忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  ■


■2016/04/13 (Wed)
第11章 蛮族の王

前回を読む

夕暮れが過ぎても、城下町から虐殺は去らなかった。ネフィリム達の暴虐を前に、人々は為す術もなく、兵達は引き下がるしか術はなく、街はネフィリムの思うままに蹂躙された。
 しかしそんな最中でも、戦う兵士達がいた。オークとその配下の者達である。魔の者は街を支配し、蹂躙し、群がり溢れていたが、オーク達一党は最後まで諦めず果敢に戦い続けていた。
 それも多勢に無勢。兵士達は次々に倒れ、じりじりと後退していった。

兵士
「……この城はもう駄目だ。逃げましょう」
オーク
「駄目だ! 戦うんだ!」

 しかしそう言うオーク自身、なんら有効な策はなかった。ただ迫り来る敵に挑み、斬り伏せるだけだった。生まれついての殺戮者を前に、戦う以外の方法はなかった。
 オーク達は傷ついていた。すでに兵士達の中に、五体満足の者はおらず、オーク自身、全身に刃傷を受けていた。仲間達の死を何度も目撃し、時に見捨てることもあった。こんな修羅に安全な場所はなく、医術を持つ者もおらず、誰かを救うことはできなかった。
 ネフィリムの軍団はどんどん迫ってきた。オーク達がどんなに斬り伏せようとも、街を覆い尽くすネフィリムの数を思うと、その仕事は微々たるものに過ぎず、その勢力は変えられなかった。
 やがてオークは無数のネフィリムに囲まれ、刃に刻まれ、遂にハンマーの一撃が頭を捉えた。

兵士
「オーク殿!」

 兵士が駆け寄った。オークは気を失っていた。だが絶命していなかった。
 ネフィリム達はなおも襲ってくる。兵士は無我夢中で剣を振り回し、ネフィリムを退けた。仲間達も、オークを守ろうと飛び込んできた。兵士達はネフィリム達を突き飛ばし、つかみ合い、殴り合いを演じて遠ざけた。

兵士
「まだ生きている。――運ぶんだ! この人を死なせてはならない。この人を城の外へ!」

 兵士達はオークを魔の手から守り、馬に乗せて走らせた。

兵士
「行け! 行くんだ! 絶対に死なせるなよ!」

 オークを乗せた馬は城下を突っ切り、群がり来る魔の手を退け、修羅を脱出した。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]