忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  ■


■2016/03/30 (Wed)
第10章 クロースの軍団

前回を読む
17
 間もなく夜明けだった。しばらく降り続いた雨はようやくやみ、辺りは朝日を目前にした青い輝きに包まれる。
 ソフィー達の部隊が砦に辿り着く頃には、砦は敵の猛攻撃に押し込まれているところだった。敵兵が長城の内側になだれ込んで、あちこちで戦闘が始まっていた。砦はもはや防壁として機能していない。塔に、敵の旗が翻ようとしていた。砦の陥落は間もなくだった。

兵士
「……ソフィー様」

 ソフィーに従いて来た騎士達が絶句した。あそこに入り込むにはあまりにも戦闘が激しく、無謀のようにも思えた。
 しかし美しき乙女の横顔に、恐れなど微塵もなく、むしろ凜とした勇ましさを際立たせていた。

ソフィー
「もののふ達よ、今こそ踏ん張る時です。自ら炎の衣をまといましょう。彼らの勇気に応えるために!」

 ソフィーが先頭に立って、修羅に飛び込んでいった。騎士達がソフィーに遅れまいと勇気を振り絞ってそれに続いた。
 戦場の兵士達は思いもしない援軍に、歓声を上げた。美しき乙女を筆頭にした騎士団は、疾風の如く砦の中を駆け抜け、混乱を浄化するように砦の中の敵を薙ぎ払った。その数は圧倒的だったが、劣勢一方であった仲間達には心強く、にわかに形勢は変わろうとしていた。
 攻められるままであった砦は、防壁としての役割を取り戻そうとしていた。迫り来る敵を縁で払い落とす。登ってくる兵士を槍で突き、長梯子を倒し、矢で射落とした。砦の内部に残る戦いも、騎士達の疾風のごとき刃で次々と鎮静化していく。
 ドルイドの乙女の援軍に、ガラティアの軍団は3日に及ぶ徹夜の疲労を忘れ、勢いを取り戻していた。

ソフィー
「オーク様……オーク様」

 ソフィーはオークが長城の縁で敵と刃を交えているのを見付けて、助けに向かおうとした。
 しかし、目の前を敵が遮った。刃が馬を襲った。馬が跳ね上がり、地面に放り出される。一瞬、気を失ってしまった。
 はっと目を覚ます。すると敵のとどめの刃が目の前に迫っていた。
 ソフィーはとっさに杖を突きだした。だが杖は魔力を宿さない。
 絶体絶命――。その刹那、敵兵がゆっくり膝をついて倒れた。

兵士
「ソフィー様、ご無事ですか」

 その背後から兵士が現れた。兵士は敵の背中から剣を抜き取ると、ソフィーの手を掴んで起こさせた。

ソフィー
「ええ、ありがとう」

 ソフィーは立ち上がると、オークのいる場所を見上げた。だが、そこまでの道のりは長く、あちこちで繰り広げられる戦闘が激しく、とても行けそうになかった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]