忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  ■


■2016/04/15 (Fri)
第11章 蛮族の王

前回を読む

 セルタの砦後方の村では、いまだに攻防戦が繰り広げられていた。しかし多くの兵が傷つき、今は戦闘休止状態に入っているが、敗戦は決定的だった。
 村はクロース軍にすっぽりと囲まれている。間もなく一斉に攻めてくるだろう。

ソフィー
「これで最後ですね。行ってください」

 ソフィーは負傷兵を馬に乗せた。

兵士
「でもあなたは……」
ソフィー
「私はいいのです。足を怪我してしまいました。逃げられません。さあ早く。行ってください。生き延びてください」

 ソフィーが馬の尻を杖で叩いた。兵士は抗ったが、馬が勝手に走り始めた。
 残ったのは死んだ兵士と、もう何の意欲もない兵士ばかりだった。戦える勢力がその中にあるとは誰も――ソフィーですら思っていなかった。
 敵の軍勢が動き始めた。村全体を何重にも取り囲んでいる。万事休す……それ以外の言葉はなかった。
 不意にソフィーは目に涙を浮かべた。
 オーク様はどこへ行ってしまったの?
 ついにソフィーはオークの姿を見なかった。オークが城へ向かったなど、ソフィーが知るはずもない。ソフィーはオークが砦か、この村の近くにいると信じていた。だがその姿をついに目撃できず……。ソフィーは愛する者の死を覚悟した。
 ソフィーは座り込むと、居住まいを正し、土の上に何か描き始めた。魔力は失っていたが、魔方陣を土の上に描いた。そうして、ソフィーは瞑想状態に入り、祝詞を唱えた。
 心を鎮め、死の運命を受け入れるのには、これ以外の方法は思い付かなかった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]