忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  ■


■2016/04/22 (Fri)
第6章 フェイク

前回を読む

38
 女研究員はモニターを見ながら、CCDカメラを動かした。聴診器を当てるみたいに、少しずつ位置を変えながら『ガリラヤの海の嵐』に拡大画像をモニターに映し出した。
 やがて女研究員は結論に達したらしく、助手らしき人に指示を与えた。助手の研究員が頷いて、マイクの前まで進んだ。
「マイクロスコープの診断が終了しました。使用されている顔料が判明しました。使われている顔料は、鉛白、鉛錫黄、スマルト、リン酸カルシウムなどでした。全てレンブラントが使用した顔料と一致しました」
 助手の研究員も女の声だった。きっと若い人だと思うけど、声が嗄れていておばさんみたいな声だし、感情もなくて淡々としていた。
 ツグミはふっと肩の力が抜けて首をうなだれさせた。緊張から解放されて、杖に全体重を預けた。
 でも、まだ最初のテストだ。ツグミはすぐに体を緊張させて、顔を上げた。
 実験室右の作業台に目を移した。右の作業台にも、パソコンが1台置かれていた。パソコンにはスキャナーのような機械と繋げられていた。
 一見するとスキャナーに見える機械が、『分光測色計』だ。分光測色計の左部分に、筒状の容器が挿入される。この容器を『分光光学セル』と呼ぶ。
 この分光光学セルに採取された試料を格納し、分光測色計本体にセットする。すると検査が開始される。
 分光測色計は、試料の、光の波長を測定する機械だ。試料に、可視光線、紫外線、赤外線を当てる。試料がこれらの光をどのように吸収し、屈折させられるかが測られる。この実験を行えば、その試料の正確な色が機械的に測定されるというわけだ。
 分光測色計の機械とパソコンと、それぞれ1人ずつ研究員が担当に就いた。研究員の1人が、分光光学セルに試料を入れる。もう1人がパソコンを操作する。
 ツグミは瞬きもせず、ガラスの向こうを睨み付けた。休憩室には暖房もなく、寒いくらいだった。なのに、ツグミの腕の下がぐっしょり汗で濡れた。体が緊張していた。
「座ったらどうかね」
 二ノ宮がツグミの後ろから声を掛けてきた。
 ツグミは突然声を掛けられたみたいになって、振り返った。二ノ宮が杖で、革張りソファを指していた。
「いいえ。立っていますので、お構いなく」
 ツグミはわざと言葉に刺を込めて返した。
 実験室に目を戻す。座っていられないくらい、緊張していた。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]