忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/07/28 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  ■


■2016/04/05 (Tue)
第10章 クロースの軍団

前回を読む
20
 間もなく夕暮れだった。ガラティアの軍勢は村まで退避した。村ではある程度戦いの準備が整えられていたが、何万という相手を応じるには不充分だった。
 村の防壁はあっという間に崩壊した。クロース軍が侵攻し、蹂躙された。
 ソフィー達はそこで踏みとどまった。村のあちこちで戦いの音がひしめいている。ソフィーは持っている杖で、敵兵を叩いた。

ソフィー
「オーク様は? オーク様を見ませんでしたか」

 砦から逃げてきた兵士に、ソフィーが尋ねる。
 しかし誰もが首を横に振った。

兵士
「無事でいることだけを願いましょう。さあソフィー様、行きましょう。逃げてください」

 しかしソフィーは首を横に振った。

ソフィー
「私はここに残ります。残ってあの人を待ちます」

 敵は澎湃と押し寄せてくる。ソフィーはそこで留まって戦う覚悟を決めた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1121]  [1120]  [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]