忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  ■


■2016/04/03 (Sun)
第10章 クロースの軍団

前回を読む
19
 長城はついに打ち破られた。頑丈な石積みの壁が崩壊し、土煙が大きく噴き上がっている。その中を、敵が次々となだれ込んできた。
 それを、ソフィー達が遠くから見ていた。

アステリクス
「退避! 退避!」

 戦意を失った兵士が、一目散に砦を捨てて逃げ出していく。アステリクスが仲間達に呼びかけながら、走っていた。

アステリクス
「退避! 村まで逃げろ! 退避!」
ソフィー
「待って。オーク様がまだ……」
アステリクス
「やむを得ません。今は退避してください」
ソフィー
「…………」

 ソフィーはアステリクスに反抗して、瓦礫のほうへ向かおうとした。しかし目の前に敵が迫った。クロースの兵士達が狂乱の声を上げて、ソフィーたちに斬りかかった。

アステリクス
「さあ、早く!」

 ソフィーはアステリクスに手を引かれて、その場を後にした。


 騒乱が通り過ぎていく音がした。オークはゆっくり目を覚ます。
 自身の体が半分瓦礫に埋まっていた。長城が崩壊し、兵士達が通り過ぎていくのが見えた。オークはただちに状況を理解して、瓦礫の中から這い出た。
 すると、敵がオークの存在に気付いた。

クロース兵
「いたぞ! 殺せ! 殺せ!」

 クロース兵がオークに向かってきた。何人かで組を作り、瓦礫を登ってきた。
 オークの手に武器はなかった。オークは瓦礫を駆け上った。登り詰めたそこに、大鍋が1つ置かれていた。その中で、まだ油がぐつぐつと煮えたぎっていた。
 オークは大鍋の前まで進むと、全力で大鍋を押し、瓦礫に向かって倒した。
 灼熱の油が迫るのに、クロース兵は大慌てで引き返そうとした。油は勢いよく斜面を流れ、兵士達を飲み込んだ。その下を通行しようとしていた騎士団も、突然横殴りに迫る油に慌てふためいて、足並みを乱した。
 オークはさらに火矢を放った。油が火を噴き上げる。長城の崩れた部分を、炎が分断するように遮った。そこを駆け抜けようとしていた兵士達は、突然の炎に遮られて踏みとどまった。

クロース兵
「あいつだ! あいつを捉えよ! 殺せ!」

 敵が一斉にオークに向かってきた。瓦礫の四方から、敵が登ってくる。
 オークは辺りを見回した。仲間はいない。オークただ1人だった。しかしオークは恐れず、むしろ瓦礫を駆け下りて、敵の只中に突っ込んでいった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1119]  [1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]