忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  ■


■2016/04/10 (Sun)
第6章 フェイク

前回を読む

32
 二ノ宮が作業員たちに向かって「運べ」と指示を出した。
 作業員たちはコンテナのベニヤを戻し、2人がかりで持ち上げた。作業員の1人が黒のワゴン車に戻り、観音開きのハッチを開けた。
 二ノ宮と運転手の男がトヨタ・クラウンに戻ろうと踵を返した。
「私も同席させてもらうで。持ち逃げされたら堪らんからな」
 ツグミは二ノ宮を追って、2歩進み出た。これでも精一杯の勇気だ。
 二ノ宮が振り返った。どうやら二ノ宮の杖は飾りで、歩くのに障害はないようだ。
「もちろんだ。お姉さんと対面したいだろうからな。乗りたまえ」
 二ノ宮がにやりと笑った。ツグミの要求をあらかじめ察していたようだった。にやりと歪めた提灯アンコウの顔が、不気味を通り越して不快だった。
 運転席の男が、トヨタ・クラウンの後部ドアを開けた。二ノ宮が「さあ入りたまえ」と促す。
 ツグミはトヨタ・クラウンの後部座席を前にして、唾を飲み込んだ。脚が震えて、竦んでしまった。
 すると、誰かがツグミの掌を掴んだ。ツグミはびっくりして振り返った。するとそこに、岡田の顔があった。
「本当に大丈夫か。俺、従いて行かんでええんか」
 岡田の顔が近くにあって、一瞬ぎょっとしたが、岡田の顔は厳しく、慎重だった。
「大丈夫や岡田さん。きっとうまく行きます。ありがとう、岡田さん」
 岡田の言葉に、少し慰められるような気持ちになったツグミは、岡田に握られた手を両掌で握り替えした。
 むしろ岡田が従いて行くと、岡田の身に危険が及ぶ。二ノ宮たちはおそらくツグミに危害を加えないだろう。二ノ宮たちにとっても、ツグミは貴重な存在だ。ツグミ自身、そういう自覚があった。
 しかし岡田の存在には、あまり価値がない。だからどう扱われるかの保証ができない。岡田自身も、そういう立場はわかっていた。
 だから、岡田はツグミが決意の表情を見せると、大人しく引き下がった。
 ワンクッション置いたから、少し気持ちに余裕ができた。ツグミは杖を突いて、トヨタ・クラウンに乗り込んだ。奥へ詰めると、二ノ宮が乗り込んでくる。
 トヨタ・クラウン内部は清潔に保たれていた。シートは高級品だったし、軽やかな芳香剤の香りに包まれていた。しかしツグミは、二ノ宮が不快で反対側のドアに体が付くくらい奥に詰めた。二ノ宮の体臭は、岡田のワゴン車どころではない悪臭だった。
 後部ドアが閉じられた。運転席に男が戻り、エンジンを点火させた。
 黒のワゴン車が先行した。トヨタ・クラウンはワゴン車の後を追って、出発した。
 トヨタ・クラウンが駐車場を出る。六甲山の道路は、周囲が鬱蒼とした森に囲まれている。まだ夕暮れの前だったけど、六甲の道路は暗く翳っていた。
 トヨタ・クラウンがヘッドライトを点ける。光の中がくっきりと浮かぶ。
 ツグミは杖に両掌を置いて、うなだれた。
「車酔いかな。長くなるから、吐きたいときには言いたまえ」
 二ノ宮の声には感情がなかった。だが、どこか嘲るように思えた。
 ツグミはうなだれたまま、目だけで二ノ宮を睨み付けた。側で声を聞くと、予想を越えて不快だった。「あんたが不愉快で吐きそうやわ」と言ってやりたかったけど、無用な挑発は避けたかった。
「あ、アイマスク、付けなくて、いいんか」
 強気に言おうとしたけど、恐くて吃ってしまった。
 ツグミは、汗の下に大量の汗を掻いていた。なのに、暑いのか寒いのか、自分でもよくわからなかった。全身が痺れる感じだった。体温調節がまともに働いていなかった。
「もう必要ない。隠す秘密ではなくなってしまったからな。それに、今から来てもらう場所は、一日限りで解散する」
 二ノ宮は無感情の中に、優越と余裕が浮かんでいた。
「アンタらの根城は、警察に知らせたで。そろそろヤバいんとちゃうんか」
 ツグミは挑発的に出た。コルリの撮影したあの写真は、すでに警察に提出済みだった。
 しかし二ノ宮は、ツグミの挑発を軽く受け流した。
「あの場所は、すでに解散した。警察が追跡できないよう、後始末も済ませてある。あそこはとっくに廃墟になっている。君の姉さんは、余計な詮索をしてくれたよ」
「金に余裕があるんやな」
 ツグミは追撃のつもりで、皮肉っぽく笑った。
 すると、二ノ宮がにやりと笑った。もともと出来損ないの造形物である二ノ宮の顔が、にやりと崩れて、ツグミはさらに不快に感じた。
「たった今、10億円の絵が手に入ったからな。それにこの仕事が終われば150億円の絵も手に入る。少々の損失だ。痛くとも何ともない」
 ツグミは二ノ宮の顔を、横目で睨み付けた。心の内でこの男を嗤ってやりたい気分だった。前方を走るワゴン車に入っているあのレンブラントは、贋作なのだから。
 しかし勝利宣言はまだ早い。コルリが救い出すまで、感情を抑えていよう。

次回を読む


目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]