忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  ■


■2016/04/14 (Thu)
第6章 フェイク

前回を読む

34
 トヨタ・クラウンがトンネルに入った。
 オレンジの光が車全体を包み込む。オレンジの光で、車の中はむしろ影を濃くした。風を切るような音が、唸るような重さを持って車内を包んだ。
「それで? フェルメールは日本に入ってきた。その後、アンタらが購入した」
 ツグミ話の続きを促した。
「その前に例の港湾会社が潰れた。アレが盗み出されたのは1990年だ。日本はまだバブル景気のつもりでいた。ところが、アレがようやく日本に入ってきたのはその4年後……。社会そのものが変わっていた。連中はアレで大儲けするつもりで、あちこちに金を撒いていた。それを回収するまでに、企業を維持する体力がなかったわけだ」
 二ノ宮は絵画を『アレ』呼ばわりした。
 ツグミは二ノ宮を心から嫌悪した。『アレ』と呼べるから、貴重な絵画を盗めるんだ、と。
「でも、それはアンタらにとっては、都合がよかったんやろ。倉庫から持ち出すだけで良いようになったんやから。それでもアンタらは警戒した。アンタらは来歴を隠すために『絵ころがし』をやった」
 車の中とはいえ、トンネルの中の騒音はかなりのものだった。ツグミはいつもより大きな声を出して、二ノ宮を挑発した。
「そんなところだ。我々は『予約』と呼んでいたがね」
 二ノ宮が窓の外に目を向けた。ツグミは二ノ宮の横顔を見た。その顔に僅かな打撃が浮かんでいるように見えた。
 なぜならばその後、予想もしなかったトラブルが起きたからだ。
 絵ころがしの過程で、妨害者が現れたのだ。ツグミの父である太一であり、大原眞人であり、そして川村鴒爾だ。
 宮川たちは、フェルメールの『合奏』を恐らく数年後くらいの間に入手するつもりでいたのだろう。しかし8年前、事件が起きて、フェルメールの『合奏』は完全に行方知れずになってしまった。
 ツグミにとって、途方もない時間の流れのように思えた。フェルメールが盗み出されてから18年(※)。フェルメールを中心に様々な事件が起きた。今現在も、事件は進行中だ。ツグミは知らないうちに、事件の渦中にいたのだ。8年前のあの日から今に至るまで。

※ 物語の舞台は2008年の設定。執筆当時。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]