忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  ■


■2016/04/02 (Sat)
第6章 フェイク

前回を読む

28
 すぐに岡田は見つかった。岡田は左手の歩道から、ジャンパーのポケットに両手を突っ込んで、こちらに歩いてきた。
 岡田はツグミが気付くと、上機嫌で右手を上げて左右に振った。
「どうや。うまく行ったやろ」
 岡田はこれ以上ないくらい、得意げだった。
「岡田さん、本当にありがとうございます。レンブラントは……?」
 ツグミは、本心から感謝して頭を下げた。実際にここまでうまくいくとは思っていなかった。ツグミは、初めて岡田に敬意を示したい気持ちになった。
「まあ、悪さをする時は一蓮托生や。レンブラントは向こうの駐車場にある。全部、注文通りや。早ぉ犯人に電話せぇ」
 岡田は駅の中を指した。
 岡田のやってきた方向に駐車場があった。展望台にもなっているから、夜間には人が集まる。この時間はまだ人も少ないはずだ。
「岡田さん、携帯電話、持っていませんでした?」
 ツグミは駅に行きかけて、岡田を振り返り訊ねた。
「警察に電話した携帯なんて、持ってられるか。もう捨てた。今は手ぶらや」
 岡田は両手をポケットから出して、ひらひらとさせた。
 ツグミは納得して踵を返した。
 六甲山上駅に戻り、電話機を探した。電話機は休憩室に置かれていた。最近はあまり見なくなった、緑の電話機だ。
 ツグミは杖を突いて電話機まで進んだ。受話器を手に取り、一応200円を電話機に入れた。もしかしたら長い交渉になるかも知れない。
 ツグミは指示書に書いてあった電話番号を、思い出しながら押した。
 受話器に耳を当てる。すぐに応答があった。通話状態になったが、相手からは何も言ってこなかった。
「……ツグミです。準備ができました。警察は、来ていません」
 ツグミは緊張で声が引きつりそうだった。リラックスをした気持ちが、全て吹き飛んでしまった。
「場所は?」
 低く、呟くような声だった。それでいて、その道のプロを思わせる、ドスの利いた声だった。
「六甲山上駅の、駐車場です」
 両掌に汗が浮かんだ。しかし意外と冷静に場所を告げていた。
 電話の相手はさらに何か言うかと思ったが。が、それで会話は終わりだった。受話器から「プー」と機械音が聞こえてきた。
 ツグミはしばらく受話器を握ったままだった。
 電話機の釣り銭口に、10円硬貨が20枚、落ちてきた。10円硬貨が落ちる音に、ツグミは電話が切れているのに気付いた。
 ツグミは受話器を置いた。10円玉を回収する。休憩所に誰かが入ってくる気配に気付き、振り返った。岡田だ。
「通じたか?」
 岡田は、ツグミを気遣うふうだった。ツグミは「私はどんな顔をしているのだろう」と思った。多分、気を張って、強張っていたのだと思う。
 ツグミは口を開くが声が出ず、浅く頷いた。全身がピリピリとしていて、喉が痺れるような感じだった。
「駐車場、行こうか」
 岡田は簡単に言って、踵を返した。
 ツグミはまた、浅く頷いて、岡田の後に従いて行った。

次回を読む


目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]