忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/25 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  ■


■2016/04/20 (Wed)
第6章 フェイク

前回を読む

37
 研究員たちは手際よく準備を始めた。必要な機械に電源を入れ、道具を集めてくる。
 指揮しているのは、先ほどマイクに声を吹き込んだあの女性だった。女研究員は周りの研究員より背が高く、姿勢がいいせいか体格がしっかりしているように見えた。他の研究員たちとは違う存在感を放っているように思えた。
 研究員たちは『ガリラヤの海の嵐』を持ち上げて、慎重に作業台へ運んだ。
 作業台は全部で3つ。等間隔に並んでいる。『ガリラヤの海の嵐』が置かれたのは中央の作業台で、あとの2台は使われていなかった。
 作業台頭上に、真っ白なライトが点灯した。手術台みたいだった。
 研究員がそれぞれの道具を手に、『ガリラヤの海の嵐』に集まってきて、ナイフやピンセットでそれぞれの箇所から試料を採取した。女性研究員が指導役になって、採取する場所を指定していた。
 まるで病院の手術中の様子みたいだった。実際に、今『ガリラヤの海の嵐』は解剖実験に掛けられているわけだから、ツグミは自分の連想に間違いないと思った。
 やがて研究員たちが『ガリラヤの海の嵐』から離れていった。それぞれ別のテーブルに着いて、実験を始めた。
 研究員の1人が試料を手に奥のドアへ入っていった。あの向こうに、《AMS》があるのだろう。
 別の研究員が、女研究員に胃カメラのようなものを差し出した。カメラはコンピューターに繋げられていた。
 コンピューターはツグミから見て、左の作業台に置かれている。モニターは遠くてよく見えない。
 休憩所のカウンターにも、モニターが置かれていた。実験室のモニターと同じ映像が映されているようだ。
 胃カメラに見えるものはマイクロスコープのCCDカメラだ。最初のマイクロスコープテストだ。
 ツグミは内股に緊張を感じて、仁王立ちになった。
 マイクロスコープは最大2万倍の拡大画像を、モニターに映す。もちろんカラーレーザー搭載で、鮮明なカラー画像を表示させる。
 女研究員がCCDカメラを作業台の『ガリラヤの海の嵐』の表面に当てた。
 休憩室のモニターにも、色鮮やかなパッチワークが写った。『ガリラヤの海の嵐』が拡大画像だ。
 モニターには顔料の原型である、鉱物の形が映し出された。絵画は作られてから50年以上過ぎると、顔料が結晶化する。拡大して映されると、絵画というよりどこかの鉱山みたいな風景だった。
 ツグミは体の奥から冷たいものを感じた。奥歯をぐっと噛み締める。
 マイクロスコープ・テストは、ある程度の知識を持った者ならば、不自然なものが混じっているとすぐにわかってしまう。あの絵には現代の絵画と、上から細工した顔料との2種類が混じっている。この2日の間に作られた顔料ならば問題ないけど、もしも川村が使用した顔料が映し出されると、ただちに贋作がばれてしまう。CCDカメラを当てる位置によっては、嘘がばれてしまうのだ。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]