は握手して別れた。
 セシルは城下を振り返った。そこには明るい笑顔で溢れていた。凱旋の興奮がまだ収まらず、セシルとオークの名を称える大合唱がいまだに続いていた。
 空は明るく晴れて、光が満ち溢れていた。何もかもが希望に包まれているように思えた。この世の全ての不安と恐れがそこから過ぎ去ったように思えた。
 セシルはそんな風景の1人となって頷くと、大階段を登っていった。オークもソフィーも手を繋いで、後に続いた。待ち受けているのは、腹の黒い貴族達と、庇の下の陰鬱な闇であった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]