忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  ■


■2016/04/27 (Wed)
第11章 蛮族の王

前回を読む

 ソフィーは、隣に座っていた男ががくりと首を垂らすのに気付いた。だが、ソフィーは気付いていない振りをした。
 側を見張りの兵士が通り過ぎていく。ソフィーはフードを深く被り、うつむいてやり過ごした。
 兵士が向こうの角を曲がった。ソフィーは隣に座っている男を覗き込んだ。死んでいた。目が半開きになったまま、表情が固まっていた。ソフィーは死体の目を閉じさせて、裏手に運ぶと、横たえさせ、胸の上で手を組ませた。ソフィーは静かに死者を慰める言葉を呟いた。

村人
「ソフィー様、食事です」

 村人が食事を持ってソフィーのもとへやって来る。
 しかしソフィーは笑顔で頭を振った。

ソフィー
「ありがとう。でも、食べたばかりで満腹なんです。ほら、あちらの方に。あの人は食べていませんから」
村人
「……でも」
ソフィー
「私はいいですから。ほら……」

 村人は納得いかない様子だったが、仕方なくソフィーが勧めた人のところへ行った。食事が与えられた人は、ソフィーに深く頭を下げて、食事を口にする。
 そこはセルタの砦だった。
 あの戦いの後、兵士や戦いに関わった民間人、あるいはウァシオ政権に反抗的な態度を取った人達がセルタの砦に移された。堅牢なる砦は、即席の収容所になっていた。ただし、その数があまりにも多いので、多くが砦の中ではなく、砦を取り巻くようにしてうずくまっていた。ソフィーもその1人だった。
 囚人達の扱いは厳しいものだった。囚人達には一切の自由がなく、動くことも喋ることも禁じられ、違反者には鞭打ちが罰だった。食事は数日に一度だけ、家畜の餌のようなものが少し与えられるだけだった。囚人に許されるのは、一日中、何もせずぼんやりとうなだれるだけ。そのうち衰弱死する者が何人も現れる状態だった。
 遠くで悲鳴が上がった。連れて行かれるのだ。みんな声を上げず、自分が指されないように、と心の中で祈ってうずくまった。
 毎日、数人が異端審問に掛けられて処刑されていた。いつかここにいる全員が殺される……わかっていたが誰も反抗せず、反抗する気力もなく、日々を過ごしていた。

村人
「私たちは間違っていたんだ……。セシル王を信じていれば……」
兵士
「いま喋った奴誰だ! 前に出ろ!」

 すぐに兵士が飛びついてくる。

兵士
「お前だな、来い」
ソフィー
「お待ちください。……わ、私です。私が言いました。この人じゃありません。だから、どうかこの人は……」
兵士
「お前……ドルイドだな。おい、ドルイドがいるぞ! ドルイドだ!」

 兵士がソフィーの腕を掴み、仲間達を呼んだ。

村人
「……やめろ。ソフィー様に手を出すな」
村人
「ソフィー様を連れて行くな! ソフィー様を離せ!」

 周囲でうずくまっていた村人達が立ち上がった。その勢いは弱かったが、次第に熱気が伝播して兵士を取り囲む。

兵士
「何だ貴様ら!」

 兵士らが剣を抜いた。
 村人達が兵士に襲いかかった。兵士が村人らを斬る。兵士達が仲間を引き連れてやってきた。ただちに混乱を制圧させようと村人達と戦う。

兵士
「全員この場で処刑だ! 殺してやる!」
ソフィー
「待って! 待ってください! みんな落ち着いて! どうかご容赦を。私1人の命で、この人達を許してください」
村人
「ソフィー様、駄目です」
ソフィー
「私に預けてください。みんなは少しでも生きて。きっと救いがあります」

 村人達はソフィーに言われて、熱を冷ますように引っ込んでいく。

兵士
「ようし、今夜貴様を裁いてやる! こっちに来い!」

 ソフィーが連れて行かれる。村人達はうなだれてソフィーを見送った。
 ソフィーは砦の中へ連れて行かれる。ソフィーが通ると、囚人達がどよめきを浮かべて見送った。立ち上がる者もいたが、見張りの兵士に叩かれて引っ込んだ。
 ソフィーは砦の一番奥に作られた牢屋に入れられた。

ステラ
「ようこそ。ここは貴婦人のために用意された部屋だよ」

 隣の檻に入れられた少女がソフィーに声を掛ける。

ソフィー
「あなたは……」
ステラ
「あなたがソフィーだね。ドルイドの聖女。あなたの前では偽りはなく、一切が明かされる。私の素性も、もうお見通しなんだろう」
ソフィー
「隠里の長、ステラですね。どこかで……」
ステラ
「会うのは初めてだけど、私はあなたをずっと注目していた。隠里で情報収集ばかりやっていたからね。あなたに関する伝説めいた話はいくつも聞いていたし、尊敬していた。いつか話でも1つ……と思っていたけど、まさかこんなところで会おうなんてね」
ソフィー
「……私……恐いです」
ステラ
「はかないねぇ。果たされない願いをいくつも抱えて……先祖が守ってきた秘密が暴かれ、亡国の再興の望みも失われ……。仲間達が250年間も守ってきたのに。こんな惨めな気持ちで終わるなんて、想像もしなかったよ」

 ステラが静かに嗚咽を漏らす。

ソフィー
「ステラ……。涙を留めてください。望みは絶えたわけではありません。あなたの誇りを失わないで……」
ステラ
「ああ、あなたは思った通りだ。これから殺されるという時に、誰かを祝福するなんて。ソフィー、約束して。もしも私が望みに辿り着けなかったその時は、あなたが引き継いで」
兵士
「喋るな! 行くぞ。移動だ!」

 ステラが兵士に連れて行かれる。

ステラ
「ソフィー約束してくれ! 約束して、私に安らぎを与えてくれ!」
ソフィー
「約束します! あなたの望みは、私が受け継ぎます! 必ず!」

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]