忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  ■


■2016/04/28 (Thu)
第6章 イコノロギア

前回を読む

 ツグミはヒナの後に従いて、休憩室の外に出た。
 廊下は相変わらず仄暗い明かりを、床に映していた。今は不気味さはなく、どこかばたばたとした雰囲気があった。
 ヒナは早足で階段に向かった。ツグミはヒナの背中を追いかけた。しかし階段の前までやってきて、躊躇ってしまった。ツグミはもともと階段を下りるのが苦手だったけど、この階段は暗く、しかも幅が広い上に手摺りがない。
 ヒナは先に階段を下りていった。ツグミは、「置いて行かれる」と思って、階段を下り始めた。1段1段、壁に手をつきながら、慎重に降りていく。
 するとヒナが数段下に降りたところで立ち止まった。少し戻ってきてツグミの手を握った。
 ツグミは振り返ったヒナの顔を、ちらと見た。ヒナの顔はまだ冷たくて、いつもの優しさがなかった。でもヒナは、ツグミが足を滑らさないようにゆっくりと1段ずつ降りてくれた。
 1階に下りて、真っ暗の廊下を通過した。建物の入口は開けたままになっていた。車に乗っていた人はみんな建物の中らしく、周辺の人の影はなかった。
 建物の外も真っ暗だった。月明かりがドアの周囲だけをかすかに照らしている。建物を取り囲む藪が、暗い壁になって立ちふさがっていた。
 藪が暗闇の中でざわざわと囁きあっていた。きっと風だと思うけど、その向こうに何かが潜んでいるような気がして不気味だった。
 ヒナはツグミの手を引いて、駐車スペースまで進んだ。ダイハツ・ムーブの前まで進んで、ヒナはツグミの手を離す。
 やっぱりヒナの車だったんや……。
 ツグミがこのダイハツ・ムーブを見たのは、あのミレー贋作事件の後だった。妻鳥画廊に置かれていたミレーの真画を回収するために、ヒナは自前の車でやってきた。その時の車がダイハツ・ムーブだった。
 それに、福知山市といえば京都だ。ツグミははじめはわからなかったけど、間もなくヒナが左遷された場所を思い出した。
 ヒナがキーを取り出し、運転席に乗り込み、助手席のロックを外した。ツグミはドアを開けて、助手席に乗る。この車に乗るのは初めてだった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1144]  [1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]