忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/04/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  ■


■2016/04/09 (Sat)
第10章 クロースの軍団

前回を読む
22
 クロース軍の軍勢も、平原に現れた。セシルが集めた軍勢を前にして、改めて態勢を整える。だがクロース軍は1万にまで削られていた。セルタの砦で数を削がれ、村を前に2分し、さらに街道を走る途中で道に迷い、ようやく辿り着いたのが、この1万人の軍勢だった。今やセシル王の軍勢が数の上では圧倒している。4日に及ぶ戦闘と、長旅の疲れで消耗しているクロース軍に負けるとは思えなかった。
 形勢逆転の瞬間だった。誰もがガラティア軍の勝利を確信していた。
 だがその時、不穏な風が平原を一杯に満たした。森がざわざわと不吉な声を漏らし始めた。

クロース騎士
「ジオーレ様。例のものが到着しました」
ジオーレ
「よくやった」

 ジオーレが満足げに微笑んだ。
 森から、真っ黒な集団が現れた。それはこの世ならざるおぞましき軍団だった。ネフィリムの軍団だった。その周囲に、先端の光る杖を持った神官達が取り囲んでいた。ネフィリムたちはキィキィと敵意剥き出しの声を上げていたが、光る杖を向けられて反抗できず、光る杖に誘導されるままに進んでいた。

ジオーレ
「あの杖は、この杖の霊力を少しずつ分け与えたものだ。少し時間がかかったが、ネフィリムの巣穴を突き、集めてきた。蛮族の城は蛮族の手によって滅ぶ。……相応しかろう」

 ネフィリム達がクロース軍の前に集結した。クロースの兵士達がネフィリム達の前に、武器を放り投げる。ネフィリム達は平原の向こうに並ぶガラティア軍を見て、標的を定めたようにキィキィと叫び始めた。

セシル
「何だあれは。魔の眷属を使役するとは、不吉な連中だ。構わん! 王国に逆らう者どもは全て殲滅せよ! ――出撃だ!」

 セシルは顔に憤怒を浮かべて、剣を振り上げた。
 出撃を伝える旗が揚がった。
 しかし両翼の兵達は反応を示さず、しんと静まり返った。いったい何が起きたかわからず、王も兵も顔に困惑の色を浮かべた。

セシル
「どうした! 出撃だぞ! 進め!」

 セシルは両翼を指揮する貴族らに向かって怒鳴りつけた。

貴族
「断る! 我々は集まれと言われたから集まった。戦えと言われた憶えはない!」
セシル
「何を馬鹿な……! 敵の前だぞ! 戦え!」
貴族
「知るか! 殺し合いがやりたければ、王1人でやれ!」

 貴族達が自分の軍団に合図を出す。すると軍団はその場を引き揚げた。まるで敵に陣地を明け渡すように、軍団は西へ東へと分かれて去って行った。
 残された軍勢は、もはや軍団と呼べないほどに僅かなものだった。

ジオーレ
「つまり、そういうことなのだよ」

 対岸で、ジオーレが不敵に微笑んでいた。
 ジオーレが杖を掲げた。杖の先でカッと光が輝く。同時に、ネフィリムを囲んでいた光が消えた。
 ネフィリム達が光から逃げるように駆け出した。目の前に置かれた武器を手に取る。そのまま走り、その向こうにいるセシル達の軍勢に狙いを定めた。
 その様子を、セシルは茫然自失とした様で見ていた。

オーク
「セシル様、命令を。兵を門の向こうに退避させてください」
セシル
「…………」
オーク
「セシル様!」

 しかしセシルはただ首を振った。

セシル
「もうおしまいだ。この城はもう……」
オーク
「奇跡は起きます! 望みましょう!」
セシル
「……駄目だ。ブリタニアの救いはない。バン・シーの助言も。聖剣の力も……。もう何も……」
オーク
「それでも望みを持ちましょう!」

 目の前にネフィリムの軍団が走り迫ってきた。圧倒的な数だった。ネフィリム達は猛然と駆けてくる。
 その様に、王は戦意喪失状態に陥った。兵士達は恐慌状態に陥って命令されてもいないのに遁走を始める。

オーク
「門の向こうに退避だ! 態勢を立て直すぞ! 一時退避だ!」

 オークの号令が兵士達にかすかな勇気を与えた。

オーク
「王も早く!」
セシル
「…………」

 しかしセシルは完全な放心状態で、返事もしなかった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1125]  [1124]  [1123]  [1122]  [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]