忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143]  ■


■2016/05/07 (Sat)
第12章 魔王覚醒

前回を読む

 リーフ率いる2万の軍団が北に向かって移動していた。馬車の荷台に檻が載せられ、その中でステラが小さくなって蹲っている。

リーフ
「北方の砦での仕事が終わったら、ただちに南へ向かうからな。パンテオンとか呼ばれる神殿を潰す。用意しておけ」
兵士
「はい」
リーフ
「おい、娘。起きろ。もうすぐお前の仕事だぞ」
ステラ
「…………」

 ステラは膝に顔を埋めたまま、動かない。

兵士
「リーフ様が声を掛けているのだぞ! 起きろ!」

 兵士が杖でステラを叩く。

兵士
「この邪教の徒が! 我らに楯突くか!」
ステラ
「…………」
リーフ
「放っておけ。……見えたぞ」

 丘を越えると、海岸線が見えてきた。その海岸線に沿って、堅牢なる砦が作られていた。
 リーフの軍団が砦へと接近する。
 砦のほうもリーフの軍団に気付き、慌ただしく動き始めた。塔の見張り兵士が鐘を打ち鳴らす。戦闘準備が始まっていた。
 リーフの軍団が、砦を前に止まった。

アレス
「そこで止まれ! それ以上近付くと、容赦せぬぞ!」

 砦の防壁で、司令官らしき男が怒鳴った。男の側で、弓矢を持った兵士が身構える。

リーフ
「相手をよく見て言うんだな!」
兵士
「あれが流浪騎士団ですか……。あれだけの小さな軍団です。潰しましょう」
リーフ
「みくびらないほうがいい。奴らは1人1人が一騎当千の豪傑だ。手を出せば、こっちが痛手を負う。行くぞ!」

 リーフは僅かな兵士と、ステラを乗せた馬車を連れて前に出た。

リーフ
「流浪騎士団よ、砦から出てこい! この娘がどうなってもいいのか!」
アレス
「おのれ卑怯者! 娘を人質に取るか!」
リーフ
「ただの娘ではないぞ! ……あれを出せ」

 リーフがステラに命令する。だがステラは蹲ったまま応えない。

リーフ
「おい!」
兵士
「命令に従え!」

 兵士がステラを杖で殴った。
 ステラがわずかに顔を上げる。砦の防壁に、流浪騎士団がいるのが見えた。ステラはにわかに顔を強張らせ、横に振った。
 ステラが動揺している隙に、リーフがその腕を掴んだ。ステラは抗おうとした。だがリーフは強引にステラの腕を引っ張り、その手首に巻き付けてある宝石を流浪騎士団に見せた。

アレス
「……まさか、あなたが……」

 アレスは首に提げていた宝石を引っ張り出し、確かめた。

リーフ
「どうだ! お前達が探し求めていた姫君だ!」
ステラ
「逃げろ! こやつらに従うな!」

 兵士がステラの首に、槍の刃を突きつける。

リーフ
「砦の兵士は投降し、我らに従え! 従わぬなら姫君の命はないぞ!」
アレス
「……ぐぅぅぅ」

 アレスは仲間達に武器を収めるように指示を出した。

リーフ
「よし。こちらの任務完了だ。パンテオンへ向かうぞ」

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144]  [1143]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]